スマートフォン用ページ

サイエンスレポート

NO.27 高齢者の上気道感染症発症リスク低減におけるプロバイオティクスの可能性

NO.27 高齢者施設入所者の感染症リスク低減における乳酸菌飲料の飲用効果

 人は年に数回、上気道感染症に罹患するといわれています。通常は1週間程度で治りますが、免疫力の低下している高齢者では気管支炎や肺炎などの合併症を発症することが少なくありません。
本レポートでは、高齢者の上気道感染症に対するL.カゼイ・シロタ株を含む乳飲料の継続飲用の影響について紹介します。

1. 上気道感染症(かぜ症候群)について

2. デイケア施設に通う在宅高齢者におけるL. カゼイ・シロタ株乳飲料の飲用効果

詳細はこちらから
PDF:2.76MB

バックナンバー

研究開発

  • ヤクルト中央研究所
  • サイエンスレポート