ヘルシスト HEALTHIST

「ヘルシスト」は、株式会社ヤクルト本社が発行する健康情報誌(1976年創刊)です。
「健康」「生命科学」「先端研究」をキーワードに、最新の研究や、健康に関する話題・気になる情報などを正確に、そしてわかりやすくお伝えします。

ヘルシスト HEALTHIST 259

2020年1月10日発行
奇数月隔月刊
本体300円+税

トップページに戻る
アウトライン

◆年間定期購読のお問い合わせ、お申し込みはこちらまでお願いします。
配送代行
文藝春秋定期購読センター
文藝春秋定期購読センター
受付時間 10:00~17:00
土・日・祝日を除く

  1. 1)上記フリーダイヤルへお申し込みいただくと、専用の振込用紙をお送りします。郵便振り込みにてお手続きください。
  2. 2)発行は奇数月の10日です。その月の3日までにお振り込みが確認できましたら、同月発行の号から発送いたします。
  3. 3)お届けには1週間前後かかります。
  4. 4)中途解約による返金はできません。

◆お問い合わせはこちらまでお願いします。
ヤクルトお客さま相談センター
ヤクルトお客さま相談センター

※携帯電話・PHSからはご利用になれません。

受付時間 9:00~17:30
土・日・祝日・夏季休業・
年末年始を除く

宇宙と生命

【巻頭インタビュー】
「地球外生命」は生物学の普遍原理を変えるか

詳しくはコチラ pdfデータ

東京工業大学地球生命研究所(ELSI)
ファーストロジック・アストロバイオロジー寄付プログラム特任准教授 藤島 皓介

生命の起源を探究する目的で宇宙探索が盛んに行われている。というのも、宇宙には地球生命のもとともいえるアミノ酸が普遍的にあるからだ。しかし、アミノ酸がどのような進化を遂げて地球生物を形づくるに至ったのかは謎に満ちている。宇宙におけるアミノ酸は100種類以上見つかっており、生物学の世界観ががらりと変わるようなアミノ酸の構成を持つ生命が、宇宙のどこかに存在する可能性は大いにある。

人間中心の考えを離れると地球外生命は「存在する」

東京工業大学地球生命研究所(ELSI)副所長 教授 井田 茂

「この宇宙に地球のような水惑星があること自体が奇跡」と言ったのは劇作家の井上ひさし(『きらめく星座─昭和オデオン堂物語─』)だが、2005年、土星の衛星に熱い蒸気が確認され、2019年、35億年前の火星の水が復元された。「地球以外にも生命が存在する」可能性が高まりつつある今、「生命とは何か」の問い直しが進められている。

極限環境の「宇宙医学」は究極の「予防医学」

宇宙航空研究開発機構(JAXA)客員研究員/産業医・整形外科専門医 大島 博

人類は、1Gの重力と24時間で昼夜を繰り返す地球環境で進化を遂げてきた。一方、国際宇宙ステーションでは無重力で、45分おきに昼夜が入れ替わるので、骨量減少、筋萎縮、体内リズムの乱れなどの医学的リスクが顕在化する。これらは、現代社会の健康リスクと共通している。宇宙医学は、宇宙飛行に伴う医学的リスクを軽減し、個人やチームのパフォーマンスを維持向上させるために、究極の予防医学を行っている。

現実味を帯びてきた宇宙の「自給自足生活」

徳島大学大学院医歯薬学研究部生体栄養学分野教授 宇宙栄養研究センター センター長 二川 健

民間企業による「宇宙旅行」が実現しつつある現在、宇宙がどんどん身近になってきている。月や火星への旅行は言うに及ばず、宇宙に住むことを視野に入れた研究も進んでいる。しかし、地球とはまったく異なる過酷な宇宙環境で、人間はどうやったら暮らしていけるのか―。食料確保や健康維持などの課題を克服するには、地球環境とは違ったアプローチが必要になってくるという。

定期購読をお申し込みください。
Copyright Yakult, Co.,Ltd. All rights reserved. - 乳酸菌とともに - Yakult(ヤクルト)