スマートフォン用ページ

よくあるご質問

株式に関する質問

株式の手続きに関するお問い合わせ先につきましては、株券電子化制度への移行にともない、以下のとおりとなっています。

証券会社等を通じて証券保管振替機構(ほふり)に株券を預託された株主さまの株式

  • お取り引きの証券会社等にお問い合わせください。
  • ただし、未払配当金のお支払いにつきましては、これまでどおり、株主名簿管理人である東京証券代行株式会社にお問い合わせください。

証券会社等を通じて証券保管振替機構(ほふり)に株券を預託されなかった株主さまの株式(特別口座に記録された株式)

  • 当社の特別口座管理機関である東京証券代行株式会社にお問い合わせください。

株主名簿管理人および特別口座管理機関:

  • 東京証券代行株式会社

事務取り扱い場所:

  • 〒101-0054 東京都千代田区神田錦町三丁目11番地 NMF竹橋ビル6F
  • 郵便物送付先連絡先

    〒168-8522 東京都杉並区和泉二丁目8番4号 東京証券代行株式会社 事務センター

お問い合わせ先:

  • 0120-49-7009(オペレーター対応のフリーダイヤル)
  • 各種手続き用紙の請求につきましては、自動音声で24時間、土・日・祝祭日もお受けしております。
  • 0120-16-5805(自動音声対応のフリーダイヤル)
昭和55年1月に上場されました。
株式会社ヤクルト本社の証券コードは、2267番です。
100株単位です。
東京証券取引所の第一部に上場しています。
3月31日です。
本決算の発表は、毎年5月中旬頃、第2四半期は毎年11月上旬に発表しています。
6月下旬頃開催しております。
当社商品の提供
3月31日現在で100株以上所有の株主の皆さまには、当社商品を。9月30日現在で100株以上所有の株主の皆さまには、東京ヤクルトスワローズが神宮球場で主催するプロ野球公式戦「株主優待証(外野自由席)」を贈呈しております。
3月末基準日の優待商品の発送は7月下旬頃、9月末基準日の優待商品の発送は3月下旬頃を予定しております。発送予定日を過ぎても届かない場合は、こちらにご連絡ください。
当社総務部文書課 03-3574-8963
定時株主総会の議決権および期末配当金は、3月31日になります。中間配当金は、9月30日になります。

事業に関する質問

「ヤクルト」とは、エスペラント語でヨーグルトを意味するヤフルト(Jahurto)という言葉を言いやすいように変更考案した造語です。
エスペラント語は、1887年、ポーランド人のザメンホフという人が、世界共通語として考案した言語です。
ヤクルトは、「私たちは、生命科学の追究を基盤として、世界の人々の健康で楽しい生活づくりに貢献します」という企業理念に基づき、人々が健康とゆとりと生きがいを実感できる生活づくりに貢献し、地域社会とともに発展する企業を目指しています。
ヤクルトでは主に、「国内飲料および食品製造販売事業」「海外の飲料および食品製造販売事業」「医薬品製造販売事業」「その他事業(化粧品、プロ野球興行など)」と4つの柱で事業を展開しています。
国内事業においては、ヤクルトの創始者である代田稔博士が提唱した「予防医学」「健腸長寿」「誰もが手に入れられる価格で」という考え方(代田イズム)に基づいて、「ヤクルト」を始めとした乳酸菌飲料、はっ酵乳の製造販売と、ジュース・清涼飲料分野における健康機能性食品の販売を行なっています。
国際事業においては、1964年の台湾への進出を皮切りに、現在(2017年3月)、日本を含む38の国と地域で主として乳製品乳酸菌飲料「ヤクルト」の製造、販売を行なっています。
医薬品事業においては、主に大腸がんファーストライン治療薬としてのがん化学療法剤「カンプト注」や、がん化学療法剤「エルプラツト」の製造販売および、制吐剤「シンセロン錠」なども含めた、がんとその周辺領域に特化したスペシャリティファーマを目指しています。
その他事業においては、化粧品の製造販売と、プロ野球興行などを行なっています。化粧品事業は「乳酸菌のチカラを素肌のチカラに」を合言葉として、乳酸菌はっ酵技術を利用したスキンケア化粧品を中心に、「ヤクルトビューティエンス」ブランドで商品展開しています。
ヤクルトの創始者である代田稔博士が提唱した「予防医学」「健腸長寿」という考え方に基づく当社プロバイオティクス商品の優位性を広く深くお客さまに伝えるには、お客さま一人一人にご説明し、ご理解していただく必要があります。そのためヤクルトレディを通じた訪問販売を行なっています。

IR情報 株主・投資家の皆さまへ

  • 電子公告
  • よくあるご質問
  • IR情報 お問合わせ
  • 免責条項
  • IRサイトマップ