スマートフォン用ページ

サイエンスレポート

NO.32 シンバイオティクス療法の最前線─周術期での感染防御を中心として─

NO.32 シンバイオティクス療法の最前線─周術期での感染防御を中心として─

 周術期の患者における感染症は、患者の予後を左右する大きな問題です。
 本レポートでは、近年、無作為化比較試験による研究報告が蓄積されているシンバイオティクス療法の有効性について、周術期を中心とした事例を紹介しながら解説します。

1. シンバイオティクスの概念と、その実用化

2. 消化器外科領域

3. 救急救命領域

4. その他の領域への拡大

詳細はこちらから
PDF:2.99MB

バックナンバー

研究開発

  • ヤクルト中央研究所
  • サイエンスレポート