スマートフォン用ページ

お知らせ

当社の株式売出し(グローバル・オファリング)が、日経ヴェリタスの「ディール・オブ・ザ・イヤー2018」において、エクイティ部門のトップ評価 (1位)を受けました。

2019年01月17日

 当社が昨年実施した株式売出し(グローバル・オファリング)が、日本経済新聞社から発行されている週刊投資金融情報専門紙「日経ヴェリタス」の「ディール・オブ・ザ・イヤー2018」において、エクイティ部門のトップ評価(1位)を受けました。

 

■「ディール・オブ・ザ・イヤー」について

銀行、信用金庫、証券会社、機関投資家など126社が回答したアンケートをもとに、部門別にランキングを作成。毎年、上位には話題性や成長期待が高い案件が入る。

 

■当社が評価されたポイントについて

「自社株買い・消却を一連のパッケージとし、新規・既存の両方の投資家に配慮した点」や「好調な業績やPR・IR活動により、株価が堅調に推移した点」などが評価されました。

お知らせ

  • ニュースリリース一覧
  • IR情報

Get ADOBE® READER®

PDFをご覧になるには、Adobe® Reader®が必要です。