TOPICS

【2017TE Div.1】第5戦クリーンファイターズ戦の結果

2017年10月23日 大会結果

10/21(土)にヤクルト戸田グラウンドにて開催された2017年トップイーストディビジョン1 第5節クリーンファイターズ戦の結果をおしらせします。

結果は50-3(前半24-3、後半26-0)で勝利しました!
当日は台風も近付き非常に強い雨が降った悪天候ながらも、多くの方にご来場いただき本当にありがとうございました。
この場をお借りして御礼を申し上げます。

清水建設戦、横河武蔵野戦と連敗を喫し、トップチャレンジリーグへの入れ替え戦進出が非常に厳しくなりました。
チームが一丸となって残りの5試合を全勝するために、緊急ミーティングを行い現状の課題と今後の方向性について話し合い厳しい練習を重ね、今回の試合に臨みました。

試合は前半、大雨の影響もあり両チームともミスが目立つ展開となりました。
しかし要所でキープレーヤーたちが躍動し、試合を優位に進め始めます。
前半3分、ゴール前のラインアウトからできたラックで、FLパターソンがパスをつなぎ、SOイブミーがゴール下へのトライし先制します。(7-0)
続く前半13分、敵陣22mのスクラムからSH多田が持ち出しWTBコックスへのロングパスをつなぎ、そののままトライを決め、点差を広げます(14-0)
その後、ミスが目立ちなかなか点を重ねることができず、自陣でのペナルティからPGを奪われ悪いムードが漂います。
しかし前半34分にWTBコックス、40分にイブミーの連続トライにより突き放し、レビンズペースで前半を終えます(24-3)

後半も、引き続きレビンズが優勢に試合を運びます。
後半3分、敵陣ゴール前のモールからFLパターソンが持ち出しトライをします。(31-3)
一気に突き放しを図りましたが、その後膠着状態となり再び一進一退の攻防が続きます。

ここで選手交代により出場したリザーブ陣が試合の流れを変えてくれました。
今回、初のメンバー入りを果たしたFL齋藤などFW4人を入れ替え、徐々に敵陣でプレーする時間を増やしていきます。
そして後半28分、敵陣22m付近のスクラムを大きく押し込み攻撃を重ねた後、WTB野上のトライで再び突き放します(38-3)
終盤35分、40分と立て続けにトライを重ね最終的に50-3で勝利する事ができました。

今回のゲームはチーム最年長PR羽鳥を筆頭に、3人の今季初出場の選手がチームに活気を与えてくれました。
長いシーズンを勝ち残るにはでメンバーの実力だけでなく、選手層の厚さ、ベンチワークなどチームとしての総合力が求められます。
残りの4試合を全勝してシーズンを終えるためにも、非常にいい試合になったと感じています。

次戦は10/28(土)13:00~栗田工業グラウンドにて、栗田工業ウォーターガッシュとの試合となります。
現在全勝中で首位を走っている栗田工業との一戦です。
この一戦を勝利して再び勢いを取り戻すために重要な一戦となります!

これからもチーム一丸となり頑張っていきます!
皆様からの熱い応援をよろしくお願いいたします!!

 

※関東協会HPより転載