スマートフォン用ページ

企業活動と患者団体の関係の透明性への取り組み

株式会社ヤクルト本社医薬品事業本部
企業活動と患者団体の関係の透明性に関する指針

1.目 的

当社は、患者団体とのあらゆる活動を、日本製薬工業協会(以下、製薬協)で定める「製薬協企業行動憲章」、「製薬協コンプライアンス・プログラム・ガイドライン」、「製薬協コード・オブ・プラクティス」、「企業活動と医療機関等の関係の透明性ガイドライン」、「患者団体との協働に関する行動指針」をはじめとする関係諸規範およびその精神に沿って行っています。
 本指針は、医薬品事業本部内における当社の活動が患者団体との関係の透明性を確保することにより、その活動が患者団体の活動・発展に寄与していることについて広く理解いただくことを目的としています。

2.方 針

医薬品事業本部内において当社が行う患者団体との活動の透明性を確保するため、製薬協「企業活動と患者団体の関係の透明性ガイドライン」に基づき制定した本指針に従って情報を公開します。

3. 定 義

本指針において、以下に示す用語は、次の意味を有します。

  1. 患者団体
患者・家族、その支援者が主体となって構成され、患者の声を代表し、患者・家族を支えあうとともに、療養環境の改善を目指し、原則として、定款・会則により定義された役割や目的を持つ患者会および患者支援団体

4.情報公開の対象と内容

情報公開の対象と内容は以下のとおりとします。

(1)直接的資金提供
対象 寄附金、会員・賛助会員費、協賛費、広告費等
内容 直接的資金提供を行った患者団体名および費用項目ごとの金額を公開します。

<公開方法>

○○○会 寄附 XXX円
  会員・賛助会員費 XXX円
  協賛費 XXX円
  広告費 XXX円
(2)間接的資金提供
対象 患者団体支援を目的とした企業主催・共催の講演会、説明会、研修会等に伴う費用
患者団体支援に関連して外部業者に委託した費用
内容 間接的資金提供を行った患者団体名および間接的資金提供総額を公開します。

<公開方法>

全患者団体に対する当社の資金提供の年間総額 XXX円
提供団体 ○○○会、△△△会、○○を守る会
(3)当社からの依頼事項への謝礼等
対象 講師、原稿執筆・監修、調査、アドバイザー等の費用
内容 当社から依頼を行った患者団体名および費用項目ごとの金額を公開します。

<公開方法>

○○○会 講師謝金 XXX円
  原稿執筆・監修料 XXX円
  調査費用 XXX円
  アドバイザー謝金 XXX円
(4)その他(労務提供)
対象 労務提供の有無
内容 提供した患者団体名を公開します。

<公開方法>

労務提供団体 ○○○会、△△△会、○○を守る会

5.情報公開の時期・方法

各事業年度の決算終了後に上記の「4.情報公開の対象と内容」に該当する情報を、当社のウェブサイト等にて公開します。

付 則
平成25年 3月26日 制定
平成25年 4月 1日 施行

※平成27年度「患者団体に対する支払い」はこちらから

企業・IR・採用

  • 企業理念
  • コーポレートスローガン
  • 本社概要
  • 事業概要
  • 組織図
  • 役員
  • 沿革
  • 倫理網領・行動規準
  • ヤクルトグループ
  • 企業活動と医療機関等の関係の透明性への取り組み
  • 企業活動と患者団体の関係の透明性への取り組み
  • IR情報
  • 採用情報