ヘルシスト HEALTHIST

「ヘルシスト」は、株式会社ヤクルト本社が発行する健康情報誌(1976年創刊)です。
「健康」「生命科学」「先端研究」をキーワードに、最新の研究や、健康に関する話題・気になる情報などを正確に、そしてわかりやすくお伝えします。

ヘルシスト HEALTHIST 215

平成24年9月10日発行
奇数月隔月刊
頒価324円(本体300円+税)

トップページに戻る
アウトライン

◆年間定期購読のお問い合わせ、お申し込みはこちらまでお願いします。
配送代行
文藝春秋定期購読センター
文藝春秋定期購読センター
受付時間 10:00~17:00
土・日・祝日を除く

  1. 1)上記フリーダイヤルへお申し込みいただくと、専用の振込用紙をお送りします。郵便振り込みにてお手続きください。
  2. 2)発行は奇数月の10日です。その月の3日までにお振り込みが確認できましたら、同月発行の号から発送いたします。
  3. 3)お届けには1週間前後かかります。
  4. 4)中途解約による返金はできません。

◆本誌についてのご意見をお待ちしております。
ヤクルトお客さま相談センター
ヤクルトお客さま相談センター 受付時間 9:00~17:30
土・日・祝日・年末年始を除く

スポーツと健康

【巻頭インタビュー】
効果は想像以上! 運動で変わる私たちの体

詳しくはコチラ pdfデータ

東京医科大学副学長 勝村 俊仁

きちんと体を動かすことがいかに大切か──洋の東西を問わず昔からよく言われてきたことだ。確かに運動すれば体も軽くなって爽快感もあり、前向きな気持ちを持つこともできる。このような運動の効果を実感できる場面は多いが、科学的調査でもそれは実証されている。最近では、予防効果だけでなく運動による治療という側面にも注目が集まっている。

トップアスリートへの道 運動神経と筋肉の関係

大阪体育大学体育学部准教授 石川 昌紀

日常会話のなかで、スポーツが得意な人を「運動神経が発達している」、不得手な人を「運動神経がない」といった表現をすることがよくある。この場合の“運動神経”とは、いったい何を意味しているのだろうか。「運動中の神経・筋機能の解明」が研究テーマの石川昌紀・大阪体育大学准教授に、運動に欠かせない神経と筋肉の条件、そして両者の関係について聞いた。

Healthist Column
“体で覚える”とは?

科学にもとづく練習法でもっとうまくなれる!

東京大学大学院総合文化研究科准教授 工藤 和俊

もっとうまくなりたい!──スポーツをする誰もが思うことだ。上手な人はどこが違うのか? どうすれば運動が上手になれるのか? ふだんの練習ではできていることが、どうして試合ではできないのか? 一流アスリートや音楽演奏家の高度熟練パフォーマンスを分析研究する工藤和俊准教授が語る、効率的に上達する練習法とは──。

一流選手が実践する栄養管理法

神奈川県立保健福祉大学保健福祉学部教授 鈴木 志保子

スポーツ選手の強さは、食事に基づく身体のコントロールにかかっている。極度の緊張とプレッシャーの中、北京オリンピックで金メダルを獲った女子ソフトボール選手の栄養管理を担当した鈴木氏に、スポーツをする上での栄養管理についてうかがった。

定期購読をお申し込みください。
Copyright Yakult, Co.,Ltd. All rights reserved. - 乳酸菌とともに - Yakult(ヤクルト)