スマートフォン用ページ

その他の内容から探す

<<前のページ 2 3 4 5 6 次のページ>>

ガラクトオリゴ糖は乳糖にガラクトースが結合したオリゴ糖であり、人の母乳中にも含まれるオリゴ糖の一種です。人の消化酵素によって消化されにくく、消化管下部(小腸や大腸)に到達し、そこに常在するビフィズス菌や乳酸菌に利用され、特にビフィズス菌を増殖させます。

 

 

 

     

 

 

 

関連ページ

ビタミンB6は水溶性のビタミンで、肝臓、肉類、魚類、牛乳、豆類、玄米中に多く含まれ、生体内ではたんぱく質の代謝に関与し、また血液中では赤芽球(赤血球の前駆物質)中のヘモグロビン合成過程に影響するビタミンです。ビタミンB6の摂取不足は、正常なたんぱく質代謝の維持が困難になるとともに、肌あれ、皮膚炎や口唇炎、口内炎、末梢神経炎等の症状を引き起こす要因となります。ビタミンB6は通常の食生活においてほとんど不足することはありませんが、厚生労働省は、「日本人の食事摂取基準」(2020年版)にて、ビタミンB6の推奨摂取量を18歳以上男性が1.4mg/日、女性が1.1mg/日と設定しています。

 

関連ページ

葉酸は水溶性のビタミンで、レバー、ほうれん草、豆類等に多く含まれ、生体内では小腸で吸収され、肝臓に貯蔵されます。 葉酸は核酸成分の生成や、たんぱく質の合成に関与する生体にとって必須の栄養素ですが、体内では合成できないため、食品から摂取しなければなりません。 葉酸の摂取不足は、赤血球合成を抑制するため、貧血等の症状を引き起こす要因となります。特に、妊娠中や授乳期の女性では血清中の葉酸は優先的に胎盤や胎児へ運ばれる等必要量が増大するため、葉酸の欠乏が起こりやすいことから、それを補うことが重要です。 葉酸は通常の食生活においてほとんど不足することはありませんが、厚生労働省は、「日本人の食事摂取基準」(2020年版)にて、葉酸の推奨摂取量を18歳以上男女ともに240μg/日と設定しています。

ミルミルS、1日分の鉄&葉酸ヨーグルト、ジョア 1日分の鉄&葉酸 マスカットには240μg/本の葉酸が含まれています。

また、きになる野菜1食分のマルチビタミン トマト&赤ぶどうには80~387μg/個の葉酸が含まれています。

 

関連ページ

 コラーゲンは、高等動物の体内に含まれるたんぱく質の一種で、体内の全たんぱく質の約30%を占め、皮膚、腱、骨、軟骨、歯、血管壁等に多く含まれています。特に皮膚や腱の中の有機物質の70~85%はコラーゲンであり、皮膚の張り、弾力をつかさどっています。また、細胞間をつなぐ物質であるだけでなく、細胞に栄養や酸素を供給し、かつ細胞から老廃物を排出する経路にもなっており、コラーゲンの新陳代謝そのものが体内の各組織の代謝に大きな役割を果たしています。ミルミルSには100mg/本のコラーゲンが含まれています。

 

関連ページ

砂糖からつくられる高甘味度の人工甘味料です。特徴としては、ノンカロリーで砂糖の約600倍の甘味度を有しており、甘味の質がよく、酸や熱に対する安定性も優れています。スクラロースは、WHO(世界保健機関)とFAO(国連食糧農業機関)が協力して設ける国際的な組織のひとつであるJECFA(合同食品添加物専門家会議)の評価を受け、安全性が確認されており、また、世界80以上の国と地域で食品添加物として使用認可されています。

関連ページ

ビタミンDは腸管でのカルシウム吸収促進や骨形成に必要なビタミンであり、不足すると乳児や小児ではくる病、成人では骨軟化症の原因となります。
若い頃からカルシウムやビタミンDの摂取が不足すると、閉経後の女性や高齢者の骨粗鬆症の原因になるといわれています。

 

 

 

関連ページ

乳酸カルシウムは、乳酸とカルシウムが結合したものです。 日本人に不足しがちなカルシウムをジョアで補っていただけるよう加えています。また、乳酸カルシウムはカルシウムの含有率が高く、味の面なども考慮して使用しています。 

ジョア 1日分のマルチビタミン ブルーベリーとジョア 1日分の鉄&葉酸 マスカットは、1本(125ml)に、220mgのカルシウムが入っています。。

また、ヤクルトファイブ1本(80ml)には、50mgのカルシウムが入っています。

 

関連ページ

アミノ酸の一種です。一般的には、穀類、野菜類、果実類のほか、ヒトの脳や消化管にも存在しています。GABAとは「Gamma Amino Butyric Acid」の略です。※Butyric Acid:酪酸

GABAは血管を収縮させる働きのある物質(ノルアドレナリン)の分泌を抑制して血管の収縮を緩和し、血圧降下作用があることが確認されています。プレティオには、1本(100ml)当たり10mg以上のGABAが含まれています。プレティオに含まれるGABAは、2種類の乳酸菌(乳酸菌 シロタ株とラクトコッカス ラクチス)の共同作用によりつくられるものです(添加したものではありません。)。乳に含まれるたんぱく質を乳酸菌 シロタ株が分解して、グルタミン酸というアミノ酸をつくり出します。次に、ラクトコッカス ラクチスがこのグルタミン酸を利用してGABAをつくります。(この製法はヤクルトの特許です(特許第3172150号)。)

関連ページ

GABAは摂取後、消化管から血中に移行し、血管を収縮させる働きのある物質(ノルアドレナリン)の分泌を抑制します。それにより血管の収縮を緩和し、血圧を下げると考えられています。

関連ページ

しばらく保存していると、表面に透明な液体(水のようなもの)が浮くことがあります。この水のようなものは乳清(ホエイ)と呼ばれるものです。牛乳に含まれる水分や水溶性たんぱく質などを含む水分が、はっ酵が進んだり、振動が加わったりすると表面に浮き出たものです。 乳清(ホエイ)には、牛乳の栄養成分が含まれていますので、お捨てにならずに混ぜてお召しあがりください。

関連ページ

原材料として使用されているピロリン酸鉄が溶解時に泡立ちやすく、その泡がお客さまが食べられる際、ごく稀に残存している可能性があることから、容器に表示をしています。なお、品質上の問題は全くありません。

有色甘藷(紫さつまいも)、有色甘藷(アヤムラサキ)=紅芋(さつまいも)
※レモンは、風味の調整のために微量使用しています。
※緑黄色野菜ミックスに含まれる野菜の割合は、にんじんがほとんどです。
※緑黄色野菜とは厚生労働省の分類で、可食部100g当たりのカロテン含有量が600μg以上の野菜を加えた野菜のことです。(ただし、従来からの慣例で、600μg以下であるにもかかわらず、緑黄色野菜に分類されるものもあります。)
※紫野菜ミックスと緑黄色野菜ミックスには野菜汁が50%含まれていますが、野菜の量に換算すると、紫野菜:107g、緑黄色野菜:104gに相当し、平均的な日本人の1日の食生活における野菜の不足分を補うことができます。
厚生労働省が策定した「健康日本21」においては、野菜の1日当たり目標摂取値は350g以上(うち緑黄色野菜は120g以上)とされています。 それに対して、日本人1人に野菜摂取量(※)は、平均約270g(緑黄色野菜は、約90g)ですので、不足分80gとなり、紫野菜ミックスと緑黄色野菜ミックスは、それぞれ1本で、目標摂取量に対する不足する野菜を概ね補うことができます。※厚生労働省「平成20年度国民栄養調査」より

 紫野菜には法的な定義は存在しませんが、一般的に、紫色の色素(アントシアニン)が含まれる野菜をいいます。「きになる野菜 紫野菜ミックス」では有色甘藷(アヤムラサキ)、紫にんじん、赤キャベツの3種がこれにあたります。
350g分の野菜を使用し、主成分を200mlに濃縮しているからです。
※野菜の目標摂取量について 野菜の目標摂取量は、厚生労働省策定の「健康日本21」において、成人の1日あたり平均摂取量として350g以上とされています。
 アントシアニンを多く含む「九州109号」と、糖分が低く収穫量が多い「サツマヒカリ」の交配育種により「独立行政法人 農業技術研究機構 九州沖縄農業研究センター」(旧農林水産省九州農業試験場)で開発され、平成7年に育成新品種として登録されたさつまいもである「アヤムラサキ」のことです。 肉色が濃い紫色をしているのが大きな特徴で、「紅芋」とも呼ばれています。
野菜ジュース1個(200ml、205g)に含まれる食塩相当量は、およそ0.7g(約0.34%)、野菜ジュース(食塩無添加)では0gとなります。五訂版食品成分表によると、一般的なトマトミックスジュースの塩分量は100g中0.6g(0.6%)となっています。

関連ページ

野菜ジュース1本(200ml)当たりのリコピン量は、約17mgです。 

関連ページ

この浮遊物や沈殿物はりんごのパルプ(果肉)であり、異物ではありませんので、安心してお飲みください。りんご果汁には、パルプ(果肉)を含まないさっぱりとした清澄果汁とパルプを含む混濁果汁の2種類があります。アップルジュースは、後者の混濁果汁の部類に入り、パルプ部分を含んでいることによるりんごらしさやコクのあるおいしさが売りものです。含まれているパルプは、製造直後は細かくジュース中に分散されていますが、保存期間が長くなるにつれ、徐々に容器の底の方に沈殿し、凝集されていきます。この凝集物が大きくなると、コップにあけたとき、白い固まりに見えるのです。アップルジュースは、よく振ってお飲みになることをおすすめします。

関連ページ

食塩含有量は、1本(160g)当たり、0.4g(推定値)です。トマトの青臭さを抑え、飲みやすく仕上げるための必要最低量に抑えています。

関連ページ

純水とは、物理的、化学的処理によって、水の分子以外の成分(不純物)を取り除いた、純度の高い水のことです。本品は、果物本来のおいしさを引き立たせるため、この純水を使用しています。※純水は、逆浸透膜処理、イオン交換樹脂処理等によって作られます。

関連ページ

<<前のページ 2 3 4 5 6 次のページ>>

お客さま相談センター

  • よくあるご質問
  • 商品分類から探す
  • その他の内容から探す
  • キーワードから検索
  • 内容成分・アレルギー表示

商品等に関するお問い合わせ、ご意見、ご要望は下記までご連絡ください。

お客さま相談センター 0120-11-8960

受付時間:9:00~17:30(土・日・祝日・年末年始を除く) ※お客さまとのお電話は、内容を正確にうけたまわるため、録音させていただく場合があります。

  • お近くの販売会社・宅配センターを探す
  • 化粧品に関して
  • 医薬品に関して
  • 工場見学へいこう
ヤクルト届けてネット
株式会社ヤクルト本社 Youtube公式チャンネル
オリジナルサイト
ヤクルト1000
bf-1
ジョア カラダにしあわせ。
Wの強さでお通じ改善 ヤクルト400W
ミルミル
ヤクルト W
ヤクルトのおいしいはっ酵果実
毎日飲むヤクルト
カップdeヤクルト
蕃爽麗茶
ラクトデュウ