スマートフォン用ページ

主なQ&A

昨年10月の発売開始から目標を上回る販売本数で推移しており、販売エリア拡大後の目標も10月度に達成しています。なお、全国展開については、現在、検討している段階であり、時期は未定です。
7月度の販売本数の前年比は84.3%、8月度が83.2%、9月度が109.3%でした。
他社の価格訴求(ディスカウント)によって、一時的にヤクルトの販売数量に影響がでることはあります。しかし、当社は中国に限らず世界中で商品の持つ価値を訴求することでお客さまを増やしてきました。価格訴求ではなく価値訴求を中心とした活動により、愛飲者の拡大を目指していきます。
なるべく早い時期の導入を検討していますが、現時点では未定です。具体的な情報が確定した段階で発表します。
海外すべての事業所において、病院、高齢者施設、軍隊、警察等にヤクルトを無償提供しています。現在は通常の広報活動、工場見学等は難しい状況ですが、このような活動によりヤクルトの価値を訴求しています。
欧米を中心に新型コロナウイルス感染症拡大が止まらないことから、従来のような広報・広告活動などができない状況が続いています。しかし、できるところから徐々に活動を再開し、販売本数の回復に努めたいと思います。
新型コロナウイルスの影響が続く中でも、前年の販売本数を大幅に上回る事業所もあります。今後も継続して商品の価値を訴求することでお客さまが増え、販売本数を拡大できると考えています。
当社の配当に対する考え方は、安定的な配当を継続して実施していくことを最優先とし、そのうえで、将来の資金需要および財政状況並びに業績などを総合的に勘案し決定しています。増配については、この基本方針のもと、2021年3月期の通期修正業績予想を勘案し、決定したものです。
具体的な内容は控えますが、時代の進化とともに市場環境も変わってきます。そのなかで、自分たちの強みを活かして事業の拡大に結び付けていきたいと考えています。

IR情報 株主・投資家の皆さまへ

  • 電子公告
  • よくあるご質問
  • IR情報 お問合わせ
  • 免責条項
  • IRサイトマップ

株価情報

証券コード2267 株価を見る

PDFをご覧になるには、Adobe® Reader®が必要です。