スマートフォン用ページ

主なQ&A

1日当たりの販売本数を1,000万本に戻すことが当面の目標と考えています。既存商品の販売本数拡大に加え、高機能商品も上市し、さまざまなお客さまのニーズに応えていきたいと思います。
「ヤクルト1000」は今秋に発売予定です。販売目標などは検討中のため、今期計画に「ヤクルト1000」の実績は含まれておりません。
価格決定にあたっては、お客さまが毎日飲用していただける価値に見合っているかがポイントになります。
働く世代の方を主なターゲットとして考えています。
2018年度は、生産能力の限界により供給不足に陥った結果、販売促進活動を控えるなど変則的な事業活動となりました。そのため、営業政策が効果的に実績に結びつかなかったと考えています。
個人の所得減が理由ではなく、景気の減速感から消費マインドが低下することで、買い物等の購入頻度が減少し、販売本数に影響したのではないかと考えています。
1月は603万本/日で前年比120.5%、2月は540万本/日で前年比88.9%、3月は644万本/日で前年比96.5%となりました。
具体的な本数については開示を差し控えますが、足元では回復傾向が出てきています。6月には、新しい販売拠点と無錫第2工場棟が稼働するため、伸長に必要な販売、生産体制が整います。
米中貿易摩擦による景況感悪化が続いていますが、景気回復とともに販売本数も増加すると考えており、1桁後半の伸長率を目指していきます。
新物件は賃借です。設備資金として30億円を見込んでいますが、今期に発生する費用は、数億円を予算に組み込んでいます。

IR情報 株主・投資家の皆さまへ

  • 電子公告
  • よくあるご質問
  • IR情報 お問合わせ
  • 免責条項
  • IRサイトマップ