スマートフォン用ページ

ニュースリリース

環境年次報告書「ヤクルト環境レポート2004」を発行

2004年07月28日

 株式会社ヤクルト本社(社長 堀 澄也)では、このたび当社およびヤクルトグループの環境保全活動の実績や課題をまとめた環境年次報告書「ヤクルト環境レポート2004」を発行しました。
 本レポートは、環境対策についての情報が企業の経営判断の重要な要素となっていること、またステークホルダーによる環境対策に関する情報の開示要請が年々高まってきていることなどに対応するため、平成12年度から年次報告書として毎年発行しているものです。
 「ヤクルト環境レポート2004」の概要および配布方法は下記のとおりです。


【概要】
  1. 発行年月 : 平成16年7月
  2. 体裁 : A4判、36ページ(表紙とも)、4色刷り、再生紙(古紙100%)、NON VOCインク使用、水なし印刷
  3. 主な内容 :
    (1)2003年度における当社およびヤクルトグループの主な活動<
    当社およびヤクルトグループの各企業は、企業理念に基づき、その実現を目指して事業活動を展開しています。そのなかの2003年度の主な活動をまとめました。
    (2)環境基本方針の改定と環境ビジョンの策定
    「ヤクルト環境基本方針」は制定から6年余りが経過したことに加え、その内容をより具体的なものにするため、「行動指針」の部分を改定しました。あわせて長期的に見た当社の環境面の将来像を描いた「ヤクルトエコビジョン2010」を策定しました。
    (3)環境行動計画の達成状況と新3か年計画の行動目標
    2003年度末まで展開してきた「ヤクルト本社環境行動計画」第一期計画の結果の概要を報告するとともに、今年度から取り組んでいる第二期計画の行動目標を示しました。
    (4)環境会計の公表
    環境省の「環境会計ガイドライン」に可能な限り準拠した「ヤクルト本社環境会計ガイドライン」に基づき、当社単体の2003年度環境会計情報を集計しました。
    環境保全コストの総額は約9億8百万円、一方、環境保全対策にともなう経済効果は、主に自動販売機のオーバーホール再利用により約13億95百万円となりました。
    (5)その他
    すでに本社の全工場で取得しているISO14001の環境マネジメントシステムについては、グループの瓶詰子会社を中心に新たな取り組みを進めており、7事業所が新たに認証取得を完了しました。

【配布方法】
 ファクスにて下記までご請求ください。
 〒105-8660
 東京都港区東新橋1-1-19
 株式会社 ヤクルト本社 環境対策室
 FAX 03-3575-1636

以 上

ニュースリリース一覧

  • 2021年度
  • 2020年度
  • 2019年度
  • 2018年度
  • 2017年度
  • 2016年度
  • 2015年度
  • 2014年度
  • 2013年度
  • 2012年度
  • 2011年度
  • 2010年度
  • 2009年度
  • 2008年度
  • 2007年度
  • 2006年度
  • 2005年度
  • 2004年度
  • お知らせ一覧
  • IR情報

Get ADOBE® READER®

PDFをご覧になるには、Adobe® Reader®が必要です。