スマートフォン用ページ

主なQ&A

中国全体の需要拡大に対する供給不足に加え、台風の影響で広州の生産稼動日が1日減りました。また、天候要因による販売活動への影響もありました。供給不足を背景に、広告や販売促進策を控えたことも要因と考えています。
各月の販売本数と前年比は、7月度が983万本/日、113.6%、8月度が1,016万本/日、103.9%、9月度が954万本/日、93.0%となりました。10月については、前年実績を上回りましたが、計画に対しては未達となりました。
中国の通期の販売本数伸長率については、現状から考えて「GDP成長率の2倍」は難しい状況です。10-12月については、10%以上の伸長率を目標として、通期で10%の成長を目指していきます。
中国の9月、10月の販売本数について、例年、国慶節需要を取り込む9月がピークとなり、気温が下がり始める10月は低下する傾向があります。今期は9月の供給不足を想定して、需要を9月と10月に分散させる計画でしたが、初めての試みであり、計画どおりにはいきませんでした。消費減退による当社事業への影響については、今のところ、大きな影響は出ていません。
アジア・オセアニア地域の販売本数は、1-3月よりも4-6月の方が増えるため、販売本数の増加によって営業利益率が高くなります。特に今期は、広州を除く中国において、1月に実施した値上げ効果が営業利益の増加に大きく寄与しています。
海外全体の営業利益率は、21-23%を水準として考えています。実績は水準を上回っていますが、マーケティング投資等の経費を投下して、販売本数を増やすことを優先したいと考えています。第3四半期(7-9月)の販売本数は、第2四半期(4-6月)よりも増えており、為替影響を除いた売上高および営業利益は、成長を見込んでいます。
2007年からカリフォルニア州など南西部6州において、集中的にモデルづくりをしてきました。2016年以降、新たな29州へ拡大し、現在35州で展開しています。近い将来、全50州に拡大していく予定です。大手の流通チェーンへの配荷率は高く、小売価格を担保していただける関係を築いていることが強みと考えています。
営業利益に寄与しない海外事業所向け生産機器等の資材売上が増収要因となり、営業利益率が低下しました。また、販売現場では、猛暑等によりYLの価値普及活動が低下し、宅配の主力商品であるヤクルト400類の販売本数が減少したため、商品ミックスが悪化したことが背景にあります。
健康志向の高まりにより、対価に見合う高付加価値商品は消費者に受け入れられると考えています。シンバイオティクス ヤクルト Wのような高単価・高付加価値商品を今後も市場に導入して、営業利益率の改善を目指していきます。
株主還元については、安定的な配当により株主還元していくことを基本に据えています。今期は、前期から6円増配の40円の配当を予定していますが、今後もできる限り増配していく考えです。

IR情報 株主・投資家の皆さまへ

  • 電子公告
  • よくあるご質問
  • IR情報 お問合わせ
  • 免責条項
  • IRサイトマップ