スマートフォン用ページ

その他の内容から探す

<<前のページ 3 4 5 6 7 次のページ>>

タフマンにはワイン、生薬エキスおよび香料由来のアルコールが0.7%、タフマンスーパー には生薬エキス、香料由来のアルコール分が0.4%含まれていますが(容器に表示)、いずれもごくわずかで、奈良漬1~2切れ(10~20g)程度に含まれるアルコール量とほぼ同じです。

また、タフマンV、タフマンDRYはノンアルコールです。

なお、清涼飲料水酒税法により、清涼飲料水のアルコール分は1%未満と決められています。

※賞味期限2018.03.08以前のタフマンにはアルコール分0.9%が含まれています(それ以降のタフマンはアルコール分0.7%です)。

 

関連ページ

アントシアニンを多く含む「九州109号」と、糖分が低く収穫量が多い「サツマヒカリ」の交配育種により「独立行政法人 農業技術研究機構 九州沖縄農業研究センター」(旧農林水産省九州農業試験場)で開発され、平成7年に育成新品種として登録されたさつまいもです。肉色が濃い紫色をしているのが大きな特徴で、「紅イモ」とも呼ばれています。

関連ページ

アントシアニンはフラボノイド系ポリフェノールの一種で、アントシアニジンは、糖が結合した配糖体であるアントシアニンの糖を除いた基本構造部分のことです。 アントシアニンは、結合している糖の種類や位置により多岐にわたるため、定量分析は糖を含まないアントシアニジンを対象として分析されることが多く、アントシアニンに酸または酵素を加えて加水分解し、生成したアントシアニジン量を測定しています。 また、植物体内では、配糖体であるアントシアニンの形で溶存しています。
※一般に言う「アントシアン」は、フラボノイド系ポリフェノールの植物の花や果実、果皮に存在する赤、青、紫等の水溶性色素を総称しています。
・アントシアニン ブルーベリー等にも含まれるフラボノイド系ポリフェノールの一種で、活性酸素の生成抑制、疲れ目の改善等の作用があります。
・アントシアニジン 糖が結合した配糖体であるアントシアニンの糖を除いた基本構造部分のことです。アントシアニンの種類は多岐にわたるため、定量分析は基本構造部分であるアントシアニジンによって実施することが多いです。
・デルフィニジン アントシアニジンは、水酸基の数によりシアニジン、デルフィニジン、ペラルゴニジンの3種類に大別されます。ヤクルト「アヤムラサキ」1個(125ml)には、アントシアニジンがデルフィニジン換算で90mg含まれています。
アントシアニンについて

関連ページ

 1本当り約130gの芋(アヤムラサキ)を使用しています。 また、レモン果汁(濃縮還元)は、約9mlを使用しています。

関連ページ

グァバは和名で「蕃石榴(バンジロウ、バンザクロ)」といい、熱帯アメリカ原産のフトモモ目フトモモ科の高さ3~4mの灌木または小高木で、果実はザクロ様で食用されています。現在では世界の熱帯、亜熱帯地方で広く栽培されています。グァバは、古くから日本(沖縄県等など)、台湾などで、果実、根、葉が民間的に糖尿病、下痢、歯痛、口内炎、胃潰瘍に効果があるとして用いられてきました。また、漢方でもグァバの若葉を日干ししたものを「蕃石榴葉(バンセキリュウヨウ)」と呼び、湿疹改善、痒み止め、あせも改善に煎じて服用されています。グァバ葉は、長さ5~17cm、幅4~8cmの長楕円形または長倒卵形で、噛むと苦味、渋味があります。また、グァバ茶は、グァバの葉を陰干しにして乾燥させ、お茶としたものです。グァバの果実は5~12cmの球形または洋梨形で、蕃果(ばんか)エキスはこの果実からエキスを抽出したものです。

関連ページ

グァバ葉ポリフェノールが凝集したものと思われます。蕃爽麗茶(香ばし風味を含む)は、糖の吸収をおだやかにするグァバ葉ポリフェノールが、高い濃度で含まれています。しかし、時間の経過や保存温度などの外的要因によってグァバ葉ポリフェノールが結晶化して容器底部に沈殿・付着(内容液中に浮遊、飲み口部に付着)する場合があります。この現象は、一般的なお茶でも茶渋としてみられるもので、製造時には全くありませんが、その後、自然現象として発生します。この結晶は茶葉由来の成分ですので、ご飲用には問題ありません。なお、沈殿物等があっても、内容液中に含まれるグァバ葉ポリフェノールの量は、全て規格値以上含まれることを確認していますので、ご安心ください。

関連ページ

産地でのグァバの栽培に際して、農薬は使用していません。

関連ページ

ほうじ茶等を原料としてつくられた香料を使用しています。

関連ページ

爽涼健茶は原料としてオキナワモズクを使用し、胃にやさしく健康効果の期待されるフコイダンを抽出しています。ヨードについてはその製造工程で取り除かれており、当社中央研究所の分析結果では、ヨードは「検出限界0.02ppm以下」です。

関連ページ

フコイダンとは、フコースと呼ばれる単糖を主成分とし、それに硫酸基がついた多糖類で、モズク、コンブ、ワカメ、ヒジキ等の海藻類の「ぬめり」のもとです。 海藻類の中でも、沖縄モズクはフコイダンを多量に含みます。 当商品に使用しているフコイダンは、沖縄モズクから抽出したもので、当社独自の特殊製法(特許取得)によるフコイダン です。
更に詳しく見る

関連ページ

含みません。「ヤクルトゴールド」および「ぎゅっと健康 グルコサミン」のグルコサミンはとうもろこし由来であるため、えび・かに由来のアレルギー等の理由で摂取できない方にも安心して利用していただけます。

関連ページ

 テアニンは、緑茶の旨味成分(アミノ酸)の一種で、茶樹の根で生合成され、幹を通って葉に貯えられる物質で、飲用すると、リラックス時に発生する脳波の一種であるα波が増加し、リラックス効果があることが確認されています。 日光に当たるとカテキンに転換されるため、覆いで遮光して栽培される玉露等の高級茶には多く含まれ、番茶になるほど量が少なくなります。レモリアにはテアニンを100mg/本を使用しています。 

関連ページ

「ヤクルトの乳性飲料 ミルージュ」に入っているはっ酵乳は、ヤクルトと同じ乳酸菌 シロタ株(L.カゼイ YIT 9029)を使用したものです。風味づけのために使用しているので、殺菌処理を施しています。

関連ページ

明確な定義があるわけではありませんが、緑黄色野菜、特に緑の野菜を原料とし、その搾汁液を加工したものです。素材や製法は各メーカーによって異なります。

関連ページ

大分県国東半島の契約農家で栽培しています。農薬・化学肥料は使用していません。

関連ページ

ケールとはキャベツの原種といわれているアブラナ科の植物で、緑黄色野菜に多く含まれているβ-カロテンや、カルシウム、鉄などのミネラルを豊富に含んでいます。

関連ページ

花粉などを食べたミツバチの体内で生合成され、咽頭腺などから分泌される乳白色のクリーム状物質です。たんぱく質、糖質、脂質の他、ビタミン類やミネラル類等を含んでいます。

関連ページ

「PS」とは、ホスファチジルセリン(Phosphatidylserine)の略で、人間の体を構成している細胞の膜に多く存在するリン脂質※の一種です。特に、脳の細胞膜に多く存在しますが、体内でつくることができず、さらにPSの主要成分であるリン脂質は加齢とともに減少していくため、積極的に食べ物から摂取する必要があります。ちなみにPSは、特に牛・豚の内臓や、サバやニシンなどの魚に比較的多く含まれ、乳製品や豆類にも含まれますが、少量ですのでサプリメントから補給するのが効率的です。 ※リン酸が結合する脂質の総称で、身体の細胞の細胞膜を構成しています。
「フコイダン」は、モズク・コンブ・ワカメなどの海藻に含まれる成分で、海藻独特の“ぬめり”に多く含まれます。この“ぬめり”には、海藻自身が傷ついたときに細菌が侵入できないように体を守ったり、干潮時には乾燥を防ぐ等、海藻自身を守る機能があると言われています。

関連ページ

<<前のページ 3 4 5 6 7 次のページ>>

お客さま相談センター

  • よくあるご質問
  • 商品分類から探す
  • その他の内容から探す
  • キーワードから検索
  • 内容成分・アレルギー表示

商品等に関するお問い合わせ、ご意見、ご要望は下記までご連絡ください。

お客さま相談センター 0120-11-8960

受付時間:9:00~17:30(土・日・祝日・年末年始を除く) ※お客さまとのお電話は、内容を正確にうけたまわるため、録音させていただく場合があります。

  • お近くの販売会社・宅配センターを探す
  • 化粧品に関して
  • 医薬品に関して
  • 工場見学へいこう
試して実践!ヤクルトキャンペーン
科学ミチル。世界は未知で満ちている
ミクロの研究所へようこそ
シロタ株.jp
ヤクルト本社の管理栄養士が考えたカラダがよろこぶ「健腸」レシピ
オリジナルサイト
ジョア カラダにしあわせ。
三つ星Factory
BF-1 胃にやさしいまろやかミルク味
毎日飲むヤクルト
蕃爽麗茶
血圧が高めの方にプレティオ