スマートフォン用ページ

ニュースリリース

「食べるヤクルトSHEs(シーズ)」を新発売

2009年09月03日

 株式会社ヤクルト本社(社長  堀 澄也)では、乳製品乳酸菌飲料「ヤクルトSHEs(シーズ)をゼラチンと寒天で固めた「食べるヤクルトSHEs(シーズ)を9月29日から西日本地区で先行発売します。

 

 乳製品乳酸菌飲料「ヤクルトSHEs(シーズ)」は、内面からの美容やアンチエイジングに対する意識が高い30~40代女性を対象に、生きて腸内に到達する「乳酸菌シロタ株(L.カゼイ YIT 9029)」に「カルシウム」や「鉄」、「コラーゲン」等の女性に魅力的な成分を組み合わせた、甘さひかえめですっきりしたピーチ風味の飲むタイプの商品として、2008年6月に発売しました。

 「ヤクルトSHEs(シーズ)」のターゲットである30~40代女性においては、ヨーグルトやゼリーなど食べるタイプの食品をデザートとして購入する機会も多く見られます。そこで、当社では、  30~40代女性における購入者を拡大することを目的に、乳製品乳酸菌飲料「ヤクルトSHEs(シーズ)」のシリーズ品として、「食べるヤクルトSHEs(シーズ)」を新発売します。

 

 「食べるヤクルトSHEs(シーズ)」は、デザート感覚で女性に魅力的な成分を摂取でき、ヨーグルトともゼリーとも異なる食感や風味が楽しめる新しいタイプの商品です。乳酸菌飲料を固めて食べるタイプにした商品としては、「食べるヤクルトSHEs(シーズ)」が最初で、前例がありません。当社では、飲むタイプに加え、他社に先駆けて食べるタイプの「ヤクルトSHEs(シーズ)を発売することにより、30~40代女性のお客さまとの接点を増やし、市場の創造・拡大に寄与するともに、店頭における「ヤクルト」ブランドの一層の強化と売上拡大に努めます。

 なお、「食べるヤクルトSHEs(シーズ)」の販売目標は、1日当たり5万個です。

 「食べるヤクルトSHEs(シーズ)」の商品特長および商品概要は下記のとおりです。

 

 

 

1.商品特長

(1)乳製品乳酸菌飲料の「ヤクルトSHEs(シーズ)」をゼラチンおよび寒天で固めた新食感の新しいタイプの食品です。

(2)「ヤクルトSHEs(シーズ)」と基本的なコンセプトは同様です。

 ①コラーゲンが1個に110mg含まれています。

 ②腸内のビフィズス菌や乳酸菌を増殖させるガラクトオリゴ糖が1個に2.5g含まれています。

 ③日常の食生活で不足しがちなミネラル(カルシウム、鉄)、その吸収に役立つビタミン(ビタミンC、D)を配合しています。

 ・カルシウムが1個に43mg含まれています。

 ・カルシウムの吸収に役立つビタミンDが1個に1.1μg含まれています。

 ・鉄が1個に1mg含まれています。

 ・鉄の吸収に役立つビタミンCが1個に30mg含まれています。

 ④風味はターゲット層を考慮して、女性向けのすっきりした風味で、ほんのりピーチ風味を加え、あっさりした後味としています。

(3)生きて腸内に到達する「乳酸菌シロタ株(L.カゼイ YIT 9029」が1個に10億個含まれています。

(4)内容量は食後のデザートとして食べやすい90gです。

 

2.商品概要

(1)商品名「食べるヤクルトSHEs(シーズ)

(2)商品分類(食品衛生法上):乳等を主要原料とする食品

※乳等省令において、乳または乳製品を主要原料とする食品の中で、無脂乳固形分が3.0%以上(8.0%未満)、乳酸菌数が1ml当たり1,000万以上、液体タイプの商品は「乳製品乳酸菌飲料」に分類されるが、固形タイプの商品は「乳等を主要原料とする食品」に分類される。

(3)使用原料:ぶどう糖果糖液糖、ガラクトオリゴ糖液糖、脱脂粉乳、砂糖、ゼラチン、寒天、コラーゲン、はっ酵乳、安定剤(大豆多糖類)、香料、ビタミンC、クエン酸鉄、ビタミンD

(4)賞味期限:10以下で製造日より21日後

(5)容器・容量紙カップ+キャップ、90g

(6)荷姿1ケース20個

(7)希望小売価格:100円/個(税別)

 

3.販売方法

(1)発売日:2009年9月29日(火)

(2)販売地区:西日本地区から先行販売し、販売状況を見て全国展開

        先行販売地区...東海(愛知・三重・岐阜)・北陸・近畿・中国・四国・九州地区

(3)販売チャネル:スーパーやコンビニエンスストア等での店頭販売

 

以 上

ニュースリリース一覧

  • 2022年度
  • 2021年度
  • 2020年度
  • 2019年度
  • 2018年度
  • 2017年度
  • 2016年度
  • 2015年度
  • 2014年度
  • 2013年度
  • 2012年度
  • 2011年度
  • 2010年度
  • 2009年度
  • 2008年度
  • 2007年度
  • 2006年度
  • 2005年度
  • 2004年度
  • お知らせ一覧
  • IR情報

Get ADOBE® READER®

PDFをご覧になるには、Adobe® Reader®が必要です。