お肌が過敏な状態になり、肌トラブルをおこしやすいお肌のことです。
皮フが薄く、血管が透けて見えたり、赤くほてったり、湿疹ができる場合があります。

バリア機能の低下です。
安定しているお肌は皮フ表面が皮脂膜で覆われ、角質層のバリア機能がしっかりしているので、 外界の刺激を受けにくく、健やかな状態を保っていますが、食生活や環境、体調の変化、ストレスなどにより、バリア機能が弱まり、お肌のうるおいが不足してくると角質層にすき間ができるため、細菌や刺激物が侵入しやすくなり、皮フトラブルの原因となるのです。

健康な肌
バリア機能の低下した肌

アトピー性皮フ炎もお肌のバリア機能と関係が
ドライスキンと呼ばれる、乾燥が激しく、かゆみをともなうこともあるアトピー性皮フ炎も、バリア機能の低下と大きな関係があるといわれています。ドライスキンのお肌は、皮フの外側にある角質層がスカスカで不安定。そのすき間から細菌や刺激物が侵入して炎症をおこしやすくするのです。


 
しっかり保湿を。
  皮フのバリア機能をアップさせるためには、いつもお肌を清潔に保ち、うるおいバランスをきちんと整えておくことが大切です。お肌にやさしく、乾燥を防ぐうるおい効果のあるスキンケアで、トラブルに負けない強いお肌をめざしましょう。
 



Copyright(C) Yakult Honsha Co.,Ltd. All right Reserved.