スマートフォン用ページ

沿革

沿革内容
1930 1930
  1. 代田 稔博士が人の健康に役立つ乳酸菌の強化・培養に成功(乳酸菌 シロタ株)
1935
  1. 「ヤクルト」の製造・販売を開始
1938
  1. 「ヤクルト」の商標を登録
1940 1940
  1. 販売専門の「代田保護菌普及会」が各地に誕生
1950 1955
  1. 株式会社ヤクルト本社を設立(東京都中央区西八丁堀)
  2. 京都に研究所を設立
1960 1963
  1. ヤクルト独自の婦人販売店システムを導入
1964
  1. 初の海外事業所として、台湾ヤクルトが営業を開始
1967
  1. 研究所を東京都国立市に設立(のちの中央研究所)
1968
  1. サンケイアトムズ(現ヤクルト球団)の経営を継承
  2. プラスチック新容器による「ヤクルト」を発売
1970 1970
  1. はっ酵乳「ジョア」を発売
1971
  1. 化粧品の本格販売を開始
1972
  1. 本社社屋が東京都港区東新橋に完成
  2. ヤクルトレディによる「愛の訪問活動」を開始
1975
  1. 医療用医薬品「ビオラクチスカプセル」を発売し医薬品事業に参入
1978
  1. ビフィズス菌の直接培養によるはっ酵乳「ミルミル」を発売
1979
  1. 一般用医薬品「ヤクルト整腸薬」を発売
1980 1980
  1. 東京証券取引所市場第二部に株式を上場
  2. 栄養飲料「タフマン」を発売
1981
  1. 東京証券取引所市場第一部に上場指定
1990 1992
  1. (財)ヤクルト・バイオサイエンス研究財団を設立
1994
  1. 抗悪性腫瘍剤イリノテカンが医薬品製造承認・発売される。商品名「カンプト注」
  2. 「愛の訪問活動」が、ボランティア功労者として厚生大臣表彰を受賞
1995
  1. 新高級基礎化粧品「パラビオ」シリーズを発売
1997
  1. 食品産業優良企業表彰(消費者対応部門)で農林水産大臣賞を受賞
1998
  1. 「ヤクルト」が「特定保健用食品」として表示を許可される
  2. 「蕃爽麗茶」を発売
1999
  1. 「ヤクルト400」を発売
2000 2004
  1. グループダノンと戦略提携契約を締結
  2. 乳製品乳酸菌飲料「プレティオ」を発売
2005
  1. ヨーロッパ(ベルギー)に研究拠点を設立
  2. 抗悪性腫瘍剤オキサリプラチンが輸入承認・発売される。商品名「エルプラット」
2006
  1. ヤクルト化粧品の事業ブランドを「Yakult Beautiens」に
  2. コーポレート・スローガン「人も地球も健康に」を策定
2008
  1. 乳製品乳酸菌飲料「BF-1」を発売
  2. 「ヤクルト」が「2008年度グッドデザイン・ロングライフデザイン賞」
    (Gマーク)を受賞
2010 2010
  1. 世界の乳製品1日平均販売本数が3000万本を突破
2011
  1. ヤクルト容器の形状を立体商標登録
  2. 「カンプト」が日本癌学会の学術賞を受賞
2012
  1. ヤクルト宇宙プロジェクト“YAKULT SPACE DISCOVERY”を始動
2013
  1. 「乳酸菌 シロタ株」が米国・食品医薬品局(FDA)によりGRAS認証を取得
  2. ダノンとの戦略提携契約を終了、協業関係に関する覚書を締結
  3. はっ酵豆乳「乳酸菌ソイα」を発売
  4. 「Newヤクルト」を発売
2014
  1. 「ヤクルトゴールド」を発売
2015
  1. 東京ヤクルトスワローズが7回目のセ・リーグ優勝、日本シリーズ進出
2016
  1. 世界の乳製品1日平均販売本数が3500万本となる
  2. 新しいヤクルト中央研究所が完成

企業・IR・採用

  • 企業理念
  • コーポレートスローガン
  • 本社概要
  • 事業概要
  • 組織図
  • 役員
  • 沿革
  • 倫理網領・行動基準
  • ヤクルトグループ
  • 企業活動と医療機関等の関係の透明性への取り組み
  • 企業活動と患者団体の関係の透明性への取り組み
  • IR情報
  • 採用情報