スマートフォン用ページ

その他の乳酸菌飲料・のむヨーグルト

ジョア(Joie)は、フランス語で“喜び”を意味しています。創業以来「ヤクルト」単品のみを販売していた時期が長く続きました。「ヤクルト」は、乳酸菌 シロタ株を摂取していただくための乳製品乳酸菌飲料です。そのため、乳酸菌 シロタ株プラス栄養が摂れる商品が長く待ち望まれていましたので、文字どおり、ジョアの発売は“喜び”そのものだったのです。

関連ページ

 ストローは、容器に付いたままの状態で、上部から軽く下に押してください。ストローの先でビニールが破れ、取り出すことができます。 ストローは、とがった方をストローぐちに刺してお飲みください。

 

関連ページ

ビタミンDは腸管でのカルシウム吸収促進や骨形成に必要なビタミンであり、不足すると乳児や小児ではくる病、成人では骨軟化症の原因となります。
若い頃からカルシウムやビタミンDの摂取が不足すると、閉経後の女性や高齢者の骨粗鬆症の原因になるといわれています。

 

 

 

関連ページ

リン酸カルシウムは、無味無臭の非水溶性のカルシウム素材です。

カルシウム(1日分680mg)を1本に配合するにあたり、乳酸カルシウムのように苦味がでないため、ジョア 1日分のカルシウム&ビタミンD プレーンと同ストロベリーに使用しています。

関連ページ

ジョア(Joie)は、フランス語で“喜び”を意味しています。創業以来「ヤクルト」単品のみを販売していた時期が長く続きました。「ヤクルト」は、乳酸菌 シロタ株を摂取していただくための乳製品乳酸菌飲料です。そのため、乳酸菌 シロタ株プラス栄養が摂れる商品が長く待ち望まれていましたので、文字どおり、ジョアの発売は“喜び”そのものだったのです。

関連ページ

 ストローは、容器に付いたままの状態で、上部から軽く下に押してください。ストローの先でビニールが破れ、取り出すことができます。 ストローは、とがった方をストローぐちに刺してお飲みください。

 

関連ページ

ビタミンDは腸管でのカルシウム吸収促進や骨形成に必要なビタミンであり、不足すると乳児や小児ではくる病、成人では骨軟化症の原因となります。
若い頃からカルシウムやビタミンDの摂取が不足すると、閉経後の女性や高齢者の骨粗鬆症の原因になるといわれています。

 

 

 

関連ページ

リン酸カルシウムは、無味無臭の非水溶性のカルシウム素材です。

カルシウム(1日分680mg)を1本に配合するにあたり、乳酸カルシウムのように苦味がでないため、ジョア 1日分のカルシウム&ビタミンD プレーンと同ストロベリーに使用しています。

関連ページ

乳酸カルシウムは、乳酸とカルシウムが結合したものです。 日本人に不足しがちなカルシウムをジョアで補っていただけるよう加えています。また、乳酸カルシウムはカルシウムの含有率が高く、味の面なども考慮して使用しています。 

ジョア 1日分のマルチビタミン ブルーベリーとジョア 1日分の鉄&葉酸 マスカットは、1本(125ml)に、220mgのカルシウムが入っています。。

また、ヤクルトファイブ1本(80ml)には、50mgのカルシウムが入っています。

 

関連ページ

ジョア(Joie)は、フランス語で“喜び”を意味しています。創業以来「ヤクルト」単品のみを販売していた時期が長く続きました。「ヤクルト」は、乳酸菌 シロタ株を摂取していただくための乳製品乳酸菌飲料です。そのため、乳酸菌 シロタ株プラス栄養が摂れる商品が長く待ち望まれていましたので、文字どおり、ジョアの発売は“喜び”そのものだったのです。

関連ページ

 ストローは、容器に付いたままの状態で、上部から軽く下に押してください。ストローの先でビニールが破れ、取り出すことができます。 ストローは、とがった方をストローぐちに刺してお飲みください。

 

関連ページ

ビタミンB6は水溶性のビタミンで、肝臓、肉類、魚類、牛乳、豆類、玄米中に多く含まれ、生体内ではたんぱく質の代謝に関与し、また血液中では赤芽球(赤血球の前駆物質)中のヘモグロビン合成過程に影響するビタミンです。ビタミンB6の摂取不足は、正常なたんぱく質代謝の維持が困難になるとともに、肌あれ、皮膚炎や口唇炎、口内炎、末梢神経炎等の症状を引き起こす要因となります。ビタミンB6は通常の食生活においてほとんど不足することはありませんが、厚生労働省は、「日本人の食事摂取基準」(2020年版)にて、ビタミンB6の推奨摂取量を18歳以上男性が1.4mg/日、女性が1.1mg/日と設定しています。

 

関連ページ

ビタミンEは小麦胚芽油、大豆油、卵に多く含まれる脂溶性ビタミンで、一般的に、抗酸化作用により活性酸素からの細胞の酸化を防ぎ、老化防止を助け、皮膚のシミやシワを防ぐことが期待できるとされています。ビタミンEの摂取量が少ない状態が続くと、活性酸素により細胞が酸化され損傷を受け、皮膚のシミやシワの原因となることから、日常の食生活において、ビタミンEを摂取することが重要です。

また、抗酸化作用により、目の神経を保護するとともに、血行を促進して筋肉の疲労回復を促すため、眼精疲労の原因である目のピント調整を司る毛様体の疲労回復が期待できるともいわれています。

 

関連ページ

ビタミンDは腸管でのカルシウム吸収促進や骨形成に必要なビタミンであり、不足すると乳児や小児ではくる病、成人では骨軟化症の原因となります。
若い頃からカルシウムやビタミンDの摂取が不足すると、閉経後の女性や高齢者の骨粗鬆症の原因になるといわれています。

 

 

 

関連ページ

乳酸カルシウムは、乳酸とカルシウムが結合したものです。 日本人に不足しがちなカルシウムをジョアで補っていただけるよう加えています。また、乳酸カルシウムはカルシウムの含有率が高く、味の面なども考慮して使用しています。 

ジョア 1日分のマルチビタミン ブルーベリーとジョア 1日分の鉄&葉酸 マスカットは、1本(125ml)に、220mgのカルシウムが入っています。。

また、ヤクルトファイブ1本(80ml)には、50mgのカルシウムが入っています。

 

関連ページ

ジョア(Joie)は、フランス語で“喜び”を意味しています。創業以来「ヤクルト」単品のみを販売していた時期が長く続きました。「ヤクルト」は、乳酸菌 シロタ株を摂取していただくための乳製品乳酸菌飲料です。そのため、乳酸菌 シロタ株プラス栄養が摂れる商品が長く待ち望まれていましたので、文字どおり、ジョアの発売は“喜び”そのものだったのです。

関連ページ

 ストローは、容器に付いたままの状態で、上部から軽く下に押してください。ストローの先でビニールが破れ、取り出すことができます。 ストローは、とがった方をストローぐちに刺してお飲みください。

 

関連ページ

砂糖からつくられる高甘味度の人工甘味料です。特徴としては、ノンカロリーで砂糖の約600倍の甘味度を有しており、甘味の質がよく、酸や熱に対する安定性も優れています。スクラロースは、WHO(世界保健機関)とFAO(国連食糧農業機関)が協力して設ける国際的な組織のひとつであるJECFA(合同食品添加物専門家会議)の評価を受け、安全性が確認されており、また、世界80以上の国と地域で食品添加物として使用認可されています。

関連ページ

葉酸は水溶性のビタミンで、レバー、ほうれん草、豆類等に多く含まれ、生体内では小腸で吸収され、肝臓に貯蔵されます。 葉酸は核酸成分の生成や、たんぱく質の合成に関与する生体にとって必須の栄養素ですが、体内では合成できないため、食品から摂取しなければなりません。 葉酸の摂取不足は、赤血球合成を抑制するため、貧血等の症状を引き起こす要因となります。特に、妊娠中や授乳期の女性では血清中の葉酸は優先的に胎盤や胎児へ運ばれる等必要量が増大するため、葉酸の欠乏が起こりやすいことから、それを補うことが重要です。 葉酸は通常の食生活においてほとんど不足することはありませんが、厚生労働省は、「日本人の食事摂取基準」(2020年版)にて、葉酸の推奨摂取量を18歳以上男女ともに240μg/日と設定しています。

「ミルミルS」、「1日分の鉄&葉酸ヨーグルト」、「ジョア 1日分の鉄&葉酸 マスカット」には240μg/本の葉酸が含まれています。

また、「きになる野菜1食分のマルチビタミン トマト&赤ぶどう」には80~387μg/個の葉酸が含まれています。

 

関連ページ

ビタミンDは腸管でのカルシウム吸収促進や骨形成に必要なビタミンであり、不足すると乳児や小児ではくる病、成人では骨軟化症の原因となります。
若い頃からカルシウムやビタミンDの摂取が不足すると、閉経後の女性や高齢者の骨粗鬆症の原因になるといわれています。

 

 

 

関連ページ

砂糖からつくられる高甘味度の人工甘味料です。特徴としては、ノンカロリーで砂糖の約600倍の甘味度を有しており、甘味の質がよく、酸や熱に対する安定性も優れています。スクラロースは、WHO(世界保健機関)とFAO(国連食糧農業機関)が協力して設ける国際的な組織のひとつであるJECFA(合同食品添加物専門家会議)の評価を受け、安全性が確認されており、また、世界80以上の国と地域で食品添加物として使用認可されています。

関連ページ

多量に摂取することにより、疾患が治癒したり、より健康が増進したりするものではありません。

本品は機能性表示食品です。1日当たりの摂取目安量である1日1本を継続飲用してください。

また、乳アレルギーの方は飲用をお控えください。

関連ページ

ビフィドバクテリウム ビフィダム YIT 10347株(以下、B. ビフィダム Y株)は、ヤクルト独自のビフィズス菌です。強化培養により酸素耐性が高く生残性を向上させた菌株です。

機能性表示食品の「BF-1」は、ビフィズス菌 B.ビフィダム Y株を使用した乳製品乳酸菌飲料です(機能性関与成分:B.ビフィダム Y株(B.ビフィダム YIT 10347)30億個、届出表示:本品にはB.ビフィダム Y株(B.ビフィダム YIT 10347)が含まれるので、食後の胃の負担をやわらげる機能があります)。

一時的な胃の負担を感じる健常成人の「食後の胃の負担をやわらげる」機能がある乳製品乳酸菌飲料(無脂乳固形分5.5%)です。

関連ページ

「ビフィドバクテリウム ビフィダム Y株」(B. ビフィダム Y株)を使用していますが、その菌種名であるビフィダム(bifidum)の略称、ビフィズス菌(B. ビフィダム・ヤクルト株)から作り出した菌株であるB. ビフィダム Y株を、最初に商品として使用したことから「1」を付けて、「BF-1 (ビーエフワン)」と名づけました。

関連ページ

容器は、外側からポリエチレン → 紙 → ポリエチレン → アルミ箔 →  ポリエチレンでできています。飲用後の容器は、紙として分別処分してください。

なお、ストローおよびストローの袋は、プラスチックとして分別処分してください。

 

関連ページ

ヤクルトの乳製品は、子ども(赤ちゃん、幼児等)もお飲みいただけます。また、妊婦や授乳期の女性がお飲みになっても基本的には問題ありません。

しかし、妊娠中は、身体の状態が通常とは異なるため、何か気になることがあれば、念のためお医者さまへのご相談をお願いします。

なお、「ヤクルト400W」、「Yakult(ヤクルト)1000」、「Y1000」、「BF-1」は、機能性表示食品であり、「本品は、疾病に罹患している者、未成年者、妊産婦(妊娠を計画している者を含む。)及び授乳婦を対象に開発された食品ではありません。」とパッケージ等にも記載してあるとおり、未成年者や妊産婦、病気の方を対象としていない商品です。

食品としてお飲みいただくことに安全上の問題はありません。

関連ページ

「BF-1」は機能性表示食品であり、疾患に対しての機能を期待してお飲みいただくことはお控えください。ただし、食品ですので、薬を服用しているお客さまが飲用しても問題ないと考えます。 しかしながら、お客さまの飲まれているお薬やお身体の状況等はわかりかねますので、特に胃に関する薬を服用されている場合は、かかりつけの医師や薬剤師等の専門家にご相談をお願いいたします。 ※「摂取上の注意」:多量に摂取することにより、疾病が治癒したり、より健康が増進するものではありません。食後の胃の負担が次の食事にも影響する(一過性でない)場合、長時間維持する(慢性的な)場合、日常生活に支障を及ぼす(つらいと感じる)場合は、医師の診察をお勧めします。

関連ページ

食品ですので、基本的にいつお飲みいただいてもかまいません。毎日継続してご飲用していただきたい商品なので、1日1本を目安に1日の生活の中で、続けやすい時間帯にお召しあがりください。

おしえて!ヤクルトマン「いつでも篇」

関連ページ

食品ですので、基本的にいつお飲みいただいてもかまいません。毎日継続してご飲用していただきたい商品なので、1日1本を目安に1日の生活の中で、続けやすい時間帯にお召しあがりください。

おしえて!ヤクルトマン「いつでも篇」

関連ページ

ヤクルトの乳製品は、子ども(赤ちゃん、幼児等)もお飲みいただけます。

赤ちゃんは、ミルク以外のもの(離乳食等)を口にする頃からお与えいただけます。ぬるま湯(人肌程度)で2倍くらいに薄め、赤ちゃんの便や健康状態をみながら、ごく少量から与えはじめてください。

その際、哺乳びんの使用は避け、スプーンなどを用いてください。これは、赤ちゃんの食機能の発達を促すことや、口腔衛生上のことを考慮してのことです。また、母乳やミルクの代わりにはなりませんので、それらの摂取量に影響を及ぼさないように量を調節してお与えください。 

2019年3月に改訂された「授乳・離乳の支援ガイド」(厚生労働省)の「Ⅱ-2 2.離乳の支援の方法」では、離乳食の開始の時期は「生後5~6か月ごろが適当」であり、また、それを判断する発達の目安として「首のすわりがしっかりして寝返りができ、5秒以上座れる、スプーンなどを口に入れても舌で押し出すことが少なくなる(哺乳反射の減弱)、食べ物に興味を示すなどがあげられる」「月齢はあくまでも目安であり、子どもの様子をよく観察しながら、親が子どもの「食べたがっているサイン」に気がつくように」と記述されています。

 

※哺乳反射は、生まれた時から備えもつ乳首を取り込むための不随意運動で、大脳の発達とともに減少し、生後5~7か月頃に消失する。

関連ページ

ミルミルは、昭和53(1978)年の発売当初は、主として乳幼児に毎日お飲みいただくことを目的としていました。そこでミルクから連想し、お子さまに好まれ、覚えやすく、言いやすい、かわいらしい名前として「ミルミル」と名づけ、多くのお客さまに親しまれてきました。

その後、一時期「Bifiene(ビフィーネ)」ブランドとなりましたが、平成22(2010)年、ビフィズス菌を改めて訴求するために、多くのお客さまに親しみを感じていただいている「ミルミル」ブランドを復活させました。

関連ページ

お飲みいただいて結構です。ただし、妊娠中や授乳期の女性は、葉酸やビタミンB6などの必要量が増大するためそれを補うことが必要です。そのため、妊産婦の方には女性に不足しがちな鉄をはじめ、ビタミンB6やビタミンB12 、葉酸などが含まれている「ミルミルS」をおすすめします。

なお、妊娠中は、身体の状態が通常とは異なるため、何か気になることがあれば、念のためお医者さまへのご相談をお願いします。

関連ページ

ビフィズス菌は、酸素に弱いので、ミルミル類の容器は酸素を通さない5重構造の紙容器を採用しています。容器は、外側からポリエチレン→紙→ポリエチレン→アルミ箔→ポリエチレンでできています。飲用後の容器は、紙として分別処分してください。

なお、ストローおよびストローの袋は、プラスチックとして分別処分してください。

関連ページ

ストローは、容器に付いたままの状態で、上部から軽く下に押してください。ストローの先でビニールが破れ、取り出すことができます。ストローは、とがった方をストローぐちに刺してお飲みください。

関連ページ

ヤクルトの乳製品は、毎日お飲みいただくことをお勧めします。

人の腸の中には有用菌や有害菌などいろいろな菌がすんでいます。私たちが健康でいられるのは有用菌が有害菌を抑えて、腸内にすむ細菌が一定のバランスを維持しているためと考えられています。ところが、そのバランスは毎日の食事やストレス、服用する薬などいろいろな要因によりくずれ、有用菌が減少することがあります。そのような状態が続くと体の不調につながりやすくなるため、普段から生きて腸までとどく乳酸菌 シロタ株やビフィズス菌 BY株をとり入れることをお勧めします。乳酸菌 シロタ株やビフィズス菌 BY株は腸に定着しませんので、毎日続けることが大切です。

おしえて!ヤクルトマン「続ける篇」

 

関連ページ

食品ですので、基本的にいつお飲みいただいてもかまいません。毎日継続してご飲用していただきたい商品なので、1日1本を目安に1日の生活の中で、続けやすい時間帯にお召しあがりください。

おしえて!ヤクルトマン「いつでも篇」

関連ページ

ヤクルトの乳製品は、子ども(赤ちゃん、幼児等)もお飲みいただけます。

赤ちゃんは、ミルク以外のもの(離乳食等)を口にする頃からお与えいただけます。ぬるま湯(人肌程度)で2倍くらいに薄め、赤ちゃんの便や健康状態をみながら、ごく少量から与えはじめてください。

その際、哺乳びんの使用は避け、スプーンなどを用いてください。これは、赤ちゃんの食機能の発達を促すことや、口腔衛生上のことを考慮してのことです。また、母乳やミルクの代わりにはなりませんので、それらの摂取量に影響を及ぼさないように量を調節してお与えください。 

2019年3月に改訂された「授乳・離乳の支援ガイド」(厚生労働省)の「Ⅱ-2 2.離乳の支援の方法」では、離乳食の開始の時期は「生後5~6か月ごろが適当」であり、また、それを判断する発達の目安として「首のすわりがしっかりして寝返りができ、5秒以上座れる、スプーンなどを口に入れても舌で押し出すことが少なくなる(哺乳反射の減弱)、食べ物に興味を示すなどがあげられる」「月齢はあくまでも目安であり、子どもの様子をよく観察しながら、親が子どもの「食べたがっているサイン」に気がつくように」と記述されています。

 

※哺乳反射は、生まれた時から備えもつ乳首を取り込むための不随意運動で、大脳の発達とともに減少し、生後5~7か月頃に消失する。

関連ページ

ガラクトオリゴ糖は乳糖にガラクトースが結合したオリゴ糖であり、人の母乳中にも含まれるオリゴ糖の一種です。人の消化酵素によって消化されにくく、消化管下部(小腸や大腸)に到達し、そこに常在するビフィズス菌や乳酸菌に利用され、特にビフィズス菌を増殖させます。

 

 

 

     

 

 

 

関連ページ

ビタミンB6は水溶性のビタミンで、肝臓、肉類、魚類、牛乳、豆類、玄米中に多く含まれ、生体内ではたんぱく質の代謝に関与し、また血液中では赤芽球(赤血球の前駆物質)中のヘモグロビン合成過程に影響するビタミンです。ビタミンB6の摂取不足は、正常なたんぱく質代謝の維持が困難になるとともに、肌あれ、皮膚炎や口唇炎、口内炎、末梢神経炎等の症状を引き起こす要因となります。ビタミンB6は通常の食生活においてほとんど不足することはありませんが、厚生労働省は、「日本人の食事摂取基準」(2020年版)にて、ビタミンB6の推奨摂取量を18歳以上男性が1.4mg/日、女性が1.1mg/日と設定しています。

 

関連ページ

葉酸は水溶性のビタミンで、レバー、ほうれん草、豆類等に多く含まれ、生体内では小腸で吸収され、肝臓に貯蔵されます。 葉酸は核酸成分の生成や、たんぱく質の合成に関与する生体にとって必須の栄養素ですが、体内では合成できないため、食品から摂取しなければなりません。 葉酸の摂取不足は、赤血球合成を抑制するため、貧血等の症状を引き起こす要因となります。特に、妊娠中や授乳期の女性では血清中の葉酸は優先的に胎盤や胎児へ運ばれる等必要量が増大するため、葉酸の欠乏が起こりやすいことから、それを補うことが重要です。 葉酸は通常の食生活においてほとんど不足することはありませんが、厚生労働省は、「日本人の食事摂取基準」(2020年版)にて、葉酸の推奨摂取量を18歳以上男女ともに240μg/日と設定しています。

「ミルミルS」、「1日分の鉄&葉酸ヨーグルト」、「ジョア 1日分の鉄&葉酸 マスカット」には240μg/本の葉酸が含まれています。

また、「きになる野菜1食分のマルチビタミン トマト&赤ぶどう」には80~387μg/個の葉酸が含まれています。

 

関連ページ

 コラーゲンは、高等動物の体内に含まれるたんぱく質の一種で、体内の全たんぱく質の約30%を占め、皮膚、腱、骨、軟骨、歯、血管壁等に多く含まれています。特に皮膚や腱の中の有機物質の70~85%はコラーゲンであり、皮膚の張り、弾力をつかさどっています。また、細胞間をつなぐ物質であるだけでなく、細胞に栄養や酸素を供給し、かつ細胞から老廃物を排出する経路にもなっており、コラーゲンの新陳代謝そのものが体内の各組織の代謝に大きな役割を果たしています。ミルミルSには100mg/本のコラーゲンが含まれています。

 

関連ページ

砂糖からつくられる高甘味度の人工甘味料です。特徴としては、ノンカロリーで砂糖の約600倍の甘味度を有しており、甘味の質がよく、酸や熱に対する安定性も優れています。スクラロースは、WHO(世界保健機関)とFAO(国連食糧農業機関)が協力して設ける国際的な組織のひとつであるJECFA(合同食品添加物専門家会議)の評価を受け、安全性が確認されており、また、世界80以上の国と地域で食品添加物として使用認可されています。

関連ページ

ミルミルSの「S」は、「SELECT(選ばれた)」、「SUPPLEMENT(補給)」等を包括したものです。

関連ページ

お飲みいただいて結構です。妊娠中や授乳期の女性は、葉酸やビタミンB6などの必要量が増大するためそれを補うことが必要です。ミルミルSには、女性に不足しがちな鉄をはじめ、ビタミンB6やビタミンB12 、葉酸などが含まれていますので、ぜひお飲みください。

なお、妊娠中は、身体の状態が通常とは異なるため、何か気になることがあれば、念のためお医者さまへのご相談をお願いします。

関連ページ

ビフィズス菌は、酸素に弱いので、ミルミル類の容器は酸素を通さない5重構造の紙容器を採用しています。容器は、外側からポリエチレン→紙→ポリエチレン→アルミ箔→ポリエチレンでできています。飲用後の容器は、紙として分別処分してください。

なお、ストローおよびストローの袋は、プラスチックとして分別処分してください。

関連ページ

ビタミンEは小麦胚芽油、大豆油、卵に多く含まれる脂溶性ビタミンで、一般的に、抗酸化作用により活性酸素からの細胞の酸化を防ぎ、老化防止を助け、皮膚のシミやシワを防ぐことが期待できるとされています。ビタミンEの摂取量が少ない状態が続くと、活性酸素により細胞が酸化され損傷を受け、皮膚のシミやシワの原因となることから、日常の食生活において、ビタミンEを摂取することが重要です。

また、抗酸化作用により、目の神経を保護するとともに、血行を促進して筋肉の疲労回復を促すため、眼精疲労の原因である目のピント調整を司る毛様体の疲労回復が期待できるともいわれています。

 

関連ページ

ストローは、容器に付いたままの状態で、上部から軽く下に押してください。ストローの先でビニールが破れ、取り出すことができます。ストローは、とがった方をストローぐちに刺してお飲みください。

関連ページ

ヤクルトの乳製品は、毎日お飲みいただくことをお勧めします。

人の腸の中には有用菌や有害菌などいろいろな菌がすんでいます。私たちが健康でいられるのは有用菌が有害菌を抑えて、腸内にすむ細菌が一定のバランスを維持しているためと考えられています。ところが、そのバランスは毎日の食事やストレス、服用する薬などいろいろな要因によりくずれ、有用菌が減少することがあります。そのような状態が続くと体の不調につながりやすくなるため、普段から生きて腸までとどく乳酸菌 シロタ株やビフィズス菌 BY株をとり入れることをお勧めします。乳酸菌 シロタ株やビフィズス菌 BY株は腸に定着しませんので、毎日続けることが大切です。

おしえて!ヤクルトマン「続ける篇」

 

関連ページ

毎日1本、継続してご飲用ください。毎日1本の飲用試験により、GABAによる血圧上昇抑制作用を確認しております。そのため、特定保健用食品としての摂取目安量も1日1本です。また、飲むタイミングとしては、いつお飲みいただいても結構です。

関連ページ

たくさん飲んでも効果に変わりはありません。また、一度に多く飲んでも効果の持続が期待できるものでもありません。1日1本を継続することをおすすめします。

関連ページ

アミノ酸の一種です。一般的には、穀類、野菜類、果実類のほか、ヒトの脳や消化管にも存在しています。GABAとは「Gamma Amino Butyric Acid」の略です。※Butyric Acid:酪酸

GABAは血管を収縮させるはたらきのある物質(ノルアドレナリン)の分泌を抑制して血管の収縮を緩和し、血圧降下作用があることが確認されています。プレティオには、1本(100ml)当たり10mg以上のGABAが含まれています。プレティオに含まれるGABAは、2種類の乳酸菌(乳酸菌 シロタ株とラクトコッカス ラクチス)の共同作用によりつくられるものです(添加したものではありません。)。乳に含まれるたんぱく質を乳酸菌 シロタ株が分解して、グルタミン酸というアミノ酸をつくり出します。次に、ラクトコッカス ラクチスがこのグルタミン酸を利用してGABAをつくります。(この製法はヤクルトの特許です(特許第3172150号)。)

関連ページ

GABAは摂取後、消化管から血中に移行し、血管を収縮させるはたらきのある物質(ノルアドレナリン)の分泌を抑制します。それにより血管の収縮を緩和し、血圧の上昇を抑制すると考えられています。

関連ページ

砂糖からつくられる高甘味度の人工甘味料です。特徴としては、ノンカロリーで砂糖の約600倍の甘味度を有しており、甘味の質がよく、酸や熱に対する安定性も優れています。スクラロースは、WHO(世界保健機関)とFAO(国連食糧農業機関)が協力して設ける国際的な組織のひとつであるJECFA(合同食品添加物専門家会議)の評価を受け、安全性が確認されており、また、世界80以上の国と地域で食品添加物として使用認可されています。

関連ページ

ストローは、容器に付いたままの状態で、上部から軽く下に押してください。ストローの先でビニールが破れ、取り出すことができます。ストローは、とがった方をストローぐちに刺してお飲みください。

関連ページ

お客さま相談センター

  • よくあるご質問
  • 商品分類から探す
  • その他の内容から探す
  • キーワードから検索
  • 内容成分・アレルギー表示

商品等に関するお問い合わせ、ご意見、ご要望は下記までご連絡ください。

お客さま相談センター 0120-11-8960

受付時間:9:00~17:30(土・日・祝日・年末年始を除く) ※お客さまとのお電話は、内容を正確にうけたまわるため、録音させていただく場合があります。

  • お近くの販売会社・宅配センターを探す
  • 化粧品に関して
  • 医薬品に関して
  • 工場見学へいこう
株式会社ヤクルト本社 Youtube公式チャンネル
オリジナルサイト
bf-1
ジョア カラダにしあわせ。
Wの強さでお通じ改善 ヤクルト400W
ミルミル
ヤクルトのおいしいはっ酵果実
蕃爽麗茶
ラクトデュウ