献立・納入事例

高齢者施設

鰹のなめろう漁師飯 ・かぼちゃと小豆のいとこ煮 ・しらす入りニラ玉・小松菜のゆず風味おひたし

ヤクルト本社 直販営業部

メイン画像

旬の鰹を高齢者にも食べやすい「なめろう」にしました。そのまま食べても、途中からだし汁をかけてもおいしくいただける喉越しの良い主食です。相性がバツグンのかぼちゃと小豆は、薄味で仕あげました。ビタミンが豊富な小松菜は、少し早めのゆずの香りにしました。

献立画像

鰹のなめろう漁師飯

  • 所要時間15分
  • 栄養情報

    ・カロリー 272kcal

    ・塩分 0.3g

材料

鰹(生食用)
50g
しょうが
2g
長ねぎ
3g
万能ねぎ
3g
にんにく
1g
大葉しそ  
1g
みょうが
2g
白いりごま
2g
味噌
1g
1g
白飯
100g
だし汁
100g

作り方

  1. しょうが、長ねぎ、にんにく、万能ねぎは全てみじん切りにする。
  2. まな板の上で鰹を包丁で細かく叩き、①の野菜をのせてさらに叩く。
  3. ②をボウルに入れて味噌、酒を加えて混ぜ、なめろうを作る。
  4. 温かい白飯を盛った丼に大葉しそと③のなめろうをのせ、せん切りにしたみょうがと白いりごまを散らす。だし汁を添えて、お好みでかけていただく。

関連商品