スマートフォン用ページ

ヤクルトレディ [ヤクルトさん 笑顔篇(30秒)]

オリジナルサイトを見る

  • 撮影秘話
  • 出演者・音楽

いい味だしてる、下町の工務店。

撮影用のセットだということをつい忘れてしまうくらい、いかにもどこかにありそうな昔ながらの工務店。さびた自転車に年季の入った看板。こういうお店ってうるさい職人さんがいるんだよなあ、と思ったらいるんです、いるんです。今日も、朝から、お弟子さんへの熱血指導が始まりそうです。

厳しい指導は、愛あればこそ。

伊東さんがお弟子さんに厳しく指導をするシーンは、撮影スタッフもブルッときてしまうくらい怖かった!でもオフショットでは、なごやかに。なんだかおふたりとも楽しそう。弟子役の菊池さんは、カンナがけは今日が初挑戦。撮影前から汗だくになって指導を受けていたんですよ。

何百回もケンカしてきた、祖父と孫みたいに。

ケンカのシーンでも、ヤクルトさんにほっこりする場面でも、息のあった演技を見せてくださった伊東さんと川口さん。監督さんも注文のつけようがなく、一発OKの連続でした。たった30秒のCMの間にも、いろいろな表情を見せてくれるこの家族の物語のつづきが楽しみです。

出演者

伊東 四朗

1937年東京都生まれ。58年に軽演劇の石井均率いる劇団「笑う仲間」に参加し浅草松竹演芸場でデビュー。61年に三波伸介、戸塚睦夫と「ぐうたらトリオ」を結成。62年には「てんぷくトリオ」と改名。65年の日本テレビ『九ちゃん!』でレギュラーに抜擢される。75年のTBS『笑って!笑って!60分』では小松政夫演じる「小松の親分さん」との絶妙な掛け合いを見せる。76年のテレビ朝日『みごろ!たべごろ!笑いごろ!!』では、「ベンジャミン伊東」の名で唄い踊ったバカバカしい「電線音頭」で世間を騒がす。83年にはNHK連続テレビ小説『おしん』のシリアスな父親役を演じる。以後も多数のテレビドラマ・映画・クイズ番組や歌番組の司会、そして、ラジオのパーソナリティーとしても多彩ぶりを発揮している。八面六臂の活躍の一方で、「笑い」にこだわった舞台を創りだしている。97年三宅裕司とコントライブ『いい加減にしてみました』(2002、2010にも上演)。04年には「伊東四朗一座旗揚げ解散公演」を上演。好評を博す。現在不定期ではあるが、年一回は舞台に出演。“喜劇役者としてのこだわり”を持ち続けている。

川口 春奈

1995年2月10日生まれ。長崎県出身。ニコラモデルオーディションでグランプリを受賞し、芸能活動を開始。2009年のフジテレビ月9ドラマ「東京DOGS」で女優デビュー。2010年、雑誌「日経トレンディが選ぶ今年の顔」に選ばれた。2011年には第90回全国高校サッカー選手権大会の7代目応援マネージャー(イメージガール)に就任。2012年、「桜蘭高校ホスト部」で映画初主演。以後、映画やドラマ・CM・舞台など幅広く活躍中。2017年、デビュー10周年を記念し、写真集「re:start」を発売中。

音楽

CM曲:CMオリジナル楽曲

作曲:永野 亮

CMギャラリートップへ

ヤクルトレディ

[ヤクルトさん 働きたいけど“時間”篇]

15秒

CMを見る
  • CMを見る
  • 撮影秘話

ヤクルトレディ

[ヤクルトさん 働きたいけど“保育”篇]

15秒

CMを見る
  • CMを見る
  • 撮影秘話

ヤクルトレディ

[ヤクルトさん 家庭と仕事篇]

30秒

CMを見る
  • CMを見る
  • 撮影秘話

ヤクルトレディ

[ヤクルトさん 保育所篇]

15秒

CMを見る
  • CMを見る
  • 撮影秘話

ヤクルトレディ

[ヤクルトさん 頼れる存在篇]

15秒

CMを見る
  • CMを見る
  • 撮影秘話

ヤクルトレディ

[ヤクルトさん わたしの成長篇]

15秒

CMを見る
  • CMを見る
  • 撮影秘話

知る・楽しむ

  • 工場見学へ行こう
  • CMギャラリー
  • 健康情報誌 ヘルシスト
  • 代田記念館
  • 三つ星Factory
  • キッザニア
  • 菌の図鑑。
  • ヤクルトの出前授業
  • 腸内環境リバーシ
  • 腸内大脱出
  • 80周年記念サイト