ヘルシスト HEALTHIST

「ヘルシスト」は、株式会社ヤクルト本社が発行する健康情報誌(1976年創刊)です。
「健康」「生命科学」「先端研究」をキーワードに、最新の研究や、健康に関する話題・気になる情報などを正確に、そしてわかりやすくお伝えします。

ヘルシスト HEALTHIST 252

2018年11月10日発行
奇数月隔月刊
頒価324円(本体300円+税)

トップページに戻る
アウトライン

◆年間定期購読のお問い合わせ、お申し込みはこちらまでお願いします。
配送代行
文藝春秋定期購読センター
文藝春秋定期購読センター
受付時間 10:00~17:00
土・日・祝日を除く

  1. 1)上記フリーダイヤルへお申し込みいただくと、専用の振込用紙をお送りします。郵便振り込みにてお手続きください。
  2. 2)発行は奇数月の10日です。その月の3日までにお振り込みが確認できましたら、同月発行の号から発送いたします。
  3. 3)お届けには1週間前後かかります。
  4. 4)中途解約による返金はできません。

◆本誌についてのご意見をお待ちしております。
ヤクルトお客さま相談センター
ヤクルトお客さま相談センター

※携帯電話・PHSからはご利用になれません。

受付時間 9:00~17:30
土・日・祝日・夏季休業・
年末年始を除く

スマート健康管理

ビッグデータ収集でみえてきた生活習慣と
健康の相関関係

詳しくはコチラ pdfデータ

早稲田大学スポーツ科学学術院教授/ヒューマンパフォーマンス研究所所長 川上 泰雄

2016年に一般公開された無料アプリ「メタボウォッチ」は、利用者にはメタボリックシンドロームの予防に役立ち、開発者にとっては日本人の生活習慣についてのデータを広く収集する、研究機関発信のアプリとして画期的なものだった。リリースから2年が経ち、集まったデータをもとに臨床研究が進んでいる。

現地ルポ 兵庫県加古川地域
ICTで住民の健康を支え続けて27年目の地域医療情報システム

全国各地の地域医療で進むICT(情報通信技術)。頓挫したり規模を縮小するなど、成功例は多くない。そんな中で、地域の行政・医師会等が協力し、先駆的取り組みで実稼働27年目を迎える「加古川地域保健医療情報システム」。地域に定着し、なお進化を続けている、その実情と秘訣、また次への展望を現地で探った。

百花繚乱の「アプリ開発」10年後に生き残るアプリは?

慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室/「健康医療ベンチャー大賞」実行委員 和田 真孝

今や日常に必要不可欠なツールとなったスマホ。生活の記録をデジタルデータとして記録でき、さらにAIによる画像認識やビッグデータの解析といった技術の進化に伴って、健康管理のアプリも続々と登場している。発展途上のアプリ開発において、日本初の医学部主催のビジネスコンテストとして注目を集めるのが、慶應義塾大学医学部が主催する「健康医療ベンチャー大賞」だ。

定期購読をお申し込みください。
Copyright Yakult, Co.,Ltd. All rights reserved. - 乳酸菌とともに - Yakult(ヤクルト)