スマートフォン用ページ

ニュースリリース

シンガポールで「Yakult Ace Light(ヤクルト エース ライト)」(80ml)の販売を開始

2004年09月29日

 株式会社ヤクルト本社(社長 堀 澄也)では、10月1日から、シンガポールで乳製品乳酸菌飲料「Yakult Ace Light(ヤクルト エース ライト)」(80ml)の販売を開始します。
 ヤクルトグループでは、現在、海外25の国と地域で、主に「ヤクルト」の販売を行っています。アジア・オセアニア地域においては、1964年に台湾で「ヤクルト」の製造・販売を開始して以来、現在、日本以外の11の国と地域で多くのお客さまに愛飲されています。シンガポールについては、1979年から25年以上に渡り、「ヤクルト」(100ml)の製造・販売を通して、プロバイオティクスの訴求を続けています。近年、シンガポール国民の健康意識が高まるなか、実績も好調に推移しています。
 この度、2004年8月、シンガポール政府は、国民の糖類摂取過多による糖尿病や高血圧症などの疾病の増加を抑えることを目的とした「Healthier Choice(ヘルシアチョイス)」制度(1998年に制定、「ヘルシアチョイス」とは、食品のカテゴリーごとに審査対象となる成分の基準を設け、個別審査により認証を取得した製品にシンボルマークを表示することが許可される制度です。)のカテゴリーのひとつとして乳製品乳酸菌飲料を新たに加えました。
 今回、シンガポールで販売する「ヤクルト エース ライト」は、乳製品乳酸菌飲料として初めて「ヘルシアチョイス」の認証を取得しました。この乳製品乳酸菌飲料「ヤクルト エース ライト」を販売することで、シンガポールにおけるヤクルトブランドのより一層の浸透と売上拡大を目指します。
 なお、「ヤクルト エース ライト」については、マレーシアヤクルト*1で製造し、シンガポール国内の店頭およびヤクルトレディによる宅配で販売します。
 シンガポールにおける「ヤクルト エース ライト」の販売計画とシンガポールヤクルトの概要は下記の通りです。


〔「ヤクルト エース ライト」の販売計画〕
  1. 商品名 : Yakult Ace Light(ヤクルト エース ライト)
  2. 容量/形態 : 80ml/5本パック 「ヘルシアチョイス」のシンボルマークがパッケージに記載されています。
  3. 商品の特長 : L.カゼイ・シロタ株(ヤクルト菌)を1本に300億個以上含む。甘味料は、ぶどう糖以外にフラクトース、マルチトールを使用し、熱量を1本当たり46kcalに抑えています。
  4. 小売予定価格 : 店頭・宅配共に0.7シンガポールドル(約45円)/本
  5. 販売開始時期 : 2004年10月1日
  6. 販売地域 : シンガポール国内
  7. 販売チャネル : スーパーマーケットや小売店などの店頭およびヤクルトレディによる宅配
  8. 販売計画 :
    初年度(2004年10.1~12.31) 4千本/日
    2年目(2005年 1.1~12.31) 7千本/日
    3年目(2006年 1.1~12.31)15千本/日

〔シンガポールヤクルトの概要〕
  1. 会社名 : シンガポールヤクルト株式会社
  2. 所在地 : 7 SENOKO AVENUE SINGAPORE
  3. 社  長 : 平山 敏朗
  4. 資本金 : 1,200万シンガポールドル(約754百万円) 株式会社ヤクルト本社の100%子会社

〔参考〕
※1 マレーシアヤクルト
 ・会社名 : マレーシアヤクルト株式会社
 ・所在地 : クアラルンプール
 ・社  長 : 原本 俊彦
 ・資本金 : 8,000万マレーシアリンギット(約2,224百万円) 株式会社ヤクルト本社の100%子会社
 ・営業開始 : 2004年2月
 ・生産品目 :
  「Yakult Ace(ヤクルト エース)」(80ml)マレーシア国内で販売
  「Yakult Ace Light(ヤクルト エース ライト)」(80ml)シンガポールへ輸出

以 上

ニュースリリース一覧

  • 2021年度
  • 2020年度
  • 2019年度
  • 2018年度
  • 2017年度
  • 2016年度
  • 2015年度
  • 2014年度
  • 2013年度
  • 2012年度
  • 2011年度
  • 2010年度
  • 2009年度
  • 2008年度
  • 2007年度
  • 2006年度
  • 2005年度
  • 2004年度
  • お知らせ一覧
  • IR情報

Get ADOBE® READER®

PDFをご覧になるには、Adobe® Reader®が必要です。