TOPICS

【TE Div.1】第8戦秋田ノーザンブレッツ戦の結果

2016年11月14日 大会結果

 

 

11/13(日)に開催されたトップイーストディビジョン1 第8節秋田ノーザンブレッツ戦の結果をおしらせします。

43-24(前半24-14、後半19-10)で勝利しました!

前節の日野自動車戦では終盤までリードを奪うものの、最後にはボーナスポイント圏外となる9点差をつけられてしまい、勝ち点0の敗戦となってしまいました。
成績2勝5敗と下位リーグとの順位決定戦の可能性も出てきた状況で、絶対に負けられない一戦となりました。

今回は秋田への遠征という事で、しっかりと防寒対策をしてきましたが、前日練習時も東京と変らない温かさで前日練習を行う事ができました。

試合直前まで太陽も出て暖かい中での試合を想定していましたが、ウォーミングアップ終了とともに豪雨が吹き荒れ、一時は雷鳴も聞こえる中で試合開始となりました。

前半キックオフはホームである秋田ノーザンブレッツから始まります。

秋田は帰化選手を含む外国人選手を中心に強引な突破や、SHの素早い展開でヤクルト陣内に攻め込んできます。

日野自動車戦で一度は崩されてしまったディフェンスでしたが、今週はさらに精度をあげ、外国人選手を自由にさせる前にアタックの芽を摘んでいきます。

しばらく両者の陣地を行ったり来たりの攻防が続いた所から、前半14分ハミッシュパターソンの先制トライが決まります。

しかし喜んでいるのも束の間で、秋田CTBに突破され早々と振り出しに戻ってしまいます。

その後22分には住吉のトライとレオン・エリソンのゴールが決まり14-7とするものの、すぐにトライを奪われ14-14となり、取って取られての嫌な展開になります。

しかしその直後にハミッシュパターソンのトライとレオンエリソンのコンバージョンキックで21-14として、レオンエリソンのペナルティゴールを追加して前半を24-14とリードして折り返します。

後半開始時に雨はいくぶん弱くはなっていたものの、変らず降り続いた状態でした。

後半の先制もヤクルトが奪います。
後半15分のラインアウトからモールをFW全員で押し込みトライを奪います。
右サイドからのキックを決め、31-14とリードを広げます。

追加点を取るべくリザーブも積極的に投入しながら勝点+1を目指しさらに攻めるレビンズ。
しかしここでハミッシュパターソンが相手ラインアウト時に危険なプレーを犯し、シンビン(10分間の退場)となってしまいます。

一時的な数的不利の中で38分に秋田にトライを奪われるものの、すぐにトム・コックスが追加点を奪い得点を36-19とします。

この後秋田にもシンビンの選手が1名出た後は、両者ディフェンスが甘くなり、43分には秋田、直後45分にはトムが走りきってトライ、最後はコンバージョンキックを外し、得点を43-24として試合終了。

結局勝点+1は逃しましたが、今回の勝利で成績を3勝5敗となりました。

今節は秋田での開催という事で、地元の秋田ヤクルト販売㈱様をはじめ、多くの方の応援本当にありがとうございました。

次節釜石シーウェイブス戦は11/19(土)14:00~聖地 秩父宮ラグビー場にて開催されます。
今季リーグ戦最終戦となります。最後まで皆様の熱いご声援をお願いいたします。