TOPICS

2017シーズン終了のご挨拶

2017年12月10日 大会結果

既にお伝えしておりますとおり、11/26のリーグ最終戦を持ちまして、2017シーズンの最終順位が確定しました。これによりヤクルトレビンズの今季成績は5勝4敗(勝ち点26)でリーグ5位となりました。

今季はリーグ編成も変わり優勝そしてトップチャレンジリーグへの挑戦を目標に、トレーニングを積んでまいりました。しかし思うように勝ちきれず厳しい結果となりました。それでも昨年から取り組んできたレビンズのスタイルがより浸透したシーズンとなりました。

来季も上を目指して、新たなメンバーでハードワークしていきます。
皆様の変わらぬご支援をよろしくお願いいたします。

●監督、主将よりコメント

≪高安 監督≫

今シーズンもたくさんの応援をいただき、厚く御礼申し上げます。

今年は全勝優勝という目標を掲げて臨みましたが、結果は遠く及ばず、5勝4敗の5位という悔しい一年となりました。一方で、上位チームとの接戦を重ねる中で、目標は手の届く位置にあることを実感するとともに、チームや選手の大きな成長を感じたシーズンでもありました。

来シーズンは、今年以上に選手、スタッフ全員が自分にも仲間にも厳しさを持ち、勝ちきれるチームに成長していきたいと思います。

サポートいただくファンの皆さま、家族、会社への感謝の気持ちを忘れずに、『For the Team』の精神で必ずヤクルトレビンズの新たな未来を切り拓きますので、今後とも熱いご声援をよろしくお願いいたします。

≪田渕 主将≫

今シーズンも沢山のご声援をいただきありがとうございました。
シーズン中、皆様からの声援があったからこそ勝てた試合がいくつもあったと感じています。結果が振るわない時、苦しい試合の中でも、温かいお言葉、声援が支えとなりシーズンを戦い抜くことが出来ました。本当にありがとうございます。

来季もヤクルトレビンズの応援をお願い致します。