ヘルシスト HEALTHIST

「ヘルシスト」は、株式会社ヤクルト本社が発行する健康情報誌(1976年創刊)です。
「健康」「生命科学」「先端研究」をキーワードに、最新の研究や、健康に関する話題・気になる情報などを正確に、そしてわかりやすくお伝えします。

ヘルシスト HEALTHIST 248

平成30年3月10日発行
奇数月隔月刊 頒価324円(本体300円+税)

◆年間定期購読のお問い合わせ、お申し込みはこちらまでお願いします。
配送代行 文藝春秋定期購読センター
文藝春秋定期購読センター
受付時間 10:00~17:00
土・日・祝日を除く

  1. 1)上記フリーダイヤルへお申し込みいただくと、専用の振込用紙をお送りします。郵便振り込みにてお手続きください。
  2. 2)発行は奇数月の10日です。その月の3日までにお振り込みが確認できましたら、同月発行の号から発送いたします。
  3. 3)お届けには1週間前後かかります。
  4. 4)中途解約による返金はできません。

◆本誌についてのご意見をお待ちしております。
ヤクルトお客さま相談センター
ヤクルトお客さま相談センター
受付時間 9:00~17:30
土・日・祝日・年末年始を除く

Healthist Point of View

- 「春の訪れとともに──」 -
ヘルマン・ヘッセ(1877~1962)は、『車輪の下』『シッダールタ』等の小説や叙情詩で知られる20世紀を代表する作家の一人です。一方「危機の詩人」と称されるほど、85年の生涯は幾多の困難に見舞われたものでした。二度にわたって陥った鬱状態、家族の病と結婚生活の破綻。そして二つの大戦が続いた時代には、平和主義を唱えたことで故国ドイツの同胞から白眼視され、長く逆境に立たされたのです。
そんな荒波に揉まれながらも、ヘッセは1400篇以上の詩と小説、3000を超すエッセイや批評を残しました。その後半生は、執筆時以外は一日の大半を庭仕事に勤しむのが習慣だったといわれています。詩文集『庭仕事の愉しみ』(フォルカー・ミヒェルス編、岡田朝雄訳)には、ヘッセが庭仕事を通して得た喜びと思索を綴った文章が集められています。春先には、芽の形を想像しながら地面を掘り起こし、種を蒔き、肥料をやり、水を注ぎ、草を取り、焚き火を楽しむ。そして一年もたたず繰り返される命の循環を受け入れる─。
〈土と植物を相手にする仕事は、瞑想するのと同じように、魂を解放し、休養させてくれます〉
ヘッセが生きながらえ、書き続けることができた秘密は自然とつきあう時間のなかにあったのかもしれません。

Special Features 1 脂肪は敵か味方か
脂肪は敵か味方か

脂肪・脂質は三大栄養素の一つで、生きていくうえでなくてはならない重要な栄養素。なのに、なぜ「悪者」扱いされていることが多いのでしょうか。最新研究により、ようやく明らかになってきた代謝機能のメカニズムを紹介します。

●健康維持の鍵を握るのは「脂質」のバランス!
●肥満になると逆に減少する「防人(さきもり)分子」
と呼ばれるホルモン
●「脂肪酸」が証明する人間と腸内細菌の「共生関係」
●知っているようで知らない賢い「脂肪酸」の摂り方

アウトライン
Special Features 2 最新版「正しい睡眠」
最新版「正しい睡眠」

睡眠に関する気になることをさまざまな角度から取り上げ、最新の情報をお伝えします。

●脳との関係から解き明かす睡眠の謎とメカニズム
●長すぎても短すぎてもダメ? 健康的で心地よい眠りとは

アウトライン

レポート
第26回 腸内フローラシンポジウム

Healthist Insight
野本教授の腸内細菌と健康のお話②
栄養、代謝の視点から見る
腸内フローラと健康の関係

第26回 暮らしの科学
洗濯機を使いこなして科学的に
正しい洗濯を!

Healthist Journey
新食材紀行 第32回
東京都小笠原村・後編
健康を守る「南国」ならではの発酵食品

Healthist Interview
気になる人の「気にする食卓」
第48回 勅使川原 郁恵
(元ショートトラックスピードスケート
日本代表)

Healthist Topic
「食育活動」最前線
第5回 山口県立大学食育プログラム
開発チーム食育戦隊ゴハンジャー

Healthist Essay
吉村 萬壱
かちゃくちゃない

Healthist Break
第25回 ちょっと一息 クロスワードパズル

アウトライン
Copyright Yakult, Co.,Ltd. All rights reserved. - 乳酸菌とともに - Yakult(ヤクルト)