TOPICS

2015年11月30日 お知らせ

11/28(土)に行われた日野自動車レッドドルフィンズ戦の結果をおしらせします。

前節の日本IBMビッグブルー戦では、リーグ戦初勝利を決め勢いに乗るIBMを相手にヤクルトレビンズらしいラグビーが展開できず、
苦しみながら1点差で逃げ切るという戦いとなりました。
なんとか現状の停滞気味な雰囲気を一蹴し、リーグ戦最終戦に臨めるよう練習を重ねてきました。
シーズン成績5勝3敗となり、過去最高更新をさらに伸ばす一戦でしたが、結果は13-38で敗戦しました。

横河電機戦から続く3連戦と今シーズンの最終戦となった日野自動車レッドドルフィンズ戦は、すっかり冬らしくなり、気温はそこまで上がらない中でしたが、快晴の空の下、試合を行うことができました。
近年選手強化や環境強化を行っている日野自動車は、強力な外国人のコンタクトプレーや経験の豊富な日本人選手など、かなり強力なチームとなり、昨シーズンも日野自動車には敗戦を喫しています。

試合は、開始直後に日野自動車のセットプレーの要となる選手の負傷退場もあり、警戒していたセットプレーで積極的に攻めることができました。
しかし、日野自動車の積極的なアタックと、前に出てくるディフェンスに押され、両チームとも決定機を迎えられない時間が続きます。

相手の反則を誘い、レビンズは今シーズン自信を持っているラインアウトからのモールを仕掛けますが、日野自動車ディフェンスに阻まれトライができません。
日野自動車のアタックも、レビンズが今年練習を取り組んできたセットの早いディフェンスで前へ出ることで、得点を許しません。

前半途中までに相手ペナルティからのPGを2本獲得し、レオン・エリソンがきっちり両方決め、先制とリードを広げます。
両チームとも何度かあった決定機を決められないまま試合は進みましたが、前半30分に日野自動車ボールのラインアウトからモールとサイド攻撃を受け、そのまま展開され日野自動車にトライを奪われてしまいます。
前半はレビンズの攻勢が続きましたが、トライに結ばれず6-5の僅差のまま前半を終了します。

後半開始からすぐ、レビンズのディフェンスに対応してきた日野自動車の勢いを受けてしまう展開となりました。
日野自動車のサインプレーや、インパクトプレイヤーにディフェンスを大きく下げられ2本立て続けにトライを奪われ6-19と点差を開かれてしまいます。
相手の反則からPGを獲得し、点差を縮めるためにPGを狙いますがこれを惜しくも外してしまいます。
その後もラインアウトからの展開で1本トライを奪われさらに点差を広げられてしまいます。

6-38と点差を広げられますが、このままでは終わることのできません。
後半35分にゴール前左ラインアウトからモールを形成しBKのメンバーもなだれ込み、意地のトライを奪います。

しかし、その後は両チームとも激しいディフェンスを見せ大きな得点の動きは無く、13-38でノーサイドとなりました。

最終戦では昨年敗戦した日野自動車への雪辱を晴らす事ができず、敗戦となってしまいましたが、
今シーズン5勝4敗現リーグに昇格して以来初めての勝ち越し、最高勝ち点24という結果を残しました。

今シーズンは釜石SW戦の釜石市からはじまり、秩父宮競技場で2試合、戸田グラウンドで2試合と本当に多くのお客様にご来場いただき、熱い声援を頂きました。
天候の悪い日や、暑い日寒い日、9月から11月最終週まであっという間のシーズンでしたが、本当にありがとうございました!!

今シーズンは次週以降のその他チームの成績次第で順位が確定するため、最終成績はまだわかりませんが、
5勝4敗という最終結果を残すことができました。

今週からは今シーズンできなかったこと、反省点、修正点などをこれから整理し、来シーズンへ向けて動き始めていきます。
チーム一同、今期の成果を土台とし、新たに踏み出していきます。

今後も本HPで情報発信をしていきますので、来シーズンも皆様からの熱い熱い熱い応援をよろしくお願いいたします!



 

2015年11月26日 お知らせ

 

11/28(土)はトップイーストDiv.1 第9戦、最終戦となる日野自動車レッドドルフィンズ戦です!
前節のIBMとの死闘を辛くも勝利し、最終戦に向けてチーム一丸となって練習を行ってきました。
勝利数、勝点ともに過去最高を更新している今シーズンもいよいよ最終戦!!

昨年度大敗した日野自動車との最終戦ということで選手たちも気持が入っています!
15人だけでなく、ベンチ、メンバー外、スタッフ全員が勝利を目指して戦います!!皆様も共に戦いましょう!!!

第9戦の日野自動車レッドドルフィンズ戦について下記の通りご案内いたします。 

1.日時  2015年11月28日(土) 13:00キックオフ  

2.会場  日野自動車グラウンド

3.出場メンバー  怪我等により変更の可能性があります。

4.その他  無料試合(ヤクルトの応援の皆様は当日受付テントへお越しください!飲料や記念品をご用意しています。)

以上、当日は皆様の熱い応援をよろしくお願いいたします!!

2015年11月24日 お知らせ

11/22(日)に行われたIBMビッグブルー戦の結果をおしらせします。

前節の横河武蔵野アトラスターズ戦では、雨の中両チームの意地がぶつかり合う接戦の中、辛くも勝利することのできた試合から1週間、夜行われている練習の時間帯も気温がぐっと下がってきましたが、過去最高の5勝目を勝ち取ってチームの歴史を塗り替えるために練習を積んできました。
ここまでシーズン成績4勝3敗となり、トップイーストDiv.1で過去最高の5勝目をかけたIBMビッグブルー戦は、11-10と僅差で勝利することができました。

今シーズン2度目のヤクルト戸田グラウンドでのゲームは、先週に引き続き気温の下がった中で、今にも雨が降り出しそうな空模様でしたが、ゲーム中は雨が降ることなく試合を行うことができました。
前節IBMビッグブルーは秋田ノーザンブレッツから初勝利を手にして勢いに乗っている状態にあり、昨シーズンも戸田グラウンドで最後の最後までどちらが勝つかわからない接戦を演じ、気合も入っているはずです。そして各選手もかなり強力な実力を持っている選手がそろっているので、一切気を抜くことのできない状況で戦わなければなりませんでした。

試合が始まってすぐに相手キックのカウンターからハミッシュの力強い前進でIBMに真正面から突っ込んでいき、突破しつつも相手の反則を誘い、ペナルティを手に入れます。
今シーズン自信を持っているラインアウトからのモールで勝負をしますが、IBMの強いプレッシャーにセットプレーを崩されてしまいます。
アタックでもディフェンスでも強いプレッシャーをかけてくるIBMに苦戦しつつも、相手の反則を誘うような基本のしっかりしたプレーで、ペナルティーを何度も獲得し、レオン・エリソンがPGを1本外すものの、再度獲得したPGを決めて先制に成功します。
先制をしたもののここからレビンズは決定機を何度も迎えますが、相手の力強いディフェンスに阻まれ、得点を重ねることができないまま試合が進みます。
IBMのアタックも試合が進むにつれレビンズのディフェンスを押し下げ、自陣まで下げられた所でペナルティを与えてしまい、PGを献上してしまい同点とされます。
その後、レビンズもPGを手に入れて成功し、6-3とリードしますが、前半最後にセットプレーからの展開で突破されてしまい、トライを奪われます。コンバージョンキックも決められ、6-10と逆転され前半を終えました。

ハーフタイムでは状況の整理と、各ポジションの反省を連携し合い、後半へと準備を行いました。

後半は前半以上に両チームとも意地のぶつかり合いとなり、なかなか得点のできない展開が続きます。
相手ペナルティを誘い、ゴール前まで運びラインアウトを獲得してもIBMディフェンスを押し切ることができず、フラストレーションのたまる展開が続きました。
アタックのバリエーションも徐々に単調になっていましたが、後半30分過ぎにレビンズの狙っているアタックが見事に決まり、最後はレオン・エリソンがIBMディフェンスラインを突破し、トライを決めます。コンバージョンキックは外してしまったものの11-10と再びリードを奪います。

ラスト10分間はIBMの必死の追い上げを耐える展開となり、ハミッシュ・パターソンがシンビンを受けてしまい、ラストを14人で戦わざるをえなくなってしまいました。
何度かペナルティを与えてしまいますが、相手がPGを選択したタイミングでは、PGが失敗し何とかリードを守ります。最後の最後までハラハラで観戦している皆様にも心臓に悪い展開がつづきましたが、最後はなんとか逃げ切り、11-10で勝利を収めることができました。

勝点4を獲得し、今シーズン5勝3敗と過去最高の勝利数と勝ち点を積み上げ、いよいよ来週は最終戦の日野自動車レッドドルフィンズ戦となります。

今シーズン最後のヤクルト戸田グラウンドでの開催となり、多くのお客様にご来場いただき、熱い声援を頂きました。本当にありがとうございました!!
試合終了後は先日のセコムラガッツ戦同様、皆様と集合写真やグラウンド開放を行い、様々な声をかけていただき、チーム一同さらに元気をいただきました!

5勝3敗で連勝中の勢いのまま最終戦日野自動車レッドドルフィンズ戦に挑みます!

次戦は11/28(土)13:00より、日野自動車グラウンドにてトップイーストDiv.1第9戦日野自動車レッドドルフィンズとの一戦となります。
次回も皆様の熱い応援よろしくお願いします!