その他の内容から探す

容器・ストロー

  • Q.容器はなにでできていますか。

  • Q.キャップはなにでできていますか。

    A.

    ヤクルト類のキャップは、アルミニウム箔です。表面には、商品名などが印刷され、裏面は、アルミニウム箔を強化するためのポリエチレンが貼り合わせてあり、さらに、ホットメルト剤(接着用合成樹脂)が塗布されています。このホットメルト剤により、キャップが容器に密着シールされます。また、これらの材料は、食品衛生法に適合し、食品容器素材としての安全性が確かめられているものです。

    なお、小さなお子さまに与える時には、キャップをはがしてから与えてください。そのまま与えると、キャップを歯でかじって開けるお子さまがいます。"アルミ箔"で唇を切らないよう注意してください。

     

  • Q.ストローの取り出し方を教えてください。

    A.

    ストローは、容器に付いたままの状態で、上部から軽く下に押してください。ストローの先でビニールが破れ、取り出すことができます。ストローは、とがった方をストローぐちに刺してお飲みください。

  • Q.ストローの取り出し方を教えてください。

    A.

     ストローは、容器に付いたままの状態で、上部から軽く下に押してください。ストローの先でビニールが破れ、取り出すことができます。 ストローは、とがった方をストローぐちに刺してお飲みください。

     

  • Q.ミルミルやミルミルSの容器は何でできていますか。

    A.

    ビフィズス菌は、酸素に弱いので、ミルミル類の容器は酸素を通さない5重構造の紙容器を採用しています。容器は、外側からポリエチレン→紙→ポリエチレン→アルミ箔→ポリエチレンでできています。飲用後の容器は、紙として分別処分してください。

    なお、ストローおよびストローの袋は、プラスチックとして分別処分してください。

  • Q.容器の材質はなんですか。

    A.

    容器は、外側からポリエチレン → 紙 → ポリエチレン → アルミ箔 →  ポリエチレンでできています。飲用後の容器は、紙として分別処分してください。

    なお、ストローおよびストローの袋は、プラスチックとして分別処分してください。

     

  • Q.1000mlのキャップにはどのような工夫がされていますか。

    A.

     黒酢ドリンク1000mlは、いたずら防止リング付きのスクリューキャップを採用しています。キャップを開封するといたずら防止リングが下にはずれ、同時に口栓内の開封用の歯がアルミ箔を開封します。開封後の保存方法として、開封後はキャップを閉めて保存し、早めにお召しあがりください。容器を寝かすと内容液がもれたり、容器やキャップが破損する場合がありますので開封後は必ず立てて冷蔵庫で保存してください。

  • Q.タフマンシリーズの容器およびキャップには、品質管理のために、どのような工夫がなされていますか。

    A.

    タフマンシリーズ(「タフマン」、「タフマンV」、「タフマンスーパー」)の容器およびキャップには、外部からの影響による品質悪化を防ぐために、次のような工夫がされています。

    <容器>

     内容物に含まれる原材料が光によって変化しないように、茶褐色のガラスびんを使用しています。

     <キャップ>

    一度開栓するとキャップの下の部分が切れてとれる、アルミ製P.Pキャップを使用して、安全性の確保をしています。

    また、開栓をより明瞭に確認できるよう、キャップの下の部分と上の部分を違う色にしています。

     お飲みになる際は、必ずキャップをご確認ください。

     ※P.Pキャップ

    P.Pとは、「pilfer proof」の頭文字をとったもので、「盗用防止」や「抜き取り防止」の意味であり、一度開栓された場合、キャップのミシン目のブリッジが切れ、開栓された証拠となります。

  • Q.タフマンシリーズのラベルは分別できますか。

    A.

    「タフマン」、「タフマンスーパー」のラベルは、結露等ではがれにくい「アルミ蒸着PET貼合ラベル」を採用しています。このラベルはアルミの使用量が極めて少量のため、はがさずにそのまま排出していただいてもリサイクル技術上は特に支障ありません。

    なお、ゴミの分別方法はお住まいの地域の自治体にご確認ください。

    「タフマンV」のラベルは、水に浸すと剥がれやすい「紙ラベル」を採用しています。

  • Q.PET容器に「再栓して長時間放置すると、容器が破損したりキャップがとぶおそれがあり危険です」と記載されていますが、何故ですか。

    A.

    ペットボトルを開栓すると、空気中や(口をつけて飲んだ場合は)口の中の微生物(酵母等)がペットボトル内に混入します。糖分を含むペットボトル飲料が室温で放置されると、混入した微生物が糖分を分解し、炭酸ガスが発生します。 しっかりとキャップを閉めていた場合には、発生した炭酸ガスによりペットボトル内の内圧が高まり、稀に容器が破裂したり、キャップを開けようとしたときに、ゆるんだキャップ部分から炭酸ガスが一気に吹き出そうとして、キャップが勢いよく飛ぶ等のおそれがあるため、容器にその旨を表示しています。
  • Q.包装(シュリンクフィルム)には、どのような工夫がされていますか。

    A.

    微小な穴を平行した直線状に配置して、開けやすくしたシュリンクフィルム(易開封マルチシュリンクフィルム)を採用しています。 

    裏側の「開け口」と書いてある箇所の部分を、指で押していただくと容易に穴があいて開封しやすくなっています。

     

  • Q.ヤクルトのはっ酵豆乳の容器の特長を教えてください。

    A.

     容器は、CO2排出量の削減を図って環境に配慮した新開発のノンアルミ紙容器を採用しています。

     内容液が直接見えないストロー孔非露出型の新ストローぐちにより、開封時に容器断片が切れて内容液に混入しにくくなっています。

  • Q.NewヤクルトとNewヤクルトカロリーハーフの5本パックにはストローが付いているのに、10本パックや6本パックに付いていないのはなぜですか。

    A.

    ストローの添付について、お客さまからは「飲みやすくて便利」「ないと困る」というお声を頂く反面、環境面への配慮からストロー添付自体の廃止を強くご希望されるお客さまからのお声も多数いただいたため、これらのご意見を参考に検討を重ねた結果、5本パックはストロー付き、10本パックはストローなしと、いずれかを選択していただけるようにしました。

    なお、コンビニエンスストアで販売しているNewヤクルト6本パックには、ストローがパックの幅より長いため添付していません。

  • Q.容器の材質はなんですか。

    A.

    容器は、紙製胴部と改良型ポリエチレン製リッド部(容器上部)を組み合わせた複合容器です。紙製胴部は、外側からポリエチレン → 紙 → ポリエチレンでできています。容器上部およびふたは、ポリエチレンでできています。飲用後は、ふたはプラスチック、容器は上部がプラスチックであるものの、紙の使用割合が多いため、分類上は「紙パック」になりますので、紙パックとして処分してください。

    ただし、切り離したふたはプラスチックとして処分する必要がありますので各自治体の決まりに従って、分別処分をお願いします。

     

  • Q.キャップの開けやすい方法はありますか。

    A.

    「Newヤクルト」や「Newヤクルトカロリーハーフ」などのキャップの糊付けは、商品の品質を保つために、密封性が保たれるよう製造時に調整しています。

    開けにくい場合は、スカート状になっているキャップの縁部分をすべて平らに開いて、容器本体をしっかりおさえて、持ち手(タブ)部分をゆっくり引き上げていただくと比較的きれいにはがしやすくなっています。

     おしえて!ヤクルトマン「キャップを開ける篇」

     

  • Q.ヤクルトファイブにはストローが付いていないのはなぜですか。

    A.

    蓋を開けて、お飲みいただくことを想定した商品ですので、ストローは付いていません。

  • Q.バイオマス(biomass)、バイオマスマークについて教えてください。

    A.

    バイオマス(biomass)とは、バイオ(bio:生物資源)とマス(mass:量)を意味する言葉で、転じて、石炭や石油等の枯渇性の化石資源ではなく、再生可能な生物由来の産業資源をバイオマスと呼んでいます。日本政府が定めた「バイオマス・ニッポン総合戦略」では、「再生可能な、生物由来の有機性資源で化石資源を除いたもの」と定義されています。
     本品のシュリンクラベルに使用されているインキは、綿、パルプ、米ぬか、植物油、被子植物の種等の生物由来の資源(バイオマス)からインキ成分を抽出して製造した、環境にやさしいバイオマスインキを使用しています。
     また、(一社)日本有機資源協会において認定されるインキで、本インキを使用した包装資材には、バイオマスマークを表示することが可能です。
     なお、バイオマスマークは、バイオマス成分の含有率(バイオマス度)に応じて表示マークが異なり、本品で使用するバイオマスインキは白色、ニスを除く一部のカラーインキであり、バイオマス度(使用したバイオマス原料の割合)は10%です。

     

名前の由来

  • Q.ヤクルトの名前の由来はなんですか。

    A.

    エスペラント語でヨーグルトを意味するヤフルト(jahurto)という言葉を言いやすいように変更考案した造語です。エスペラント語は1887年、ポーランド人のザメンホフという人が、一種の世界共通語として考案した言語です。「ヤクルト」は当社が商標登録したものであり、乳酸菌飲料の一般名称ではありません。

176件中121件 ~ 140件を表示

よくあるご質問

Q&Aを商品分類から探す

  • キーワードから探す