その他の内容から探す

アレルギー

  • Q.ヤクルトのはっ酵豆乳は乳アレルギーでも飲めますか。

    A.

    原材料に「はっ酵乳」を使用していますので、乳アレルギーの方の飲用はお控えください。

  • Q.ヤクルトのおいしいはっ酵果実は乳アレルギーでも飲んでもよいですか。

    A.

    乳アレルギーの方もお飲みいただけます。乳酸菌で発酵していますが、乳成分は入っていません。

    また、アレルギー物質を含む食品として表示が義務づけられている特定原材料7品目と表示が推奨されている20品目は使用していませんので、多くの方に安心してお飲みいただけます。

菌の働き

  • Q.ヤクルトに入っている乳酸菌は、どのような働きをしますか。

    A.

    ヤクルトに入っている乳酸菌 シロタ株は、もともと自然界にすんでいる乳酸菌から選び出し、胃液や胆汁に負けないよう強化培養しているので、生きて腸まで届きます。

    乳酸菌 シロタ株の働きは、生きたまま腸内に到達して、おなかの中の良い菌を増やし悪い菌を減らして、腸内の環境を改善し、おなかの調子を整えます。

  • Q.ヤクルトはむし歯の原因になりますか。

    A.

    ヤクルトに含まれる乳酸菌 シロタ株は、むし歯の直接の原因になりません。

    むし歯は、ミュータンス菌という球菌が食べ物に含まれる糖質(特に砂糖)を分解して、非水溶性グルカンという水に溶けにくいネバネバした物質をつくり、歯に付着することからはじまります。乳酸菌 シロタ株は非水溶性グルカンをつくらず、歯に付着することもないので、むし歯の直接の原因とはなりません。

    もともと、だ液には、口の中を洗い流す自浄作用があります。しかし、食べ物をいつまでも口に含んでいると、むし歯になりやすくなります。ヤクルトには砂糖、ぶどう糖果糖液糖などの糖質が入っていますので、一般的な食べ物や飲み物を摂取した時と同じように、だらだらといつまでも食べない、飲まないことが大切です。

     

    なお、一般的なむし歯の予防法として、次のようなことがあげられます。

    1.食後には、必ずうがいや歯みがきを。

    2.おやつは、時間と量を決めて。

    3.寝る前に、食べない、飲まない。

    4.よい生活習慣をとり入れた規則正しい生活を。

    5.年に2回以上は、歯の定期検診を。

    特に小さなお子さまの場合は、甘いもの、すっぱいものを哺乳ビンでだらだら飲ませないようにし、食後や決められたおやつの時に飲ませてください。一般的にむし歯は、1.むし歯のできやすい「歯質」2.歯垢(しこう)になりやすい「食べ物」3.むし歯をつくる「むし歯菌(ミュータンス菌)」の3つの要素に「時間」の要素を加えた4つの要素が重なり合ってできるといわれています。

  • Q.B. ビフィダム Y株とはどのような菌ですか。

    A.

    ビフィドバクテリウム ビフィダム Y株(以下、B. ビフィダム Y株)は、ビフィズス菌の一種です。新たに強化培養し、高菌数を維持できるよう生残性を向上させた新しい菌株です。

  • Q.ヤクルトやミルミルを飲用すると、乳酸菌シロタ株(L.カゼイ YIT 9029)やビフィズス菌 BY株はどのくらい腸の中に留まりますか?

    A.

    乳酸菌シロタ株(L.カゼイ YIT 9029)やビフィズス菌 BY株の飲用を始めると、個人差はありますが、早い人で翌日から、便の中に生きた菌が排出され始めます。また、飲用を中止すると、1~2週間で便の中から生きた菌が検出されなくなります。腸内の乳酸菌シロタ株(L.カゼイ YIT 9029)やビフィズス菌 BY株は、このように減少していきますので、外部から毎日送りこむ(毎日飲用する)必要があります。〈参考〉ヨーグルトなどの乳製品や漬物などから摂った乳酸菌やビフィズス菌は、腸内に留まり続けることはできません。
  • Q.L.プランタルム YIT 0132とはどのような菌ですか。

    A.

    L.プランタルム YIT 0132は、果汁でも発酵性がよい菌で、この乳酸菌で発酵させた果汁を含む飲料を用いた対人試験の結果、スギ花粉症、通年性アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎の患者に対して抗アレルギー作用を示すことが確認されています。

表示内容

  • Q.「砂糖は一切使用していません」と記載されているのに、「ショ糖 ~g」と表示されているのは何故ですか。

    A.

    砂糖は使用していませんが、原材料の野菜汁に由来するショ糖(砂糖)が含まれています。野菜・果実ミックスジュース/にんじんミックスジュース砂糖を使用していないことを容器に表示する場合は、その食品由来のショ糖量を記載することが定められています。
  • Q.パイナップルジュースの商品名は「パイナップルジュース」なのに、原材料名の記載は「パインアップル」となっています。なぜ違うのですか。

    A.

     日本では、「パイナップル」「パインアップル」両方の呼び方が使用され、企業が任意に選択しています。 (実際に、JAS法では「パインアップル」と、農林水産省ホームページでは「パイナップル」と記載されています。)  商品名には「パイナップル」を採用していますが、品名及び原材料名表示はJAS法に沿って「パインアップル」と しています。
  • Q.大豆イソフラボン(アグリコンとして)とはなんですか。

    A.

    イソフラボンとは、骨代謝改善作用、更年期障害改善作用、発がん抑制作用など、様々な生理活性作用が確認されているフラボノイドの一種です。イソフラボンは大豆に多く含まれ、大豆中にはダイジン、ゲニスチン等12種類のイソフラボンが確認されています。 大豆イソフラボンは、通常、糖が結合した構造(配糖体)をしていますが、糖がはずれた構造のものを大豆イソフラボンアグリコンといいます。
    更に詳しく見る
  • Q.「妊娠・授乳中の方、小児、薬を服用あるいは通院中の方は医師または薬剤師にご相談ください」と表示されていますが、何故ですか。

    A.

     本商品は、高麗人参が1本に1000mg含まれています。当社では高麗人参を1本に1000mg以上含む商品を昭和60年から販売していますが、高麗人参に起因すると考えられる重篤な有害事象は報告されていません。

     一方で、症例報告や安全性に関する十分なデータがないことを根拠に、妊婦や授乳婦、小児等は飲用を避ける、または注意するべきであるとの見解もあります。

     そこで、当社ではより万全を期すために、医薬部外品および医薬品に匹敵する量(1~2g)の高麗人参を含むタフマンスーパーについて、このような表示をしています。

     なお、タフマンおよびタフマンVについては高麗人参含有量が少ないため、表示をしていません。

  • Q.「お酒が好きな方に」とありますが、どういうことですか。

    A.

     アヤムラサキ搾汁には肝臓の機能改善(GOT、GPT、γ(ガンマ)‐GTPの改善)が期待できるというデータがあります。 一般的に、アルコールは肝臓の機能を低下させると言われていることからアルコール(お酒)をよく飲む方にお勧めしています。 なお、アヤムラサキの飲用による肝機能改善(GOT、GPT、γ(ガンマ)‐GTPの改善)について研究データはありますが、詳しいメカニズムについては解明できていません。
    ※アントシアニンのアルコール同時摂取、またはアルコール飲用後の摂取について肝臓機能を試験したデータはありません。
  • Q.賞味期限のそばにあるアルファベット・数字について教えてください。

    A.

    期限表示と一緒に商品に記載されている4つのアルファベットは、トレーサビリティーのための記号です。商品の充慎時刻や充慎ラインなど製造履歴を表しています。[例]「ABCA」の場合は、「0時12分、Aラインで充慎したことを示します。
  • Q.常温とはどのくらいの温度をいいますか。

    A.

    一般に、広く用いられている日本工業規格では5~35℃を常温としています。食品衛生法やJAS法では常温の定義がありませんが、極端に暑い温度や凍りつくような低温でない温度を常温と考えています。夏に駐車中の車両の中では、室内温が50℃を超えるとも言われています。このような高温の中での放置にはご注意ください。

172件中1件 ~ 20件を表示

よくあるご質問

Q&Aを商品分類から探す

  • キーワードから探す