その1 実際に血圧が高めの方に『プレティオ』を毎日飲んでもらった実験では、4週間目で血圧が低下し、飲用期間中は低下した数値がほぼ保たれています。 ヤクルト本社 中央研究所 木村特別研究員

  • 収縮期血圧(最高血圧)の推移

    このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

    Adobe Flash Player を取得

  • 拡張期血圧(最低血圧)の推移

    このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

    Adobe Flash Player を取得

  • 出典:梶本修身ら、「GABA含有はっ酵乳製品の正常高値および軽症高血圧に対する長期摂取時の有効性と安全性」、健康・栄養食品研究、第6巻第2号、(2003)
  • 正常高値血圧(収縮期血圧130mmHg〜139mmHg/拡張期85mmHg〜89mmHg)者とT度(軽症)高血圧(同140〜159/90〜99)者に、毎日1本プレティオを飲用してもらったところ、4週目で飲む前に比べて有意な低下が見られ、6週目以降でプラセボ飲用群との有意な差が見られます。飲用期間中は低下した数値がほぼ保たれています。

その2 長年の研究とヤクルト独自の製法、2つの乳酸菌から生まれたGABA(ギャバ)

乳酸菌の可能性を追究し続けるヤクルトが出した、血圧対策への答え。それが1本に10mg以上のGABAが含まれた『プレティオ』です。2種類の乳酸菌(乳酸菌 シロタ株とラクトコッカス ラクチス)からの生成に成功した独自のGABAには、血管の収縮を緩やかにし、血圧を下げる効果が確認されています。

乳酸菌 シロタ株 2つの乳酸菌の働きで生まれたγ-アミノ酪酸(GABA)ガンマ ギャバ ラクトコッカスラクチス

血圧上昇の抑制にヤクルト独自のGABAが働きます

血圧変動の原因の一つに交感神経の働きによるノルアドレナリンという血圧収縮作用伝達物質の分泌が挙げられます。この分泌量が多くなると血管が収縮し血圧が上昇します。GABAはノルアドレナリンの分泌を抑制するので、その結果、血管の収縮が緩和され血圧が降下します。ヤクルトはこの働きに着目し、乳酸菌から安定したGABAを生成する技術を開発しました。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

その効果は、トクホとして認められています

『プレティオ』は開発当時、GABAを関与成分とする特定保健用食品(トクホ)がなかったため、その表示許可の取得にあたって、とても厳しい審査を受けています。さらに飲用試験や成分調査を繰り返して得たデータにより、血圧降下作用が認められた《特定保健用食品》です。

その3『プレティオ』で毎日おいしく、血圧対策! 多くの方が続けています。

毎日1本!の血圧対策を、楽しみながら続けてほしいから。『プレティオ』は、乳酸菌の持つ自然な酸味と飽きのこない爽やかなおいしさに、こだわっています。おかげさまで2004年の発売以来、血圧対策飲料として多くのお客さまにご愛飲いただいています。

だから
Yakult 血圧が高めの方に プレティオ 毎日1本 継続してお飲みいただくことをおすすめします。
ページトップに戻る

Q&A

Q いつ、どのくらい飲むのがよいですか。
A 毎日1本、継続してご飲用ください。毎日1本の飲用試験により、血圧降下作用を確認しております。また、飲むタイミングとしては、いつお飲みいただいても結構です。
Q たくさん飲めば、より多くの効果が期待できますか。
A たくさん飲んでも、より効果に期待ができるというわけではありません。また、多量の飲用による持続効果が期待できるものでもありません。1日1本を継続することをおすすめします。
Q 高血圧の薬を服用しています。プレティオと併用してもよいですか。
A プレティオは、食品(乳製品乳酸菌飲料)ですので、併用しても特に問題はないかと思いますが、お飲みになる際は、かかりつけのお医者様に相談されることをお勧めします。
Q 妊婦が飲んでもよいですか。
A お飲みいただいてかまいません。GABAは穀物、野菜、果物等に含まれており、これらの食品は食経験が十分であることから、妊婦および胎児への影響はないものと考えられます。さらに、GABA摂取による妊娠への影響に関して、問題となるような報告等はこれまでありません。
Q 子供や幼児が飲んでもよいですか。
A お飲みいただいてかまいません。しかし、発育中の子供や幼児は十分な栄養とエネルギーを必要としていますので、むしろミルミル等をお勧めします。
Q γ−アミノ酪酸(GABA)とはなんですか。
A アミノ酸の一種です。穀類、野菜類、果実類のほか、ヒトの脳や消化管にも存在しています。GABAとは「Gamma Amino Butyric Acid」の略です。※Butyric Acid:酪酸GABAは血管を収縮させる働きのある物質(ノルアドレナリン)の分泌を抑制して血管の収縮を緩和することによる血圧降下作用があることが確認されています。プレティオには、1本(100ml)当たり10mg以上のGABAが含まれています。プレティオに含まれるGABAは、2種類の乳酸菌(乳酸菌 シロタ株とラクトコッカス ラクチス)の共同作用によりつくられるものです。(添加したものではありません。)〈GABAの産生メカニズム=共同作用とは〉乳に含まれるたんぱく質を乳酸菌 シロタ株が分解して、グルタミン酸というアミノ酸を切り出します。次に、ラクトコッカス ラクチスがこのグルタミン酸を利用してGABAを作ります。(この製法はヤクルトの特許です(特許第3172150号)。)
Q GABAが血圧を下げるしくみを教えてください。
A GABAは摂取後、消化管から血中に移行し、血管を収縮させる働きのある物質(ノルアドレナリン)の分泌を抑制します。それにより血管の収縮を緩和し、血圧を下げると考えられています。
Q プレティオの名前の由来はなんですか。
A プレティオ(Pretio)は、本製品の基本コンセプトである「予防治療と健康増進のための飲料」を表現した英語(Drink for Preventive Treatment & Improvement in Our health)の頭文字をとった造語です。※「preventive」予防・「treatment」治療・「improvement」増進、改善
商品に関する、お問い合せ・お申込みは下記までお願いいたします。お客様相談センター0120-11-8960
ページトップに戻る