ヘルシスト HEALTHIST

「ヘルシスト」は、株式会社ヤクルト本社が発行する健康情報誌(1976年創刊)です。
「健康」「生命科学」「先端研究」をキーワードに、最新の研究や、健康に関する話題・気になる情報などを正確に、そしてわかりやすくお伝えします。

ヘルシスト HEALTHIST 215

平成24年9月10日発行
奇数月隔月刊 頒価324円(本体300円+税)

◆年間定期購読のお問い合わせ、お申し込みはこちらまでお願いします。
配送代行 文藝春秋定期購読センター
文藝春秋定期購読センター
受付時間 10:00~17:00
土・日・祝日を除く

  1. 1)上記フリーダイヤルへお申し込みいただくと、専用の振込用紙をお送りします。郵便振り込みにてお手続きください。
  2. 2)発行は奇数月の10日です。その月の3日までにお振り込みが確認できましたら、同月発行の号から発送いたします。
  3. 3)お届けには1週間前後かかります。
  4. 4)中途解約による返金はできません。

◆本誌についてのご意見をお待ちしております。
ヤクルトお客さま相談センター
ヤクルトお客さま相談センター
受付時間 9:00~17:30
土・日・祝日・年末年始を除く

Healthist Point of View

- 「身は労すべし」 -
儒学者、貝原益軒(1630~1714)が著した『養生訓』は、中国の古書の知識を紹介するだけでなく、病弱だった益軒が試みて84歳に至った、実践に基づく説に説得力があり、人々を惹き付け今日まで読み継がれてきました。
益軒が養生の術として重んじたのが、気を養い、気をめぐらすということ。そのために繰り返し述べているのが、労働すること、手足を働かすこと、身を動かすことの大切さです。身を休め、じっとしていると気が滞って、終いには病気になる。よって「身は労すべし、やすめ過すべからず」。
乗物もなく、電化製品もない時代。暮らしを営むのに、毎日どれほど身体を動かさなければいけなかったことでしょう。それでもなお足りないという。現代に生きる私たちは、すべからく身を休め過ぎと自覚しなければいけません。

Special Features 1 スポーツと健康
スポーツと健康

体を動かして消費エネルギーを増やしましょうと、最近はスポーツに注目が集まっています。ロンドン五輪で一流アスリートの姿を見て、何かスポーツをやってみようと思い立った方も多いのではないでしょうか。ただ、一般的に運動で消費するエネルギーは思いのほか少なく、それだけでは効果的な体重コントロールにつながりにくいとされています。

●効果は想像以上! 運動で変わる私たちの体
●トップアスリートへの道 運動神経と筋肉の関係
●科学にもとづく練習法でもっとうまくなれる!
●一流選手が実践する栄養管理法

アウトライン
Special Features 2
シリーズ 生活習慣病にならないために 第3回 肥満

厚生労働省によると、日本人の約3分の2が「生活習慣病」で亡くなっています。この事実は「よくない生活習慣」が死期を早める大きな原因の一つであるということを示しています。第3回の今号では肥満を取り上げました。

シリーズ 生活習慣病にならないために 第3回 肥満

●肥満に関係するだけじゃない!? 脂肪細胞の正体
●【そこが知りたい!】ダイエットを成功させる秘訣

アウトライン

誌上採録
第12回 21世紀の食と健康フォーラム

Healthist Discovery
おもしろ新発見 微生物の世界
第6回 プロバイオティクスとは何か
──基礎編3

Healthist Interview
気になる人の「気にする食卓」
第15回 山川 静夫

Healthist Essay
服部 真澄
「疑い深い小説家が試した
   ジムとエッセンシャルオイル」

Healthist Report ルポ「先端研究最前線」
山口大学時間学研究所

Healthist Journey
全国「くさうま」紀行
究極の発酵食品(沖縄県〈3〉)

Healthist Topic
管理栄養士が案内する「食育」の現場

アウトライン
Copyright Yakult, Co.,Ltd. All rights reserved. - 乳酸菌とともに - Yakult(ヤクルト)