ヤクルトのお仕事情報
実際どうなのヤクルトレディ

不安1:ノルマがあるからきつい…

解決:ノルマはありません!
解決:ノルマはありません!

決められた地区の決められたお客さまへのお届けが主な業務です。
ヤクルトレディのみんなで、まだヤクルトを飲んでいない方にヤクルトの良さをお伝えすることもありますが、ノルマとして課すことはありません。

ヤクルトレディになったばかりの頃は、センターマネージャーが一緒にお客さまのところへ訪問したり、新たなお客さまに声をかけたりと、丁寧にサポートします。

ヤクルトレディのよくある話

新しいお客さまにお声を掛けて、ヤクルトの良さをお伝えしましたが、十分伝わりきらず、お断りを受けました。
そのまま、センターに戻ると、「ヤクルトさんからヤクルト400を勧められて、その場では断ったんだけど、やっぱり飲んでみようかと思って」の電話が。
商品の良さを理解してもらえたり、お客さまのお役に立ててとても嬉しいし、やりがいを実感します。

不安2:買取制度があるらしい…

解決:「買取システム」といった在庫の
買取制度はありません。
解決:「買取システム」といった在庫の買取制度はありません。

もし、お客さまが不在で、お会いできずに商品が残ってしまった場合でも、翌日のお届け分として調整したり、仲間と交換するなど、在庫にならない工夫がたくさんあります。

毎日の業務に慣れると、お届けするお客さまの軒数から、一日の販売本数など準備するべき商品数は、自然と身についてきます。

不安3:休みがとりづらい…

解決:お子さまの急な発熱、学校行事での
お休み…支えあうチームワークが自慢です!
解決: お子さまの急な発熱、学校行事でのお休み…支えあうチームワークが自慢です!

ヤクルトレディとして働くみなさんは、小さなお子さまを保育所に預けて働くママも多くいます。

お子さまの急な発熱でお休みしなければならなくなった場合や学校行事などのお休みは、仲間同士でフォローし合い、調整することが可能です。

子育て中の仲間が多いからこそ、共感と理解があります。
気兼ねなく働けて、心強い環境です。

全国では約36,600人の
ヤクルトレディが働いています。
全国では約36,600人のヤクルトレディが働いています。

ヤクルトレディは、主婦にとって、やさしい時間帯のお仕事。

毎日が新鮮でイキイキと働くママの存在で、
「夫が家事や育児に積極的になった」
「お子さまがお手伝いをしてくるようになった」
「仕事の悩みなどで夫との会話の機会が増えた」
といった嬉しい声も数多く聞かれます。

これからヤクルトレディとして働こうとお考えでしたら、お気軽にお近くの販売会社へとお問い合わせください。

お問い合わせ

  • 「興味はあるけど、やっぱり不安もある…」とお悩みの方
  • すぐにでも働きたい方、お電話でお問合せしたい方はお住まいの都道府県を選択してください。

ページの先頭へ戻る