ヘルシスト HEALTHIST

「ヘルシスト」は、株式会社ヤクルト本社が発行する健康情報誌(1976年創刊)です。
「健康」「生命科学」「先端研究」をキーワードに、最新の研究や、健康に関する話題・気になる情報などを正確に、そしてわかりやすくお伝えします。

ヘルシスト HEALTHIST 235

平成28年1月10日発行
奇数月隔月刊 頒価324円(本体300円+税)

◆年間定期購読のお問い合わせ、お申し込みはこちらまでお願いします。
配送代行 文藝春秋定期購読センター
文藝春秋定期購読センター
受付時間 10:00~17:00
土・日・祝日を除く

  1. 1)上記フリーダイヤルへお申し込みいただくと、専用の振込用紙をお送りします。郵便振り込みにてお手続きください。
  2. 2)発行は奇数月の10日です。その月の3日までにお振り込みが確認できましたら、同月発行の号から発送いたします。
  3. 3)お届けには1週間前後かかります。
  4. 4)中途解約による返金はできません。

◆本誌についてのご意見をお待ちしております。
ヤクルトお客さま相談センター
ヤクルトお客さま相談センター
受付時間 9:00~17:30
土・日・祝日・年末年始を除く

Healthist Point of View

- 「あなたこそが、私と外の世界との
    大事なきずなになってくれているのです」 -

20代の若さで電話の発明に成功したアレクサンダー・グラハム・ベル(1847~1922)は、その後も蓄音機や飛行機、水中翼船ほか、次々と関心が向く研究へ挑み続けました。他方、少年期に、聴力を失っていく母親に接して以来、聴覚障がいを持つ人たちが社会から孤立することなく話ができる方法と教育に、生涯情熱を持って取り組んだと伝えられています。
名声を得てなお実験と失敗を繰り返す日々を送る彼を励まし、助言し、ともすれば自分の世界に引きこもりがちな彼に人々との交流を促したのは、妻のメイベルでした。メイベルも音を聴くことができませんでしたが、読唇術を身につけ、家族のだれもが、彼女が障がいを持っているとは感じなかったと言います。そして必要があれば夫はテーブルをトンと叩いて妻の注意を自分の唇に引きつけ、どんな会話にも彼女を加えました。
ところで上記の言葉は、メイベルが彼に贈ったのではなく、彼がメイベルに打ち明けたもの。完全な人間はいません。人は補い合い、支え合って生きるのだと、改めて思わずにはいられません。

Special Features 1 健康と医療の近未来
健康と医療の近未来

今や日本の社会は電話なしには成り立ちません。同様に、インターネットやITによる健康管理や健康診断、医療がぐっと身近になり、生活に欠かせない存在となる時代はすぐそこまできているのかもしれません。

●医療の「パラダイムシフト」はすぐそこまできている!
●「IT医療」の先駆者「高橋病院」超高齢社会への挑戦
●時代は「バーチャル病院」!?
        スマートフォンで気軽に健康管理
●高齢地域の暮らしと健康を見守る
        「気象と健康」のウェブサービス
●進化したセンサーで可能になった
        「健康管理」は家のトイレでOK!

アウトライン
Special Features 2
シリーズ きっちり知りたい! からだの不調・いつもの痛み 第5回 冷え

冷え性で、つらい思いをしている人は多いと思います。そこで「冷え」に関して知っておきたい知識など、気になる情報を幅広くお伝えします。

シリーズ きっちり知りたい! からだの不調・いつもの痛み 第5回 冷え

●病気が潜んでいることも ――
        つらい「症状」に5つの原因
●根本的な解決法は生活習慣の改善とタンパク質

アウトライン

レポート
第24回 腸内フローラシンポジウム

Healthist Discovery
おもしろ新発見 微生物の世界
第26回 当たるも当たらぬも八卦!?
流行を予測しての
   インフルエンザワクチン

Healthist Interview
気になる人の「気にする食卓」
第35回 朝岡 聡
(フリーアナウンサー)

Healthist Essay
三田 誠広
「ぼくの健康法」

Healthist Journey
新食材紀行 第19回
宮崎県 チョウザメ養殖の成功で注目の
国産キャビアは夏

Healthist Topic
第35回 管理栄養士が案内する「食育」の現場

第13回 暮らしの科学
お餅が「もちもち」している秘密

Healthist Break
第12回 ちょっと一息 クロスワードパズル

アウトライン
Copyright Yakult, Co.,Ltd. All rights reserved. - 乳酸菌とともに - Yakult(ヤクルト)