スマートフォン用ページ

主なQ&A

中間決算説明会において、原材料や仕入れ商品価格高騰の影響は前年度より約10億円超と説明していますが、その見込みは今も変わりません。主な影響内容は、粉乳が通期で若干高くなる見込み、糖類、樹脂については大幅な値上げとなっています。
できるだけお客さまの負担にならないよう、メーカーのコストカットでの吸収を試みています。しかし原材料の高騰もしばらく続くと思いますので、費用削減で吸収しきれなくなった場合は、値上げも解決策の一つとして考えています。ただ、少しでもお客様の負担にならないよう、現在、検討中です。
営業費用の面で原材料高騰の影響が出ている以外に、それ以外に、ヨーグルト「LCS100」の広告費、国際大会の費用等を中心に、販売費が前年度と比べて18億円ほど増加しています。また一般管理費についても人件費や税制改正に伴う減価償却費の増加があるため、全体的に経費が増加しました。
国際事業の業績は地域別で出していますが、国別には開示していませんので具体的な数値についてはご容赦ください。しかし、タイヤクルトは安定的な経営をしていますので、持分法会社としてヤクルト本社の利益に必ず貢献します。ただし、株式取得による利益貢献は来期以降になります。
来期、中国の黒字転換があり得るかどうかという質問ですが、今の計画では考えていません。現在、華東地区、北京の周り、広東省の展開の準備を進めていて、拠点を築いていっている段階です。新しい地区に進出していく時は、マーケティングコストがかかるため、赤字の傾向になります。既存の地区での収益による赤字カバーというバランスを、今年中に築き上げるのは難しいと見ています。
ROEに関しては、かなり強い意識持っています。ですが、主軸としている指標はROEだけではなく、他の数値も総合的に見ているので、現段階ではROEだけを向上させるというものではありません。その数値目標については、現段階では開示していません。
基本的に、利益の部分を毎年向上させていく意識があるということで、ご理解ください。
当社としては出来るだけ高い配当を行い、株主還元をして行きたいと考えています。このため今後も、可能な限り配当を高めて行きます。もう一方の自社株買いについても、必要な資本政策の一つとして考えていますので、今後も出来る範囲で継続的に実施して行きます。

IR情報 株主・投資家の皆さまへ

  • 電子公告
  • よくあるご質問
  • IR情報 お問合わせ
  • 免責条項
  • IRサイトマップ