乳酸菌シロタ株って?

乳酸菌シロタ株って?

一人でも多くの人に健康になってもらいたい

これはヤクルトの生みの親である医学博士の「代田 稔(しろた みのる)」の想い。
乳酸菌 シロタ株はこの想いが込められた特別な乳酸菌なのです。

ここでは、乳酸菌 シロタ株(L.カゼイ YIT 9029)の歴史と、
その特別なチカラをご紹介します。

乳酸菌シロタ株の歴史(L.カゼイ YIT 9029)

病気にかかる前に病気にかからないようにするという
「予防医学」に、いちはやく着目し、
微生物研究の道に入った医学博士の代田 稔。
彼は1930年、胃液や胆汁などの消化液にも負けず
生きて腸に到達し、悪い菌を退治する乳酸菌を発見。
この乳酸菌をさらに強化培養することに成功しました。
それが、後に【乳酸菌 シロタ株】とよばれる
ラクトバチルス カゼイ シロタ株です。

この乳酸菌を、たくさんの人に、
おとどけするため、
おいしい乳酸菌飲料として商品化。
こうして1935年、
乳酸菌飲料「ヤクルト」の販売がスタートしました。

ヤクルト創始者 代田 稔 博士 ヤクルト創始者 代田 稔
(1899~1982) 乳酸菌 シロタ株(L.カゼイ YIT 9029) 乳酸菌 シロタ株
(L.カゼイ YIT 9029)

乳酸菌シロタ株の特長(L.カゼイ YIT 9029)

生きたまま腸内に到達します
強化培養された乳酸菌 シロタ株は、胃液や胆汁などの消化液に耐えて生きたまま腸内に到達します。

生きたまま腸内に到達します

良い菌を増やし、悪い菌を減らします
乳酸菌 シロタ株を飲用したところ、もともと腸内にすむビフィズス菌が増加し、大腸菌が減少しました。

良い菌を増やし、悪い菌を減らします

良い菌を増やし、悪い菌を減らします

腸内環境を改善するチカラ
乳酸菌 シロタ株は腸内の有害物質の生成を抑えます。

腸内環境を改善するチカラ


シロタ株.jp

人も地球も健康に「Yakult」