ヘルシスト HEALTHIST

「ヘルシスト」は、株式会社ヤクルト本社が発行する健康情報誌(1976年創刊)です。
「健康」「生命科学」「先端研究」をキーワードに、最新の研究や、健康に関する話題・気になる情報などを正確に、そしてわかりやすくお伝えします。

ヘルシスト HEALTHIST 254

2019年3月10日発行
奇数月隔月刊
頒価324円(本体300円+税)

トップページに戻る
アウトライン

◆年間定期購読のお問い合わせ、お申し込みはこちらまでお願いします。
配送代行
文藝春秋定期購読センター
文藝春秋定期購読センター
受付時間 10:00~17:00
土・日・祝日を除く

  1. 1)上記フリーダイヤルへお申し込みいただくと、専用の振込用紙をお送りします。郵便振り込みにてお手続きください。
  2. 2)発行は奇数月の10日です。その月の3日までにお振り込みが確認できましたら、同月発行の号から発送いたします。
  3. 3)お届けには1週間前後かかります。
  4. 4)中途解約による返金はできません。

◆本誌についてのご意見をお待ちしております。
ヤクルトお客さま相談センター
ヤクルトお客さま相談センター

※携帯電話・PHSからはご利用になれません。

受付時間 9:00~17:30
土・日・祝日・夏季休業・
年末年始を除く

シリーズ第3弾 がんから身をまもる 第1回 早期発見

【特別インタビュー】
発見されればラッキー! サバイバーの「真の声」を聞く

詳しくはコチラ pdfデータ

日本対がん協会会長 垣添 忠生

がんは早期に発見すればほぼ確実に治せる病気になった。しかし、早期発見にもっとも有効な手段である検診の受診率は上がってこない。がんで死なないためには、誰もが「自分のこと」として正しく向き合うことが大切なのだ。自身がサバイバーであり、全国3500㎞を行脚して各地の患者と交流を深めてきた、日本対がん協会の垣添忠生会長に、早期発見の大切さを語っていただいた。

進化著しい多様で「低侵襲」な最新検査法

国立がん研究センター中央病院/検診センター内視鏡科検診センター長 松田 尚久

麻酔を使わない胃の内視鏡や、マンモグラフィなどの乳がん検診……受診すべきとわかっていても、面倒だ、苦しいと抵抗の強い人も多い。けれども近年では、体に負担をかけない検査法が開発され、任意型の検診が受けられるようになった。精度もアップし、痛くない・つらくない最新機器、また、がん検診の最新トレンドと課題を聞いた。

定期購読をお申し込みください。
Copyright Yakult, Co.,Ltd. All rights reserved. - 乳酸菌とともに - Yakult(ヤクルト)