製品情報

ヤクルトフコイダン~モズク抽出~

日本では、海藻は有史以前から食物として利用されてきました。
近年、食に対する健康意識の高まりから海藻の構成成分である多糖体が注目されてきています。
モズク(褐藻類)には多量のフコイダンが含まれており、このフコイダンはフコースを主成分とする多糖類で、ウロン酸と微量 ですがキシロースも含まれています。またフコースに硫酸基が一部結合しており、これがネバネバの性質を与える基となっています。
ヤクルトでは、沖縄モズク由来のフコイダンに着目し研究・開発を進めてきました。
その結果、独自の製造方法により得られたモズク抽出物の主成分“フコイダン”に胃の不定愁訴を改善したり、胃の疾患に深く関与していることで知られているピロリ菌を低減する働きなど、優れた生理作用があることを確認しました。
健康指向の食品素材としてご利用いただくようお願いします。

ヤクルト フコイダンとは

フコイダンの構造

  • フコイダン中のミネラル成分を均一化することにより、安定した胃への作用が期待できます。

  • 分子量のサイズ(50,000~100,000)をそろえています。
    これにより粘性が低下し、素材として取り扱いやすくなります。

ヤクルト フコイダンの特徴

抗潰瘍作用

ラットにフコイダンを10日間飲用させたところ、対照群に比べて、潰瘍の大きさが約半分に縮小することが明らかとなりました。
胃潰瘍の患者6名にフコイダン分包(0.5g/包)を1日2回、食間に3ヶ月飲用してもらったところ、2例で潰瘍病変の改善が認められ、4例で症状の改善効果が認められました。

不定愁訴改善作用

各飲用期間の改善効果の比較

不定愁訴の患者10名にフコイダン入りの茶飲料を14日間飲用してもらったところ、飲用により飲用前に比べて明らかに胃の不定愁訴の症状が改善されました。
この効果は胃運動機能促進作用によるものと考えられます。

ヘリコバクター・ピロリ抑制作用

ピロリ菌陽性者11名にフコイダン入りの茶飲料(100mg/日)を10日間飲用してもらったところ、ピロリ菌数が約半分まで減少しました。
フコイダンの摂取によりピロリ菌の低減効果が期待できます。

ピロリ菌低減効果「ヤクルト中央研究所報告書」より

ピロリ菌は胃の上皮細胞の表面にある糖(フコースなど)に接着します。フコースを成分として含有しているフコイダンは、ピロリ菌の胃の上皮細胞への接着を拮抗的に抑えることができます。(試験管レベルで実施)。

フコイダンによるピロリ菌接着阻害(推定模式図)「ヤクルト中央研究所報告書」より

ヤクルト フコイダンの規格・その他

ヤクルトフコイダンの規格

項目 規格
外観 茶褐色の粉末
フコイダン量 80%以上
水分 10%以下
荷姿 ダンボール(1kg(500g✕2袋))
賞味期限 製造後3年

ヤクルトフコイダンの安全性

急性毒性試験、亜急性毒性試験、慢性毒性試験、変異原性試験の結果、安全であることが確認されています。

参考文献一覧

  • 柴田英之ら:ラットにおけるオキナワモズク Cladosiphon okamuranus TOKIDA由来フコイダンの抗潰瘍作用
    薬理と治療 26(8) : 37-41,1998
  • M.Nagaoka,et al. : Structural study of fucoidan from Cladosiphon okamuranus TOKIDA.
    Glycoconjugate Journal 16 : 19-26,1999
  • Hideyuki.Shibata : Inhibitory Effect of Cladosiphon fucoidan on the Adhesion of Helicobacter pylori to Human Gastiric Cells.
    Journal of Nutritional Science and Vitaminology 45(3) : 325-336. 1999
  • 山本佳洋ら:モズク由来フコイダンおよびフコイダンを添加したお茶による胃潰瘍およびNUD(不定愁訴)改善効果の検討
    薬理と治療 28(1) : 63-70,2000
  • 鈴木剛ら:Functional Dyspepsia症例におけるフコイダンの胃排出機能改善効果について
    薬理と治療 28(11) : 931-935,2000
  • 山本佳洋ら:モズク由来フコイダンを添加したお茶による Helicobacter pylori 低減作用およびNUD(不定愁訴)改善効果の検討
    薬理と治療 28(11) : 937-942,2000
  • H.Shibata,et al.:Properties of fucoidan from Cladosiphon okamuranus tokida in gastric mucosal protection.
    BioFactors 11:235-245,2000
  • M.Nagaoka,et al.:Anti-ulcer effects and biological activities of polysaccharides from marine algae.
    BioFactors 12:267-274,2000
  • Hideyuki.Shibata,et al.:Effect of oligofucose derivatives on acetic acid-induced gastric ulcer in rats.
    Bio-Medical Materials and Engineering 11:55-61,2001
  • 高木逸子ら:モズクフコイダンおよびウロン酸含有多糖の蛍光標識法およびHPLC分析法の検討
    Chromatography 22(2) : 85-90,2001
  • 曽根俊郎ら:オキナワモズクの抗炎症作用
    Fragrance Journal(12) : 87-92,2001
  • 山本佳洋ら:モズク由来フコイダンを添加したお茶によるNUD(不定愁訴)改善効果の検討
    薬理と治療 30(5) : 397-400,2002
  • 長岡正人ら:モズク中 fucoidan および Bifidobacterium bifidumn の抗 H.pylori 作用
    日本臨床腸内微生物学会誌 4-5(1) : 57-61,2002~2003
  • H.Shibata,et al,:Preventive Effects of Cladosiphon Fucoidan Against Helicobacter pylori Infection in Mongolian gerbils.
    Helicobacter 8(1) : 59-65,2003
  • Yoshinobu Aisa,et al, : Fucoidan induces Apoptosis of Human HS-Sultan Cells Accompanied by Activation of Caspase-3 and Down-Regulation of ERK Pathways
    American Journal of Hematology 78 : 7-14,2005

特許一覧

  • 特許第3403496号:抗潰瘍剤およびヘリコバクター・ピロリの定着阻害剤
  • 特許第3547663号:NUD改善食品
  • 特許第3920954号:抗潰瘍剤の製造法

ページの先頭へ戻る