COMMERCIAL CM情報

イメージは、「実家でほっこり♡」

8月のある日、都内某所で今回のCMの撮影が始まりました。
いつものスタジオとは違って、なんだか暖かみを感じる古民家風なシチュエーションです。
それもそのはず、今回のCMの設定は、「冬休みで実家に帰ってきた剛力さん」。
コタツでぬくぬくくつろぐ姿も、やっぱりカワイイ♡
ほかにもやかんやストーブなど、なつかしい雰囲気の小物がたくさん。さて、どんなCMになるのでしょうか!?

「お母さんにつられちゃう〜(笑)」

今回のCMには「お母さん」が登場します。
初登場のお母さん役は渡辺えりさん!あったかくって頼りがいのある雰囲気はまさに実家のお母さんそのもの!?
実はお二人は初共演ということだったのですが、そんな緊張感は少しも見られず、渡辺さんのコミカルな演技で現場に笑顔があふれます。
「もう、お母さん(渡辺さん)につられて笑っちゃう〜(笑)」と剛力さん。
スタジオはまさに「実家」のような暖かい雰囲気に包まれていました。

美術スタッフ、剛力彩芽!?

今回のCMでは、剛力さんがミカンだと思って積み上げていたものが、じつはオレンジだった…と気づいたときに、
積み上げていたオレンジがコロコロと崩れてしまうという演出が。
この、コロコロと崩れるタイミングが難しい!最初は美術スタッフが剛力さんの「え…。」
という演技のタイミングを見て崩していたのですが、なかなかうまくいきません。
そこで剛力さんが、「自分でやってみます」と声をかけてくれたんです。
結果は、タイミングばっちりの一発OK!!さすがです!その仕上がりはCMをぜひ見てみてください!

お疲れさまでした!

CMの撮影が終わるやいなや、グラフィックの撮影スタジオに移動する剛力さん。
うーん、忙しい!!それでも、大輪の笑顔でスタジオ入りする剛力さんに、スタジオの全員が癒されました。
CMのほっこりした雰囲気とは違う、グラフィカルな決めカットの撮影。この二つの撮影を短時間にこなすのは大変なはず。
ここはさすが、剛力さんの高い演技力が光りました。次々とポーズを決め、世界観に入り込んでいきます。
剛力さん、本当にお疲れさまでした!

女優 剛力 彩芽

1992年8月27日生まれ。ドラマ・映画への出演や雑誌モデルのほか、最近では歌手活動も開始するなど、さまざまなジャンルで活躍中。

女優 渡辺 えり

山形県出身。
1978年「劇団3○○(さんじゅうまる)」を結成。1998年の解散まで、主宰・劇作・演出・出演をつとめ、多くの話題作を発表した。
その後も、舞台・映画・テレビドラマ・バラエティなど、幅広く活躍を続けている。
近年では、コンサートも開催、さまざまなジャンルの歌を、楽しいお話とともに披露している。
2016年11月は、新橋演舞場にて有吉佐和子原作の喜劇「三婆」に出演する。

×
×
TOPへ