スマートフォン用ページ

サイエンスレポート

NO.29 乳酸菌発酵果汁飲料の継続飲用によるアレルギー症状の軽減

NO.29 乳酸菌発酵果汁飲料の継続飲用によるアレルギー症状の軽減

 アトピー性皮膚炎、花粉症など、近年の調査では、日本人の2人に1人が何らかのアレルギー疾患を抱えているとされており、症状を軽減する効果を有した食品素材の中でも乳酸菌は数多くの研究が行われています。
 本レポートでは、柑橘果汁を乳酸菌で発酵させた飲料の継続飲用によるアレルギー症状への影響について紹介します。

1. 増え続けるアレルギー疾患

2. 柑橘果汁中で良好な発酵性状を示す乳酸菌「ラクトバチルス プランタルム YIT 0132」

3. L. プランタルム YIT 0132による発酵果汁飲料のアレルギー性鼻炎に対する効果
  (1) 季節性アレルギー性鼻炎(スギ花粉症)の症状への影響
  (2) 通年性アレルギー性鼻炎の症状への影響

4. L. プランタルム YIT 0132による発酵果汁飲料のアトピー性皮膚炎に対する効果

詳細はこちらから
PDF:1.84MB

バックナンバー

研究開発

  • ヤクルト中央研究所
  • サイエンスレポート