スマートフォン用ページ

トップコミットメント

2021年6月、ヤクルトグループは、経営ビジョン「Yakult Group Global Vision 2030」を策定しました。「世界の一人でも多くの人々に健康をお届けする」「一人ひとりに合わせた『新しい価値』をお客さまへ提供する」「人と地球の共生社会を実現する」を目標に掲げ、「世界の人々の健康に貢献し続けるヘルスケアカンパニーへの進化」を目指していくものです。
気候変動問題をはじめとした社会課題がますます深刻化していく中、この3つの目標を達成していくために、SDGs(持続可能な開発目標)貢献の観点に基づき、サステナビリティを高めるための「6つのマテリアリティ(重要課題)」を特定しました。同時に、人と地球の共生社会を目指す「ヤクルトグループ 環境ビジョン」を策定し、2050年までにバリューチェーンでの温室効果ガス排出量ネットゼロ(スコープ1・2・3)を目指して地球環境保全にも実効性ある取り組みを推進していきます。
またヤクルトグループは、国際的な枠組みである「国連グローバル・コンパクト(UNGC)」に署名しました。UNGCの10原則を支持し、持続可能な社会の実現に向けステークホルダーの皆さまと連携しながら、サステナビリティへの取り組みをさらに高めていきます。
2020年初頭に始まった新型コロナウイルス感染症の流行は、さまざまな変化をもたらしました。この厳しい環境下でも、皆さまに「健康」をお届けし続けることがヤクルトの存在意義であることを再認識し、お客さまと社会のためにヤクルトグループができることに取り組んでいきます。

トップコミットメントの詳細はこちら

CSR活動

  • ヤクルトの社会へのインパクト
  • CSRストーリー
  • トップコミットメント
  • CSRの考え方
  • ヤクルトグループのマテリアリティ
  • SDGsへの貢献
  • 環境
  • 社会
  • ガバナンス
  • トピックス
  • レポート・ブックダウンロード
  • GRI対照表
  • 国連グローバル・コンパクト対照表
  • 方針・規定一覧
  • 外部からの評価