ヘルシスト HEALTHIST

「ヘルシスト」は、株式会社ヤクルト本社が発行する健康情報誌(1976年創刊)です。
「健康」「生命科学」「先端研究」をキーワードに、最新の研究や、健康に関する話題・気になる情報などを正確に、そしてわかりやすくお伝えします。

ヘルシスト HEALTHIST 240

平成28年11月10日発行
奇数月隔月刊 頒価324円(本体300円+税)

◆年間定期購読のお問い合わせ、お申し込みはこちらまでお願いします。
配送代行 文藝春秋定期購読センター
文藝春秋定期購読センター
受付時間 10:00~17:00
土・日・祝日を除く

  1. 1)上記フリーダイヤルへお申し込みいただくと、専用の振込用紙をお送りします。郵便振り込みにてお手続きください。
  2. 2)発行は奇数月の10日です。その月の3日までにお振り込みが確認できましたら、同月発行の号から発送いたします。
  3. 3)お届けには1週間前後かかります。
  4. 4)中途解約による返金はできません。

◆本誌についてのご意見をお待ちしております。
ヤクルトお客さま相談センター
ヤクルトお客さま相談センター
受付時間 9:00~17:30
土・日・祝日・年末年始を除く

Healthist Point of View

- 「必ず、うがいをすること」 -
宅地開発と組み合わせて私鉄の創設を推し進め、その終点には宝塚少女歌劇団を興し、やがては我が国最初のターミナルデパートの開業を思いつく─明治から昭和にかけて阪急グループを築いた実業家小林一三(1873~1957年)は、多角的鉄道経営の先駆者として幾多の事業を展開、また文化の創造者として足跡を残しました。
沿線の別荘から通勤するとき、一三は席が空いていても車掌と同じところに立ち、乗客に気を配ったといいます。著書の中で語っているように、一三が常に興味をひかれるのは、大衆の気持ちであり、大衆の動向でした。そして、その大衆の気持ちに沿って一歩先の楽しみを考え提供することに、邁進したのです。
そんな一三の健康法は、必ず、うがいをすること。多忙であっても、万病のもとといわれる風邪の予防を面倒がらずきちんと行うあたり、いかにも一三らしいといえるでしょう。常人には考えられない多くの職務をこなしながら俳句や茶もよくし、著作と数々のエピソードを残し、一三は84歳の天寿を全うしています。

Special Features 1 栄養の正体
栄養の正体

これからの日本の「栄養学」は、「何を食べるのか」ではなく、「何をどう食べるのか」が大きなテーマとなってくるといいます。今回は栄養に関する最新情報をお届けします。

●栄養とは何か――新たな可能性を模索する栄養学
●「栄養学雑誌」が記録した時代を映し出す栄養研究
●「栄養疫学」からみた現代日本の真実
●「時間栄養学」が導く――何時どう食べればよいのか

アウトライン
Special Features 2 今年の冬はこの感染症に要注意!
今年の冬はこの感染症に要注意!

寒くなってくると気になるのがインフルエンザウイルスやノロウイルスなどによる感染症。最近は麻疹や結核、さらに梅毒など過去の病気と思われていた伝染病の再流行も懸念されます。

●世界的流行のおそれも! 新たなノロウイルスの出現
●変異するインフルエンザはこうして徹底予防しよう
●現代によみがえった「はしか」の傾向と対策

アウトライン

Healthist Discovery
おもしろ新発見 微生物の世界
第30回 いまさら聞けない
「プロバイオティクス」

Healthist Interview
気になる人の「気にする食卓」
第40回 田中 律子(女優/タレント)

Healthist Essay
関川 夏央
抵抗強度は弱いが

Healthist Journey
新食材紀行 第24回
北海道十勝地方
逆説から生まれた「北国のマンゴー」

Healthist Topic
第40回 管理栄養士が案内する「食育」の現場

第18回 暮らしの科学
おいしい焼きいもが食べたい!

Healthist Break
第17回 ちょっと一息 クロスワードパズル

アウトライン
Copyright Yakult, Co.,Ltd. All rights reserved. - 乳酸菌とともに - Yakult(ヤクルト)