TOPICS

2014年11月24日 大会結果

11/22(土)に行われた日野自動車レッドドルフィンズ戦の結果をお知らせします。

12-45(前半7-24、後半5-21)で残念ながら敗戦となりました。

今回は、今季初スタメンが3人(キング、甲斐、宇野)と前回から大きくメンバーを変え、勝ち点5の獲得に向けトライを獲り、勝利する為の攻撃的な布陣で臨みました。

しかし試合が始まると、キックオフから相手のBKに展開され、ノーホイッスルトライを許し、前半20分までにさらに3トライを奪われ、0-24と一気に離されてしまいます。このペースでは前回以上に点を取られてしまうと思われましたが、20分過ぎから相手のペナルティをきっかけに敵陣に攻め込み、そのまま長い時間敵陣での攻防を続けます。そして、前半27分待望のトライを⑤キングが奪い、試合はヤクルトペースに。前半終了間際には、敵陣ゴール前でのラインアウト、スクラムとチャンスが続きました。追加点こそなりませんでしたが、後半に期待を持たせる折り返しでした。

迎えた後半、なんとしても先制点が欲しいヤクルトは前半の勢いそのままに敵陣でのアタックを続けます。何が何でも勝ち点が欲しいヤクルトはPGは狙わずトライを獲りに行きます。しかし、日野も堅く激しいDFを見せ、得点が動きません。ようやく試合が動いたのは後半19分、ヤクルトのモールからのトライでした。さらに追加点を狙い攻め込みますが、日野の逆襲にあってしまいます。後半28分、32分と立て続けにトライをされるとペースを奪われ、最後にはラインアウトからダメ押しのトライをされ、結果12-45で敗れました。

今回も多くの方に来ていただいたにも関わらず勝利する姿をお見せできずに本当に申し訳ありません。

次戦はいよいよリーグ最終戦!12/7(日)13:00より、トップイーストDiv.1第9節IBMビッグブルー戦を行います。皆様の熱い応援、最後までどうそよろしくお願いします!!!

●スコア

 

●得点者

前半27分 トライ ⑤キング(G ⑪×)

後半19分 トライ ⑧加藤(G 22○)

●出場メンバー

 

●監督・主将よりコメント

主将 太田 晴之(FL)

「いつも応援ありがとうございます。厳しい試合が続いていますが、残り1試合IBM戦に向けてチーム一丸となって、勝利を目指します。応援よろしくお願いします。」

監督 佐藤 崇幸

「今日はATはブレイクダウンを制しトライをとりきること、DFは個々のタックルの強さとラインを揃える事をテーマとし試合に望みました。
試合の出場機会が少なかったメンバーの復調が明るい材料となったものの、試合開始から乱れたDFがなかなか修正できず、離された点差に追いつき逆転する事ができませんでした。
トライをとりきる決定力、終始乱れないDFは、次戦の課題として取り組んでいかなければなりません。
最終戦は戸田のホームゲームとなります。今期やってきたことが全て出せるように2週間準備していきたいと思います。
今回も多くの皆様に応援いただきました。本当にありがとうございました。次戦も応援よろしくお願いいたします。」

2014年11月21日 お知らせ

11/22(土)に行われます第8節日野自動車レッドドルフィンズ戦のメンバーをお知らせします。

江戸川区陸上競技場にて、12:00キックオフとなります。

前回の大敗から1週間。気合を入れ直して練習してきました。

勝利目指して頑張りますので、皆様の熱い応援をよろしくお願いいたします!!

2014年11月17日 大会結果

11/15(土)に行われた横河武蔵野アトラスターズ戦の結果をお知らせします。

18-60(前半13-22、後半5-38)で残念ながら敗戦となりました。

今回の試合は、今シーズン唯一の秩父宮ラグビー場での試合。観戦者数も過去最高を狙いシーズン前から社内中心に告知活動をしてまいりました。おかげさまで当日は多くの方にご来場いただきました。また、かねてから夢見ていたスワローズとのコラボとして、マスコットのつば九郎にも来てもらうことが出来ました。

そんな盛り上がりの中14時に試合開始。先制したのはヤクルト。前半2分に敵陣中央でのペナルティゴールを⑮エリソンが落ち着いて決めます。その後4分にPG、14分にトライを奪われますが、17分にこちらも⑧パターソンがトライをし、10-10の同点に持ち込みます。しかし、20分32分と立て続けにトライを奪われてしまい10-22に。ロスタイムに⑮エリソンのハーフウェイラインからのロングPGを返し、13-22で折り返します。

リードされて迎えた後半、なんとしても先制点が欲しい所でしたが、開始2分に逆にトライを奪われてしまいます。そこから5トライを量産され、こちらの得点は27分の⑭阿部のトライのみ。結果18-60と大敗してしまいました。

多くの方に来ていただいたにも関わらず勝利する姿をお見せできずに本当に申し訳ありません。

この敗戦はチームとして真摯に受け止め、改めて選手一人一人が考え直さないといけない結果です。残り2試合、口だけでなくチーム一丸となって戦ってまいります。

次戦は11/22(土)12:00より、トップイーストDiv.1第8節日野自動車レッドドルフィンズ戦を行います。皆様の熱い応援よろしくお願いします!!!

●スコア

 

●得点者

前半2分PG ⑮エリソン、前半17分 トライ ⑧パターソン(G ⑮○)、前半40分PG ⑮エリソン

後半27分 トライ ⑭阿部(G ⑮×)

●出場メンバー

 

●監督・主将よりコメント

主将 太田 晴之(FL)

「沢山のご声援ありがとうございました。結果に結びつかず悔しい想いでいっぱいです。後半の入りの部分を修正し、もう一度チームを立て直し残り2試合戦い抜きます。変わらぬご声援よろしくお願いいたします。」

監督 佐藤 崇幸

「今日はアタックはシンプルなサインで前に出ること、ディフェンスはブレイクダウンのプレッシャーをかけアタックのテンポを遅くすることを意識しました。 随所にいい形は作れたものの、横河さんのBKのアタックに終始ゲインを奪われ、徐々に得点を積み重ねられる展開となってしまいました。 残り2戦、もう一度レビンズのラグビーを選手・スタッフともに見つめ直し、立て直していきたいと思います。多くの皆様のご声援が力となりました。本当にありがとうございました。次戦も応援よろしくお願いいたします。」