その他の内容から探す

名前の由来

その他

  • Q.ヤクルトの工場を見学したいのですが。

    A.

    皆様に商品および企業について、よりいっそうのご理解をいただくため、工場見学のお申し込みを歓迎しています。詳細は各工場にお問い合わせください。こちらをクリック

  • Q.商品サンプルを希望しますが、どうしたらいいですか。

    A.

    お近くのヤクルトの販売会社へお問い合わせください。 こちらをクリック
  • Q.今やっているキャンペーンについて教えてください。

    A.

    ホームページのトップページ等でお知らせしております。各地域のキャンペーンについては、お近くのヤクルトの販売会社へお問い合わせください。こちらをクリック

  • Q.どのような方にお勧めですか?

    A.

    パソコンを使う機会の多い方や、読書を長時間されるなど、疲れを感じている方に勧めです。
  • Q.普通の豆乳とはっ酵豆乳では何が違いますか。

    A.

    はっ酵豆乳は普通の豆乳よりもイソフラボンが吸収しやすくなっています。

    大豆中のイソフラボンはほとんどが大豆イソフラボンアグリコンに糖が結合した配糖体の状態で存在していますが、このままでは腸管から吸収できず、腸内細菌の酵素の働きで糖の部分が分離し、腸管から吸収可能な大豆イソフラボンアグリコンとなってから吸収されます。ただし、このアグリコン化能力には個人差があります。

    本品では豆乳を乳酸菌で発酵させることにより、大豆イソフラボン中のアグリコンの割合を増やしているため、アグリコン化能力の高低にかかわらず、誰もが吸収しやすい状態の大豆イソフラボンアグリコンを一定量摂取することが可能です。

  • Q.大豆イソフラボンとアグリコンについて教えてください。

    A.

    一般的に、大豆イソフラボンは、その化学構造が女性ホルモン(エストロゲン)に似ていることから、植物エストロゲンのひとつといわれ、さまざまな生理活性作用が確認されているフラボノイドの一種です。

    大豆イソフラボンは、通常、糖が結合した構造(配糖体)をしていますが、糖がはずれた構造のものを大豆イソフラボンアグリコンといいます。大豆イソフラボン(配糖体)は、体内に取り込まれると腸内細菌の酵素の働きで、糖の部分が分離し、腸管から吸収可能な大豆イソフラボンアグリコンとなることで、さまざまな生理活性作用を示します。

    なお、大豆イソフラボン(配糖体)の含有から大豆イソフラボンアグリコンを算出するには、一般的に換算値(0.625)を用います。

    (例1)大豆イソフラボン(配糖体)10mg×0.625=大豆ソフラボンアグリコンとして 6.25mg

    (例2)大豆イソフラボン(配糖体)16mg×0.625=大豆ソフラボンアグリコンとして 10mg

     

     

  • Q.どこで買えますか。

    A.

    15包は、インターネット通販Amazonのみで販売しています。

    30包は、弊社通信販売(ヤクルトビューティエンス)のみで販売しています。詳細はヤクルトビューティエンスのホームページ(インターネットショッピング)でご確認ください。(https://www.yakult-beautiens.com/category/140)

176件中161件 ~ 176件を表示

よくあるご質問

Q&Aを商品分類から探す

  • キーワードから探す