ヘルシスト HEALTHIST

「ヘルシスト」は、株式会社ヤクルト本社が発行する健康情報誌(1976年創刊)です。
「健康」「生命科学」「先端研究」をキーワードに、最新の研究や、健康に関する話題・気になる情報などを正確に、そしてわかりやすくお伝えします。

ヘルシスト HEALTHIST 226

平成26年7月10日発行
奇数月隔月刊 頒価324円(本体300円+税)

◆年間定期購読のお問い合わせ、お申し込みはこちらまでお願いします。
配送代行 文藝春秋定期購読センター
文藝春秋定期購読センター
受付時間 10:00~17:00
土・日・祝日を除く

  1. 1)上記フリーダイヤルへお申し込みいただくと、専用の振込用紙をお送りします。郵便振り込みにてお手続きください。
  2. 2)発行は奇数月の10日です。その月の3日までにお振り込みが確認できましたら、同月発行の号から発送いたします。
  3. 3)お届けには1週間前後かかります。
  4. 4)中途解約による返金はできません。

◆本誌についてのご意見をお待ちしております。
ヤクルトお客さま相談センター
ヤクルトお客さま相談センター
受付時間 9:00~17:30
土・日・祝日・年末年始を除く

Healthist Point of View

- 「夏はたいがいに」 -
昨年の暑い盛り、「暑さは克服できないんだから」「恐ろしさ知り、だらだら過ごそう」という見出しの記事で、ノンフィクション作家の星野博美さんが、酷暑の過ごし方を提言していました(2013年7月23日付、朝日新聞夕刊)。亜熱帯性気候で、東京より人口密度が高い香港で暮らした経験がある星野さん曰く、香港の人々は、汗や外見を気にせず、炎天下では行動せず、「だらだらどろどろ、たいがいに過ごす」という、暑さを受け入れ、恐れ、順応することで夏をのりきるといいます。
その術を習得したという星野さんは、ここ数年、酷暑の中でいつも通り勤勉に働き、ドラッグストアの店頭では「制汗」「即感クール」「デオドラント」などの文字がおどる、いわば暑さを克服しようとする文化の東京の夏を辛く感じ始めていると記していました。我が国の夏の暑さも生易しいものではなくなってきています。「私たちはそろそろ、夏の恐ろしさを体で学ぶ時期に来ているのかもしれない」という一文には、思わず頷いてしまいます。

Special Features 1 和食の真髄
和食の真髄

和食がユネスコ無形文化遺産に登録されたのは記憶に新しいですが、一方で素晴らしい和食文化が「絶滅」の危機に瀕していることも危惧されています。そこで和食のおいしさを再認識してください。

●ユネスコ無形文化遺産に登録された本当の理由
●カロリーを抑えてもおいしい!
秘密は「ご飯とみそ汁」にあった
●調理の視点から解き明かす和食の妙技
●日本料理を支える陰の「主役」
出汁・醬油・味噌のルーツ

アウトライン
Special Features 2 「水虫」傾向と対策
「水虫」傾向と対策

人にはなかなか聞けない「水虫」に関して知っておきたい知識など、気になる情報を幅広くお伝えします。

●水虫の正体に迫る
●あなたの気づかない水虫には早めの予防と治療

アウトライン

誌上採録
第14回 21世紀の食と健康フォーラム

Healthist Discovery
おもしろ新発見 微生物の世界
第17回 廃水処理する“発電菌”とは

Healthist Interview
気になる人の「気にする食卓」
第26回 三田 寛子

Healthist Essay
佐藤 優
ロシア人医師の言葉

Healthist Journey
新食材紀行 第10回
きっかけは400年前の日伊交流
宮城県産のイタリア野菜

Healthist Topic
第26回 管理栄養士が案内する「食育」の現場

第4回 暮らしの科学
電子レンジでもっとおいしく
ヘルシーに!【後篇】

Healthist Break
第4回 ちょっと一息 クロスワードパズル

アウトライン
Copyright Yakult, Co.,Ltd. All rights reserved. - 乳酸菌とともに - Yakult(ヤクルト)