スマートフォン用ページ

お茶類

お食事ごとに200ml程度を目安にお飲みください。    ホットでもコールドでもお飲みいただけます。ホットでお飲みになる際は、容器のままあたためず、やかんやカップに移してから加温してください。

食事と一緒に飲用することで、食後血糖値の上昇を抑制します。

関連ページ

お飲みいただいてかまいません。血糖値対策中の方にも毎日飲んでいただけます。

糖尿病の薬を服用中の方が本品を飲んでも薬の作用に影響しないことが確認されています。

しかし、薬を服用中の方は、本品は治療を目的としていませんので、必ずかかりつけの医師にご相談のうえ、お飲みください。

関連ページ

飲用試験を実施した結果、鉄代謝への影響は認められませんでした。

関連ページ

ビタミンKは検出されていません。

関連ページ

グァバは和名で「蕃石榴(バンジロウ、バンザクロ)」といい、熱帯アメリカ原産のフトモモ目フトモモ科の高さ3~4mの灌木(かんぼく)または小高木で、果実はザクロ様で食用されています。現在では世界の熱帯、亜熱帯地方で広く栽培されています。

グァバは、古くから日本(沖縄県等など)、台湾などで、果実、根、葉が民間で糖尿病、下痢、歯痛、口内炎、胃潰瘍に効果があるとされてきました。

また、漢方でもグァバの若葉を日干ししたものを「蕃石榴葉(バンセキリュウヨウ)」と呼び、湿疹改善、痒み止め、あせも改善に煎じて利用されています。

グァバ葉は、長さ5~17cm、幅4~8cmの長楕円形または長倒卵形(卵を逆さにした形)で、噛むと苦味、渋味があります。

また、グァバ茶は、グァバの葉を陰干しにして乾燥させた後に焙煎し、お茶としたものです。グァバの果実は5~12cmの球形または洋梨形で、蕃果(ばんか)エキスはこの果実からエキスを抽出したものです。

関連ページ

グァバ葉ポリフェノールは、緑茶や烏龍茶には存在していない、グァバ茶独自の成分です。これらは、お茶の成分とは異なるタンニンがいくつも結合した高分子物質で、糖質の吸収を遅らせ、血糖値の上昇を抑制するはたらきが認められています。

関連ページ

グァバ葉ポリフェノールが凝集した(固まった)ものと思われます。

ヤクルト蕃爽麗茶には、糖の吸収をおだやかにするグァバ葉ポリフェノールが、高い濃度で含まれています。

しかし、時間の経過や保存温度などの外的要因によってグァバ葉ポリフェノールが結晶化して容器底部に沈殿・付着(内容液中に浮遊、飲み口部に付着)する場合があります。

この現象は、一般的なお茶でも茶渋としてみられるもので、製造時にはまったくありませんが、その後、自然現象として発生します。この結晶は茶葉由来の成分ですので、ご飲用にはまったく問題ありません。

なお、沈殿物等があっても、内容液中に含まれるグァバ葉ポリフェノールの量は、すべて規格値以上含まれることを確認していますので、ご安心ください。

関連ページ

グァバの栽培に際して、農薬は使用していません。

グァバ葉および蕃果に関しては残留農薬分析を行い、いずれも検出限界以下であることを確認したものを使用しています。

関連ページ

バイオマス(biomass)とは、バイオ(bio:生物資源)とマス(mass:量)を意味する言葉で、転じて、石炭や石油等の枯渇性の化石資源ではなく、再生可能な生物由来の産業資源をバイオマスと呼んでいます。日本政府が定めた「バイオマス・ニッポン総合戦略」では、「再生可能な、生物由来の有機性資源で化石資源を除いたもの」と定義されています。

本品のシュリンクラベルに使用されているインキは、綿、パルプ、米ぬか、植物油、被子植物の種等の生物由来の資源(バイオマス)からインキ成分を抽出して製造した、環境にやさしいバイオマスインキを使用しています。

また、(一社)日本有機資源協会において認定されるインキで、本インキを使用した包装資材には、バイオマスマークを表示することが可能です。

なお、バイオマスマークは、バイオマス成分の含有率(バイオマス度)に応じて表示マークが異なり、本品で使用するバイオマスインキは白色、ニスを除く一部のカラーインクであり、バイオマス度(使用したバイオマス原料の割合)は10%です。

 

 

 

関連ページ

粉末茶ですので、1袋(粉末1g)を200ml程度の水またはお湯に溶かしてお飲みください。

1袋(粉末1g)当たりに含まれるグァバ葉ポリフェノール量は、飲料タイプの「蕃爽麗茶」200mlあたりと同量の70mgです。

作り置きは避けて、お早めにお飲みください。

※粉末清涼飲料ですので、直接口に含んで飲むことは、おすすめできません。

関連ページ

飲用試験を実施した結果、鉄代謝への影響は認められませんでした。

関連ページ

ビタミンKは検出されていません。

関連ページ

グァバの栽培に際して、農薬は使用していません。

グァバ葉および蕃果に関しては残留農薬分析を行い、いずれも検出限界以下であることを確認したものを使用しています。

関連ページ

特に影響はありません。ただし、温める場合は必ず別の容器にうつしかえてください。

関連ページ

いつお飲みいただいてもかまいませんが、フコイダンは胃壁の粘膜に働きかけますので、食事中や食後で食物が胃に入って胃が活発に活動しているときよりも、胃の中に食物がなく、胃の活動が安定しているとき(つまり食事と食事の間)の方がおすすめです。

関連ページ

爽涼健茶は原料としてオキナワモズクを使用し、胃にやさしく健康効果の期待されるフコイダンを抽出しています。ヨードについてはその製造工程で取り除かれており、当社中央研究所の分析結果では、ヨードは「検出限界0.02ppm以下」です。

関連ページ

フコイダンとは、フコースと呼ばれる単糖を主成分とし、それに硫酸基がついた多糖類で、モズク、コンブ、ワカメ、ヒジキ等の海藻類の「ぬめり」のもとです。 海藻類の中でも、沖縄モズクはフコイダンを多量に含みます。 当商品に使用しているフコイダンは、沖縄モズクから抽出したもので、当社独自の特殊製法(特許取得)によるフコイダン です。
更に詳しく見る

関連ページ

お客さま相談センター

  • よくあるご質問
  • 商品分類から探す
  • その他の内容から探す
  • キーワードから検索
  • 内容成分・アレルギー表示

商品等に関するお問い合わせ、ご意見、ご要望は下記までご連絡ください。

お客さま相談センター 0120-11-8960

受付時間:9:00~17:30(土・日・祝日・年末年始を除く) ※お客さまとのお電話は、内容を正確にうけたまわるため、録音させていただく場合があります。

  • お近くの販売会社・宅配センターを探す
  • 化粧品に関して
  • 医薬品に関して
  • 工場見学へいこう
ヤクルト届けてネット
株式会社ヤクルト本社 Youtube公式チャンネル
オリジナルサイト
ヤクルト1000
bf-1
ジョア カラダにしあわせ。
Wの強さでお通じ改善 ヤクルト400W
ミルミル
ヤクルト W
ヤクルトのおいしいはっ酵果実
毎日飲むヤクルト
蕃爽麗茶
ラクトデュウ