ヘルシスト HEALTHIST

「ヘルシスト」は、株式会社ヤクルト本社が発行する健康情報誌(1976年創刊)です。
「健康」「生命科学」「先端研究」をキーワードに、最新の研究や、健康に関する話題・気になる情報などを正確に、そしてわかりやすくお伝えします。

ヘルシスト HEALTHIST 251

平成30年9月10日発行
奇数月隔月刊
頒価324円(本体300円+税)

トップページに戻る
アウトライン

◆年間定期購読のお問い合わせ、お申し込みはこちらまでお願いします。
配送代行
文藝春秋定期購読センター
文藝春秋定期購読センター
受付時間 10:00~17:00
土・日・祝日を除く

  1. 1)上記フリーダイヤルへお申し込みいただくと、専用の振込用紙をお送りします。郵便振り込みにてお手続きください。
  2. 2)発行は奇数月の10日です。その月の3日までにお振り込みが確認できましたら、同月発行の号から発送いたします。
  3. 3)お届けには1週間前後かかります。
  4. 4)中途解約による返金はできません。

◆本誌についてのご意見をお待ちしております。
ヤクルトお客さま相談センター
ヤクルトお客さま相談センター 受付時間 9:00~17:30
土・日・祝日・年末年始を除く

Healthist Insight
野本教授の腸内細菌と健康のお話⑤
ISAPP初のアジア開催とプロバイオ研究最新報告

詳しくはコチラ pdfデータ

国際プロバイオティクス-プレバイオティクス学術機関(ISAPP)が年に1回開催している学術集会(6月5~7日、シンガポール)に参加した。そのレポートを中心に紹介する。

第29回 暮らしの科学
いい匂い? 嫌な臭い? ニオイの不思議に迫る

同じニオイをかいでも、好ましく感じる人と不快に感じる人がいる。そもそも私たちがニオイを感じるのはどのような仕組みによるのだろうか? そして「いい匂いと嫌な臭い」はどこで判断が分かれるのだろうか? 今回はニオイの不思議に迫ってみた。

Healthist Journey 新食材紀行
第35回 新潟県・宮城県
新品種が目白押し――新しい米への期待度

「米離れ」に歯止めがかからない日本。しかしここにきて各自治体は続々と新たな品種を投入してきている。一方、「絶対王者」といわれてきた新潟県の魚沼産コシヒカリの昨年産米が初めて、日本穀物検定協会の食味ランキングで特Aの座を失った。日本の米は曲がり角に差し掛かっているのかもしれない。新品種の登場で、日本の米食文化は起死回生となるのだろうか。

Healthist Interview
気になる人の「気にする食卓」  第51回 セイン・カミュ (タレント)

日本生活37年というセイン・カミュさんは、妻の妊娠をきっかけにオーガニックに興味を持つようになり、現在では畑を借りて無農薬野菜の栽培にも挑戦している。その根底には、子どもには身体にいいものを食べさせて病気にならない身体をつくってほしいという思いがある。

Healthist Topic 「食育活動」最前線 第7回
第13回 食育推進全国大会 in おおいた

2006年3月に作成された食育推進基本計画において毎年6月は“食育月間”と定められたことを受け、同年から内閣府主催(2016年からは農林水産省主催)の全国規模イベントとしてスタートした食育推進全国大会。毎年、地方自治体との共催で行われており、13回目を迎えた今年は大分県で6月23~24日に行われた。約100団体が食育に関する展示・PRブースなどを出展し、講演やシンポジウムなども行われた大会の様子をレポートする。

Healthist Essay
舘野 泉
難しいから、面白い

Healthist Break
第28回 ちょっと一息 クロスワードパズル

定期購読をお申し込みください。
Copyright Yakult, Co.,Ltd. All rights reserved. - 乳酸菌とともに - Yakult(ヤクルト)