スマートフォン用ページ

その他の内容から探す

<<前のページ 1 2 3 4 5 次のページ>>

バイオマス(biomass)とは、バイオ(bio:生物資源)とマス(mass:量)を意味する言葉で、転じて、石炭や石油等の枯渇性の化石資源ではなく、再生可能な生物由来の産業資源をバイオマスと呼んでいます。日本政府が定めた「バイオマス・ニッポン総合戦略」では、「再生可能な、生物由来の有機性資源で化石資源を除いたもの」と定義されています。

本品のシュリンクラベルに使用されているインキは、綿、パルプ、米ぬか、植物油、被子植物の種等の生物由来の資源(バイオマス)からインキ成分を抽出して製造した、環境にやさしいバイオマスインキを使用しています。

また、(一社)日本有機資源協会において認定されるインキで、本インキを使用した包装資材には、バイオマスマークを表示することが可能です。

なお、バイオマスマークは、バイオマス成分の含有率(バイオマス度)に応じて表示マークが異なり、本品で使用するバイオマスインキは白色、ニスを除く一部のカラーインクであり、バイオマス度(使用したバイオマス原料の割合)は10%です。

 

 

 

関連ページ

「乳酸菌 シロタ株」一つひとつはとても小さいので目で見て数えることはできません。どうやって数えているかというと、まず「ヤクルト」を徐々に薄めていきます。次にその薄めた「ヤクルト」を、乳酸菌を育てるための栄養分が入った培地と混ぜ、「乳酸菌 シロタ株」のコロニーと呼ばれる集合体(30~300個)が現れるまで生育させます。コロニーはもともと1個の生きた「乳酸菌 シロタ株」からできたものです。

したがって、コロニーになれば数えることができるので、そのコロニーの数をもとに「ヤクルト」1本に入っている「乳酸菌 シロタ株」の数を計算*しています。

*コロニー数(目に見えるような集合体の数)に希釈倍率を掛け、もとの製品中の乳酸菌 シロタ株の数を計算します。

おしえて!ヤクルトマン 「数えかた篇」

関連ページ

栄養成分および熱量が、食品表示基準(食品表示法に基づき、食品関連事業者等が加工食品生鮮食品または添加物を販売する場合について、栄養成分または熱量に関する表示をする場合に適用される基準)で定められている許容差の範囲に収まらない可能性があるため、合理的な方法に基づいた根拠のある数値を用いたことを示すための表示に使用する文言です。

関連ページ

ヤクルト類に入っているのと同じ、生きた乳酸菌 シロタ株が1本(100ml)に300億個入っています。

関連ページ

食品表示基準では、製品100ml当たりの脂質が0.5g未満の場合「脂肪ゼロ」表示が可能です。本品は1本(100ml)当たりの脂質が0.3gなので、この基準に基づき、「脂肪0(ゼロ)」と表示しています。 

そのため、お客さまが理解しやすいように容器およびマルチフィルム裏面に「※本品は100ml当たりの脂質が0.5g未満であるため、食品表示基準に基づき、「脂肪0(ゼロ)」表示をしています。」と記載しています。

関連ページ

ヤクルトの乳製品は、毎日お飲みいただくことをお勧めします。

人の腸の中には有用菌や有害菌などいろいろな菌がすんでいます。私たちが健康でいられるのは有用菌が有害菌を抑えて、腸内にすむ細菌が一定のバランスを維持しているためと考えられています。ところが、そのバランスは毎日の食事やストレス、服用する薬などいろいろな要因によりくずれ、有用菌が減少することがあります。そのような状態が続くと体の不調につながりやすくなるため、普段から生きて腸までとどく乳酸菌 シロタ株やビフィズス菌 BY株をとり入れることをお勧めします。乳酸菌 シロタ株やビフィズス菌 BY株は腸に定着しませんので、毎日続けることが大切です。

おしえて!ヤクルトマン「続ける篇」

 

関連ページ

食品ですので、基本的にいつお飲みいただいても結構です。毎日継続してご飲用していただきたい商品なので、1日1本を目安に1日の生活の中で、続けやすい時間帯にお召しあがりください。

おしえて!ヤクルトマン「いつでも篇」

関連ページ

 食品ですので飲用本数に決まりはありませんが、毎日、継続してご飲用いただくことをおすすめします。 また、飲むタイミングとしては、食品ですのでいつお飲みいただいても結構です。 1日の生活の中で、続けやすい時間帯にお飲みください。

関連ページ

多量に摂取することにより、疾患が治癒したり、より健康が増進したりするものではありません。

本品は機能性表示食品です。1日当たりの摂取目安量である1日1本を継続飲用してください。

また、乳アレルギーの方は飲用をお控えください。

関連ページ

毎日1本、継続してご飲用ください。毎日1本の飲用試験により、GABAによる血圧降下作用を確認しております。そのため、特定保健用食品としての摂取目安量も1日1本です。また、飲むタイミングとしては、いつお飲みいただいても結構です。

関連ページ

たくさん飲んでも効果に変わりはありません。また、一度に多く飲んでも効果の持続が期待できるものでもありません。1日1本を継続することをおすすめします。

関連ページ

食品なので、飲むこと自体は特に問題ないかと思いますが、お飲みになる際は、かかりつけの医師等の専門家に相談されることをお勧めします。

なお、薬の代わりにはなりません。

関連ページ

高麗人参に含まれるサポニンは血圧を高める作用が知られています。降圧薬などを服用中でご心配な方は、かかりつけの医師または薬剤師の指示に従ってください。

1本当たりの高麗人参エキス含有量は、「タフマン」は110mg、「タフマンV」は50mg、「タフマンスーパー」は1,000mg、「Tough-Man Refresh(タフマン リフレッシュ)」は100mgです。

関連ページ

お食事ごとに200ml程度を目安にお飲みください。    ホットでもコールドでもお飲みいただけます。ホットでお飲みになる際は、容器のままあたためず、やかんやカップに移してから加温してください。

食事と一緒に飲用することで、食後血糖値の上昇を抑制します。

関連ページ

お飲みいただいてかまいません。血糖値対策中の方にも毎日飲んでいただけます。

糖尿病の薬を服用中の方が本品を飲んでも薬の作用に影響しないことが確認されています。

しかし、薬を服用中の方は、本品は治療を目的としていませんので、必ずかかりつけの医師にご相談のうえ、お飲みください。

関連ページ

飲用試験を実施した結果、鉄代謝への影響は認められませんでした。

関連ページ

ビタミンKは検出されていません。

関連ページ

特に影響はありません。ただし、温める場合は必ず別の容器にうつしかえてください。

関連ページ

いつお飲みいただいてもかまいませんが、フコイダンは胃壁の粘膜に働きかけますので、食事中や食後で食物が胃に入って胃が活発に活動しているときよりも、胃の中に食物がなく、胃の活動が安定しているとき(つまり食事と食事の間)の方がおすすめです。

関連ページ

<<前のページ 1 2 3 4 5 次のページ>>

お客さま相談センター

  • よくあるご質問
  • 商品分類から探す
  • その他の内容から探す
  • キーワードから検索
  • 内容成分・アレルギー表示

商品等に関するお問い合わせ、ご意見、ご要望は下記までご連絡ください。

お客さま相談センター 0120-11-8960

受付時間:9:00~17:30(土・日・祝日・年末年始を除く) ※お客さまとのお電話は、内容を正確にうけたまわるため、録音させていただく場合があります。

  • お近くの販売会社・宅配センターを探す
  • 化粧品に関して
  • 医薬品に関して
  • 工場見学へいこう
ヤクルト届けてネット
株式会社ヤクルト本社 Youtube公式チャンネル
オリジナルサイト
ヤクルト1000
bf-1
ジョア カラダにしあわせ。
Wの強さでお通じ改善 ヤクルト400W
ミルミル
ヤクルト W
ヤクルトのおいしいはっ酵果実
毎日飲むヤクルト
蕃爽麗茶
ラクトデュウ