スマートフォン用ページ

お知らせ

【飲料・食品】放射性物質の自主検査について

2018年03月11日

当社では、2011年3月の東日本大震災の発生を受け、放射性物質の自主検査体制を構築しました。その後、現在まで工場での「製品や原料水の放射性物質」および「生産環境の放射線量」の測定を継続しております。

この度、震災から7年を迎え、福島工場に環境放射線量の連続監視が可能なモニタリングポストを設置します。今後の自主検査体制は、工場での「製品や原料水の放射性物質」および「モニタリングポストを使用した環境放射線量」の測定となります。

今後も万全の体制で製品の安全性を確保してまいりますので、引き続きご愛飲の程よろしくお願い申しあげます。

 

以 上

 

お知らせ

  • ニュースリリース一覧
  • IR情報

Get ADOBE® READER®

PDFをご覧になるには、Adobe® Reader®が必要です。