ヘルシスト HEALTHIST

「ヘルシスト」は、株式会社ヤクルト本社が発行する健康情報誌(1976年創刊)です。
「健康」「生命科学」「先端研究」をキーワードに、最新の研究や、健康に関する話題・気になる情報などを正確に、そしてわかりやすくお伝えします。

ヘルシスト HEALTHIST 247

平成30年1月10日発行
奇数月隔月刊
頒価324円(本体300円+税)

トップページに戻る
アウトライン

◆年間定期購読のお問い合わせ、お申し込みはこちらまでお願いします。
配送代行
文藝春秋定期購読センター
文藝春秋定期購読センター
受付時間 10:00~17:00
土・日・祝日を除く

  1. 1)上記フリーダイヤルへお申し込みいただくと、専用の振込用紙をお送りします。郵便振り込みにてお手続きください。
  2. 2)発行は奇数月の10日です。その月の3日までにお振り込みが確認できましたら、同月発行の号から発送いたします。
  3. 3)お届けには1週間前後かかります。
  4. 4)中途解約による返金はできません。

◆本誌についてのご意見をお待ちしております。
ヤクルトお客さま相談センター
ヤクルトお客さま相談センター 受付時間 9:00~17:30
土・日・祝日・年末年始を除く

「AI & ビッグデータ」医療大変革

【巻頭インタビュー】
すべてのデータを一元管理する
「全国がん登録制度」の期待度

詳しくはコチラ pdfデータ

国立がん研究センターがん対策情報センターがん登録センター長 東 尚弘

2016年1月から全国がん登録制度が始まった。これまでもがんの登録制度はあったが、カバー率などは残念ながら完全なものとはいえず、データを元に導き出したがん対策には曖昧な点があった。しかし全国がん登録制度義務化によって、そのデメリットは解消、信頼度の高いがん情報に基づく検診精度の向上、治療効果への期待が一気に高まる。

超多項目健康ビッグデータで青森「短命県」返上への挑戦

弘前大学教授・副理事(研究担当) 村下 公一

超高齢社会を迎え、多くの自治体では生活習慣病を防ぎ、住民の健康寿命を延ばす取り組みがさかんに行われている。なかでも、弘前大学を中心に展開する「弘前COIプログラム」は切り札になるかもしれない。10年以上前から蓄積してきた青森県民の健康ビッグデータを活用する壮大なプロジェクトで、企業も多数参加している。青森県は「短命県」の汚名返上なるか!?

「自動手術」も可能に! 始動したスマート治療室

東京女子医科大学先端生命医科学研究所先端工学外科学分野教授 村垣 善浩

AI(人工知能)とICT(情報通信技術)によって近い将来、医療の現場はがらりと変わるかもしれない。たとえば、これまで医師の経験と技術がものをいっていた手術中の難しい局面も、ICTによって客観的に数値化・統合化されたオプションをAIが解析することで、より適切な判断と選択が可能になるという。医療機関に左右されない、より均質で高いレベルの治療が受けられる日もそう遠くない――。

スパコンが可能にするがん研究の革命的進化

京都大学大学院医学研究科腫瘍生物学講座教授 小川 誠司

がんが遺伝子の異常によって引き起こされる事実が判明したのは、今から約30年前と比較的最近のことだが、当時のコンピュータでは遺伝子の解析は事実上不可能だった。しかし最新スーパーコンピュータによる第三世代シーケンサーは、膨大な数のゲノムデータを短時間で読むことができる。将来、がん治療をはじめとした医療そのものが大きく変わるかもしれない。

定期購読をお申し込みください。
Copyright Yakult, Co.,Ltd. All rights reserved. - 乳酸菌とともに - Yakult(ヤクルト)