TOPICS

2013年12月25日 選手

前回のジュグナ選手、キマニ選手へのインタビューに引き続き、(→★前回のインタビュー

新入社員インタビューの第2弾、山﨑選手、福士選手へのインタビューをお届けします。

(インタビュアー:川口将宏選手)

【左:福士選手、右:山﨑選手】

----------------------------------------------------------------------------------------

―陸上を始めたきっかけは何ですか?

山﨑)本格的に始めたのは高校からです。中学校3年時の冬に父から自分の背中を押してくれる内容の手紙をもらい、野球を続けるつもりでしたが、陸上をやることに決めました。

福士)小学校3年生の頃から市の陸上教室に参加していましたが、サボりがちでした。中学校に入ると、陸上に精通した先生がおり、そこから本格的に始めました。

 

―目標とする選手や好きな選手はいますか?

山﨑)申し訳ないのですが、特にいません。誰かになれるわけではないので、自分がどういう選手になりたいかを考えて取り組んでいます。

福士)好きな選手は福士加代子選手です。笑顔で走る姿がカッコイイと思いました。

 

―練習や日々の生活で気をつけていることはありますか?

山﨑)学生の頃はケガが多かったので、ストレッチを入念に行うなどして、ケガの防止に努めています。

福士)食生活を大切にしています。3食の栄養バランスをよく考え、よく噛んで食べるようにしています。

また、ジャンクフードを食べないようにしています。

 

―試合前に心がけていることはありますか?

山﨑)前日はお風呂につかりません。疲れを出さないようにするためです。また、当日は必ずカステラを食べます。

福士)前日にシュークリームを食べます。普段、食べないデザートを食べることでテンションを上げています。

 

―オフの日は何をして過ごしますか?

山﨑)よくショッピングに出かけます。もしくは寝ています。

福士)部屋の掃除をしたり、TVを見たり、ゲームをしたり、あとは寝たりしています。

 

-今までに印象に残っている試合はありますか?

山﨑)高校3年時に出場した大分国体です。全国入賞したことが忘れられない思い出です。

福士)今年の箱根駅伝です。当日走ることができず、チームは総合優勝しましたが、悔しい経験をしたからです。

 

-学生から社会人となり、競技面や生活面で何か変わったことはありますか?

山﨑)会社から支援されていることで競技に対する責任感をより持つようになりました。

福士)一つ一つの行動に自分で考えることの重要性を肌で感じ、11日を大切に過ごすようになりました。

 

-ニューイヤー駅伝の予選を経験して何か感じたことはありますか?

山﨑)チーム4位は良い結果ですが、選手としての走りで貢献できなかったのは悔しかったです。

福士)チームに新しい風を吹かせられなかったのが悔しいです。

 

-今後の目標(個人・駅伝)は何ですか?

山﨑)個人としてはトラック種目やハーフマラソンでの自己記録更新です。

   ニューイヤー駅伝はとにかく選手として走りたいです。

福士)まずはトラック種目(1500m5000m)で日本のトップを目指したいです。

   ニューイヤー駅伝はできれば1区を走りたいです。

 

-応援してくださる方々に一言!

山﨑)精一杯がんばりますので、これからも応援よろしくお願いします!

福士)ヤクルトで育んだこの健康な身体をフルに活かして、頑張ります!応援よろしくお願いします!!

 

インタビュー風景

【左:インタビュアーの川口選手】

----------------------------------------------------------------------------------------

新入社員4名の活躍にぜひご期待ください。

2013年11月08日 選手

今年の4月に、新たに4人の選手がヤクルト陸上競技部に加わりました。

そこで、新人選手インタビューを2回にわたってお届けします。

今回は、外国人2選手にインタビュー、ケニア出身のデビッド・ ジュグナ選手、ベナード・ キマニ選手をご紹介します。

【インタビュアー:川口将宏選手、通訳:ダニエル・ジェンガ選手】

 

【左:キマニ選手、右:ジュグナ選手】

----------------------------------------------------------------------------------------

--陸上を始めたきっかけは?

ジュグナ)きっかけは中学の時の学校のマラソン大会です。

キマニ)2009年に始めました。きっかけは学校のマラソン大会です。

 

--目標とする陸上選手は?

ジュグナ)ダニエル・ジェンガ選手(ヤクルト陸上競技部)です。

キマニ)故サムエル・ワンジル選手(ケニア代表・北京五輪マラソン金メダリスト)です。

 

--練習や日々の生活で気をつけていることはありますか?

ジュグナ)ストレッチや体操を入念に行い、ケガをしないように心がけています。

キマニ)疲労を回復させるために食事をしっかりと取り、よく寝るようにしています。

 

--試合前に心がけていることはありますか?

ジュグナ)お祈りをします。

キマニ)お祈りをします。

 

--この夏に初めて駅伝を経験しましたが、何か感じたことはありますか?

ジュグナ)緊張しましたが、駅伝の雰囲気を味わえたので、この経験を生かしたいです。また、駅伝はおもしろかったです。

キマニ)初めてのことで緊張しましたが、良い経験となりました。この経験を次の駅伝に生かしたいです。

 

--オフの日は何をして過ごしますか?

ジュグナ)寮で休んだり、買い物に行ったりします。

キマニ)寮で休みながら、映画を見たりします。

 

--日本に来て、驚いたことはありますか?

ジュグナ)日本人は働き者だと思いました。

キマニ)建物がきれいで、経済が発達している国だと思いました。

 

--日本に来て、おいしかった食べ物は何ですか?

ジュグナ)パスタ(ミートソース)

キマニ)カレーライス

 

--今後の目標は何ですか?

ジュグナ)駅伝で区間賞をとり、チームに貢献して国際的なランナーになりたいです。

キマニ)駅伝でチームのために順位を上げて、常に良い成績を収めるランナーになりたいです。

 

----------------------------------------------------------------------------------------

初めての海外となる日本での生活が始まった両選手。

実業団の陸上選手としての生活も、ここからスタートしました。スーツも革靴も通勤も、初体験!

今後の活躍にご期待ください。

 

インタビュー風景

【左:通訳のジェンガ選手(ケニア出身)】