スマートフォン用ページ

ニュースリリース

乳製品乳酸菌飲料「ヤクルト300V」を新発売

2005年02月02日

 株式会社ヤクルト本社(社長 堀 澄也)では、店頭向け乳製品乳酸菌飲料「ヤクルト300V」を全国で新発売します。2月15日から大手コンビニエンスストアで先行発売し、次いで、3月7日からスーパーなどの店頭チャネルや自動販売機チャネルで一斉発売します。
 乳酸菌飲料およびはっ酵乳市場は、近年の健康志向の高まりを背景に、機能性を機軸とした商品の台頭により、機能性の高さを競う状況に至っています。プロバイオティクス※1の代表である乳酸菌は、高齢社会に向けて、大きく市場形成が期待される中高年層の各種の疾病予防効果の可能性を持っており、その乳酸菌を利用した乳酸菌飲料市場の重要性は、更に高まることが予測されます。
 そこで、プロバイオティクスのリーディングカンパニーである当社は、一層の増加が予測される中高年層をターゲットとし、整腸作用のみならず様々な人の健康の維持・増進機能が期待されるプロバイオティクスの代表である“L.カゼイ・シロタ株 (ヤクルト菌)”および腸内の有用菌を増やし腸内環境を改善する“ガラクトオリゴ糖”、中高年層に関心の高い抗酸化機能を持つ“ビタミンE”“ビタミンC”を配合した「ヤクルト300V」(80ml)を導入し、市場の活性化を図るとともに、一層の販売拡大に努めます。
 なお、「ヤクルト300V」の初年度の販売目標は、1日当たり50万本です。その後は、店頭におけるヤクルトブランドの基幹商品として、更なる売上拡大を図ります。
 「ヤクルト300V」の商品特長および概要と販売方法は下記のとおりです。




〔商品特長〕
  1. プロバイオティクスであるL.カゼイ・シロタ株(ヤクルト菌)とガラクトオリゴ糖を組み合わせた、高い整腸作用を持つ乳製品乳酸菌飲料です。
     (1)生きたL.カゼイ・シロタ株(ヤクルト菌)が、1本に300億個含まれています。
     (2)ビフィズス菌などの増殖因子として重要なガラクトオリゴ糖が1本に2.5g含まれています。
  2. 抗酸化機能が期待できる抗酸化ビタミンを添加した内容成分強化タイプのヤクルトです。
     (1)ビタミンCが1本に30mg含まれています。
     (2)ビタミンEが1本に 3mg含まれています。
  3. 健康増進法に基づく『保健機能食品(栄養機能食品)』表示を行っています。
    ビタミンEを添加し、商品特性に見合う表示である「ビタミンEは、抗酸化作用により、体内の脂質を酸化から守り、細胞の健康維持を助ける栄養素です。」の訴求表示を行っています。
  4. 中高年層の継続飲用を図り、甘さを控え目にしています。
  5. ストローを包装フィルムから取り出しやすくした『易開封ストロー』を使用しています。
  6. 3本マルチパックには、ミシン目を入れて開けやすくした『易開封マルチシュリンクフィルム』を使用しています。
〔商品概要〕
  1. 商品名
     「ヤクルト300V」
  2. 商品分類(食品衛生法上)
     乳製品乳酸菌飲料
  3. 使用原料
     ぶどう糖果糖液糖、ガラクトオリゴ糖液糖、脱脂粉乳、砂糖、安定剤(大豆多糖類)、香料、ビタミンC、
     ビタミンE
  4. 賞味期限
     10℃以下で製造日より16日後
  5. 容量・容器
     ポリスチレン容器(シュリンクラベル)+アルミキャップ+ストロー、80ml
  6. 荷  姿
     1ケース 24本(3本マルチパック×8パック)
  7. メーカー希望小売価格
     210円/3本マルチパック、70円/本(税別)
〔販売方法〕
  1. 発売日
     平成17年2月15日 大手コンビニエンスストアで先行発売
     平成17年3月 7日 全国発売
  2. 販売地区
     全国
  3. 販売チャネル
     (1) コンビニエンスストア、スーパー等の店頭販売
     (2) 自動販売機・給食等での販売

※1  プロバイオティクス
 プロバイオティクス(Probiotics)とは、抗生物質(アンチバイオティクス、Antibiotics)に対比される概念で、共生を意味するプロバイオシス(Probiosis)を起源とする言葉です。
 プロバイオティクスは、“腸内フローラのバランスを改善することにより、宿主に有益な作用をもたらす生きた微生物”と定義され、その代表的なものが乳酸菌です。

以 上

ニュースリリース一覧

  • 2021年度
  • 2020年度
  • 2019年度
  • 2018年度
  • 2017年度
  • 2016年度
  • 2015年度
  • 2014年度
  • 2013年度
  • 2012年度
  • 2011年度
  • 2010年度
  • 2009年度
  • 2008年度
  • 2007年度
  • 2006年度
  • 2005年度
  • 2004年度
  • お知らせ一覧
  • IR情報

Get ADOBE® READER®

PDFをご覧になるには、Adobe® Reader®が必要です。